2018.02.272018.09.05

346

【20代~50代】自動車保険の相場から見積もりまで徹底解説

【20代~50代】自動車保険の相場から見積もりまで徹底解説


自動車保険を見積もりすると一体いくらなんだろう?と思っていますね。

自動車保険を実際に見積もりしてみた結果、年間の相場は3万円から10万円ほど。

でも、どうせなら安くて、サービスの充実した自動車保険を利用したいですよね!

そこで今回は、自動車保険の相場から見積もりまでを徹底解説。

20代から50代の保険料相場や、もっとも安く自動車保険を契約できる方法をお教えします。

お得に自動車保険を見積もりして、安くて、サービスの充実した自動車保険に乗り換えましょう。

ぜひ参考にしてください。

【20代・30代・40代・50代】自動車保険の相場は?

自動車保険を実際に見積もりしてみた結果、おおよその相場は以下の通りです。

しかし、自動車保険の見積もりには、等級や車種なども関わってきます。

なので、年代別でもう少し詳しく自動車保険の相場を見ていきましょう。

【20代・30代・40代・50代】自動車保険の等級と車種別相場は?

  • 自動車保険相場【20代・6等級〜9等級】

20代の自動車保険の相場は、2万5千円から6万円ほどです。

自動車保険に初めて入る人は、6等級からのスタートなので、少し高いです。

また、逆に自動車保険に加入していて、順調に無事故で進んでいけば9等級ほど。

そうなると少しだけ保険料が安くなります。

さらにSUVなど、レジャーに使う仕様になっている車は保険料が少し高いです。

心配な人はSUVは避けておいたほうがいいでしょう。

  • 自動車保険相場【30代・13等級〜15等級】

30代の保険料は1万5千円~3万円と20代と比べると大幅に安くなります。

順調に無事故で等級が上がってくれば、13等級ほどです。

何かと出費の多い30代ですので、少しでも安くて、サービスの充実した自動車保険を選びましょう

  • 自動車保険相場【40代・16等級〜18等級】

40代は、保険料が1万円から3万円と一番安くなる年代です。

等級が高いので、車両保険をつけないならば、どんな車種でも保険料はほとんど変わりません。

  • 自動車保険相場【50代・18等級〜20等級】

50代の保険料は、40代と同じく1万円~3万円ほど。

等級が高い人が多いため、相場は安いです。ただし、50代からは事故のリスクが高まるため、自動車保険料も徐々に上がってきます。

人身傷害保険の補償額相場は3000万円を目安にするべき

人身傷害保険は、どのくらいの補償額を設定するのか悩んでいる人が多いです。

結論からいうと、3000万円程度を目安にするのがおすすめです。

人身傷害保険は、もしあなたが事故で怪我したり、亡くなってしまったという時に支払われる保険です。

少ないと思われるかもしれませんが、事故や怪我をしたときに支払われる保険は、自動車保険だけではありません。

生命保険や遺族年金なども支払われます。

たとえば、

・人身傷害保険3,000万円 + 生命保険5,000万円 ⇒ 8,000万円

のように合算できるので、仮に死亡してしまったときに必要となる損害額は十分です。

なので、3000万円に設定して、自動車保険料を抑えるほうがいいでしょう。

 

自動車保険を見積もりする2つの方法

結論からいうと、自動車保険を見積もりするときは一括見積もりサービスを利用するのがおすすめです。

自動車保険を見積もりするには、以下の2つの方法があります。

  • 1社ごとに見積もりをする
  • 一括で見積もりをする

1社ごとに自動車保険の見積もりの手続きはとても面倒です。

自動車保険の書類や車検証、免許証などを用意して、それらを細かく入力する必要があります。

しかし、一括見積もりサービスを利用すれば、それが一度で済むのです。

 

キャンペーンやランキングで自動車保険を見積もりしていませんか?

