2018.04.122018.06.12

111

【仮想通貨】ビットコインやアルトコイン、その他のコインの違いは?

【仮想通貨】ビットコインやアルトコイン、その他のコインの違いは?

仮想通貨、世界に何種類あるかご存じでしょうか?

なんと、約1500種類です!

そんなにも多いなんて知らなかった、という人も多いかと思います。

そしてその1500種類は、大きく分けてだいたい3つに分類することができるのです。

仮想通貨にもいろいろある

仮想通貨と聞いて、まっさきに思い浮かぶのは何でしょうか。

やっぱりビットコインですよね?

そしてみなさんは、アルトコインというのを耳にしたことがあると思います。

仮想通貨を始めるなら、まずビットコインアルトコインの違いを知ってみましょう。
 

仮想通貨といえばビットコイン

ゲーム機のことを何でもファミコンと呼んでしまうお母さん。

昔からそんな笑い話がありますが、仮想通貨のことを何でもビットコインと思っている人も、結構いるのではないでしょうか。

それだけ「仮想通貨=ビットコイン」というイメージが定着しているんですね。

まずはそんなビットコインの基本からおさらいしていきましょう!

世界初のもっとも価値が高い仮想通貨

ビットコイン2009年に生まれた、世界初の仮想通貨です。

仮想通貨というものがほとんど知られていなかった初期には、たいした値はついていませんでした。

しかし誕生からおよそ10年が経ち、現在は他の追随を許さないほどの高値がついています

ビットコインはまさに仮想通貨の王様と言えるでしょう。

具体的にどれくらいの高値かというと、単位はBTCを使用しますが、1BTCがだいたい100万円前後。

一時期には200万円以上に高騰したこともありました。

そのため普通の人は、0.01BTCなど小さな単位でしか購入することができません。

決済手段として使われている

ビットコインが他の仮想通貨よりも世間から注目されている理由は、価値の高さだけではありません。

決済、つまりクレジットカードや電子マネーのように、お店でのショッピングの手段として実用化しているのです。

ビットコイン決済にはどのようなメリットがあるかというと、現金どころかカードすら不要、スマホひとつだけでOKということですね。

お店側にとっても、クレジットカードよりもだいぶ手数料が安くなり、コスト削減になると言われています。

ビットコイン決済を導入している店舗は、今はまだまだ多いとは言えません。

しかし5年後10年後となれば、きっと当たり前の光景になっていることでしょう。

初心者には結構難しいかも?

これだけ価値が高いビットコインですから、ぜひ保有してみたいものですが、初心者にとってはちょっとハードルが高いかもしれません。

まず、一番注目されている仮想通貨なので、価格の変動も非常に激しいのです。

1BTCあたり、1日で数万円相当も下落することも珍しくありません

そして取引量がとても多いので、想定どおりに売買できるとは限りません

みんながみんな、いい条件で売買しようとするわけですから、自分だけが思いどおりにとは、なかなかいかないのです。

しかしナンバーワンの規模の仮想通貨だけに、手に入れる手段はたくさんあります。

たとえば取引所と提携しているネットショップで買い物をすると、購入金額の1%相当のビットコインをもらえる、などです。

最初のうちは、そうしたサービスでコツコツ貯めるのもいいかもしれません。
 

ビットコイン以外の仮想通貨、それがアルトコイン


アルトコインとは一言で言うと、「ビットコイン以外の仮想通貨の総称」です。

英語のalternative(代替)からalt coinと呼ばれるようになりました。

つまりビットコインの代わりという意味ですね。

ビットコインよりも優れた仮想通貨がたくさんある

ビットコインの代わりというと、機能性で劣っているんじゃないかというイメージがあるかもしれません。

しかしアルトコインはすべて、ビットコインより後に生まれたものです。

つまり、「ビットコインよりもいいものにしよう! ビットコインにはない機能にしよう!」という考えで作られてる仮想通貨が多いのです。

たとえばビットコインキャッシュという仮想通貨は、ビットコインのいろいろな問題点を改善するべく、枝分かれして生まれたという経緯があります。

具体的には送金手数料の安さや送金速度といった点で、ビットコインキャッシュのほうが優れているんですね。

ビットコイン同様に、決済に使えるアルトコインも少しずつ登場しています。

他にも独自の機能で注目されるアルトコインがたくさんあります。

今後、大きく価値を上げるものもあるかもしれません。

国内で取引できるアルトコインは多くない

アルトコインは全体的に、ビットコインよりも伸びしろがあると言えます。

だから、「ビットコインより、アルトコインのほうがよさそう!」と思っている方も多いのです。

しかし国内の取引所で売買できるアルトコインは、全体からするとかなり少なく、せいぜい20種類程度にすぎません。

これらはビットコインも含め、金融庁に認められている「ホワイトリスト」に入っている仮想通貨です。

それ以外はホワイトでない、つまり信頼性でいささか不安があるということなのです。

海外の取引所に登録すれば、もっと多くのアルトコインで取引できます。

しかし初心者のうちは、日本語で取引したほうが何かと安心でしょう。

アルトコインの中でも信頼性が低い草コイン

アルトコインには2種類あります。

ひとつは大手取引所で購入できて、比較的信頼できるもの。

もうひとつは信頼性が低いものです。

その信頼性がいまいちなものが、海外ではshit coinと呼ばれます。

日本語にすると、汚いですが「クソみたいなコイン