自動車保険を見積もりするときに、

「自動車保険の満足度ランキングで上位の保険会社を選ぼう!」

「プレゼントキャンペーンをやっている保険会社を選ぼう!」

と、考えていませんか?

はっきり言って、このような自動車保険会社選びは、間違っています。

なぜなら、年齢や事故経歴、車の種類、車の使い方によって、最安の自動車保険会社が変わるからです。

また、プレゼントキャンペーンもそれほど豪華なものはありません。

詳しく見ていきましょう。

自動車保険満足度ランキング上位で選んでない?

満足度ランキングが上位だからと言って、それだけで保険会社を選ぶのよくないです。

自動車保険満足度ランキングは、すべての人の年齢や車種などが含まれているので、あなたに合っているのかわかりません

ちなみに、顧客満足度調査会社J.D.Powerの自動車保険満足度調査から算出した表をご覧ください。

2017年の自動車保険満足度調査では、ソニー損保が1位となっています。

「料金・ロードサービス・事故対応力」など、さまざまなポイントを含めたランキングに見えますが、あくまでも一つの指標です。

見積もりをお願いする候補としては良いですが、これだけで保険会社を決定してしまうのは避けましょう

豪華プレゼントキャンペーンってだけで選んでない?

どうせならプレゼントが豪華な見積もりサービスをサービスを選びたいですよね。

でも実際には、プレゼントキャンペーンはスマホのように何万円もキャッシュバックがあるわけではありません。

2018年2月現在、SBI損保が見積もりをするだけで、2,000円相当のプレゼントがもらえるキャンペーンを実施しています。

しかし、2,000円分のプレゼントよりも、自動車保険で本当に安い会社を選ぶ方が長期的に見て絶対にお得です。

なのでプレゼントキャンペーンに釣られてしまうより、安くて、サービスの充実した自動車保険を選びまよう。


「どうしてもプレゼントが欲しい!」という人は、見積もりだけするのも良いです。ただし、実際に契約する会社選びには、キャンペーン関係なく、料金と補償内容で選びましょう。

 

自動車保険一括見積もりサービスをおすすめする3つの理由

自動車保険の一括見積もりサービスをおすすめする理由は、大きく以下の3つあります。

  1. 一度の入力で複数の自動車保険を見積もりできる
  2. 多くの自動車保険会社を比較して選べる
  3. プレゼントがもらえる

一度の入力で複数の自動車保険を見積もりできる

自動車保険の一括見積もりサービスは、たった1度の入力で20社ほどの保険会社を一括で見積もりしてくれます。

自動車保険を見積もりするときは、

  • 年齢、性別
  • 前に入っていた保険内容
  • 年間走行距離
  • 車の種類や年式
  • どんな使い方をするか(レジャーや通勤など)
  • 他に車を運転する人はいるか

など、たくさんの情報を細かく入力する必要があります。

そのため、個人で複数の自動車保険を見積もりするのは、はっきり言って困難です。

たった一度の入力で複数の保険会社を見積もりできることは、手間を省くことにつながります。

多くの自動車保険会社を比較して選べる

複数の自動車保険を見積もりすることで、自分に合った自動車保険を選ぶことができます

どの自動車保険にしようか迷っている人は、「料金・ロードサービス・事故対応力」など重要な項目を見ていきますよね。

理想は、できるだけ多くの保険会社に見積もりをとって、それを比較して選ぶ方法です。

一括見積もりサービスを利用すると、そのような保険会社選びが可能になります。

少しですが、プレゼントがもらえる

一括見積もりサービスでは、お米(500円相当)や家電のプレゼントキャンペーンを行っています。

先ほどの表にもありましたが、一括見積もりサービスのプレゼントはあまり豪華ではありません。

しかし、少しですが、プレゼントがもらえるというのも1つの理由です。

おすすめの自動車保険一括見積もりサービスはコレ!

本当に安くて、サービスの充実した自動車保険を見積もりしたいのなら、一括見積もりサービスがおすすめ!

自動車保険の一括見積もりサービスもたくさんありますが、とくにおすすめできるサイトを紹介していきます。

リアルタイムで結果が知れる「インズウェブ」で無料一括見積もり

すぐに見積もり結果が知りたい!という人は、「保険の窓口 インズウェブ」がおすすめです。

保険の窓口 インズウェブ」では、最大20社を一括で比較してもらうことができ、最短で5分で見積もり結果を見ることができます。

スマホやPCの画面に各社の見積もりをリアルタイム表示してくれるので、書類で見る必要がないのもポイントです。

入力も一度でいいので、とても便利なサービスになっています。

口コミ:32歳男性,神奈川県在住

 

子供が出来たので自動車を購入し、ローンで購入したので月々の費用を安く抑えたいと思い今回利用しました。
ディーラーでは保険会社を選べなかったけど、インズウェブでは複数社から見積りが取れて、安い保険会社を選べました!ただ、保険会社との契約にあたっては、自分でしなければいけない事もありましたが、自分でやるだけ安くなると思い納得しました。
ディーラーに任せてるだけでは、安くはならなかったですね。

引用:保険の窓口 インズウェブ

口コミ:48歳男性,愛知県在住

 

友人から車にかかる費用が安くなるとインズウェブを教えてもらいました。
実際に使ってみたら、年間3万円程度安くなる見積りを出してきた保険会社があり、今まで何十年も払っていたお金が一体何だったのかと、怒りを通り越して呆れてしまいました。
安くなった分どこかに旅行に行こうと思います。ありがとうございました。

引用:保険の窓口 インズウェブ

一括見積もりできる会社:

三井ダイレクト、そんぽ24、アクサダイレクト、イーデザイン、セコム、セゾン、ソニー損保、チューリッヒ、SBI損害、朝日火災、共栄火災、あいおいニッセイ、東京海上、三井住友海上、AIG、Chubb損害、損害保険ジャパン、日新火災、SBIマネープラザ、ライズ・パートナーズ

書類でもらえる「保険スクエアbang! 自動車保険」で無料一括見積もり

自動車保険の見積もりを書類で一括比較をしたいなら「保険スクエアbang!」がおすすめです。

保険スクエアbang!」では、16社の保険会社を比較。

各社の見積もり結果をメールだけではなく、書類で送ってもらえるサービスです。

保険の比較に必要な条件の車の情報や保証内容、年齢などの記入が1回で済むので自分で記入する手間を省くことができます。

無料で自動車保険を比較してもらえるのも嬉しいポイントです。

口コミ:35歳男性,東京都在住

 

どこの保険会社も同じだろうと決め付けていましたが、一括見積もりをして比較した結果、数万円も安くなりました。

引用:保険スクエアbang!

口コミ:30歳女性,大阪府在住

 

今回は現在加入している保険内容と同条件で、保険料を下げる事が課題でしたので、結果にとても満足しています。

引用:保険スクエアbang!

一括見積もりできる会社:

イーデザイン、ソニー損保、三井ダイレクト、アクサダイレクト、チューリッヒ、あいおいニッセイ、朝日火災、AIG損保、SBI損保、共済火災、セコム、セゾン、損保ジャパン、そんぽ24、東京海上、三井住友海上か、全労災

バイクの保険なら「ズバット バイク保険比較」で無料一括見積もり

バイクの保険会社を探している人は、「ズバット バイク保険比較」がおすすめ!

ズバット バイク保険比較」では、

  • アクサダイレクト
  • 共栄火災
  • 三井ダイレクト
  • チューリッヒ

の4社のバイク保険を比較することができます。

なにかと心配の多いバイク保険は、より満足度が高く、料金も安い保険会社を選びたいです。

自分にあった保険会社を見つけて、毎月の保険料を抑えましょう。

ぜひ、試してみてください。

一括見積もりできる会社:

三井ダイレクト、アクサダイレクト、SBI損保、ソニー損保、チューリッヒ、セゾン

【補足】個人情報不要で気軽に一括見積もりできるのはコレ!

自動車保険の一括見積もりは、人それぞれ違うので個人情報が必要になることが多いです。

しかし、「個人情報を入力したくない。」「個人情報を知られるのが心配。」という人もいますよね。

そんな人は、個人情報不要の一括見積もりサービスを利用しましょう。

イオン保険マーケットは個人情報なしで見積もりできる!

「とりあえず、簡単でいいから自動車保険を見積もりしたい!」という人は、イオン保険マーケットがおすすめ!

イオン保険マーケットは、個人情報入力なしで最大6社を見積もりすることができます。

最短2分で入力もでき、web上に表示してくれるので、リアルタイムで結果を知ることができるのも魅力的。

個人情報を入力したくない!という人は、ぜひ利用してみてください。

一括見積もりできる会社:

三井ダイレクト、アクサダイレクト、SBI損保、ソニー損保、チューリッヒ、セゾン


 
 

知っておきたい!自動車保険見積もりに関する6つの知識

自動車保険を選ぶときに重視することは?


自動車保険を選ぶときは、

  • 料金
  • ロードサービス
  • 事故対応力

この2つを重視します。

ロードサービスや事故対応力は、各保険会社によって少しずつ異なってきます。

一括見積もりをして、自分に合った補償を受けられる保険会社を選びましょう。

自動車保険一括見積もりの注意点は?

ズバリ、保険料だけを見すぎないことです。

同じ条件で複数の自動車保険を見積もりできますが、人身傷害補償や対物賠償責任の金額があがっていたりすることがあります。

そのため、一括見積もりした際は、料金以外の項目もしっかりとチェックしましょう。

自動車保険を見積もりするときに必要なものは?

自動車保険の見積もりに必要なものは、以下の3点です。

  • 車検証
  • 運転免許証
  • 自動車保険の保険証(加入している場合)

この3点があれば、自動車保険の見積もりを行うことができます。

見積もりから契約までの流れは?

自動車保険の見積もり契約までの流れは、以下の通りです。

  1. 必要な項目を入力して、見積もり
  2. 見積もりをもらったら、比較・検討
  3. 加入手続き
  4. 補償開始

このような流れで、簡単に自動車保険を契約できます。

自動車保険の等級ってなに?

簡単に言うと、事故を起こさないほど、保険料が安くなる仕組みのこと。

一般的に、各保険会社で同じような等級制度を設けています。

1等級~20等級まであり、はじめは6等級からのスタートです。

事故をしなければしないほど等級が上がっていき、その分、割引額が増えるので保険料が安くなります

等級制度

 

  • 等級制度は事故歴に応じて保険料を割引・割増する制度。
  • 等級は1~20の20段階で、通常6等級からのスタート。
  • 保険期間1年間で保険を使った事故がなければ次年度に等級が1つ上がる。
  • 等級が高いほど、割引率が大きくなり、保険料が安くなる。

事業用自動車の自動車保険を見積もりしたいんだけど?



事業用の自動車保険を探している人は、「はたらくクルマの自動車保険」がおすすめ!

「はたらくクルマの自動車保険」は、急な車のトラブルにも対応してくれ、ロードサービスが充実しています。

保険加入の証明書も即日発行してもらえる点も嬉しいポイントです。

まとめ

自動車保険の相場は、等級や年齢によって大きく差があります。

また、年齢や車種、事故経歴などでも変わるため、実際に見積もりをするまでわかりません。

見積もりをするときは、ランキングやプレゼントに釣られず、一括見積もりサービスを利用することで、料金もサービスも満足できる保険会社を探すことができます。

一括見積もりサービスを利用して、自動車保険料を抑えて、家計を助けましょう。

PICKUP

保険

2018
07.23

保険

46

2018
07.10

保険

70

2018
07.03

保険

50

2018
06.21

保険

40

2018
06.20

保険

53

2018
03.20

保険

159

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース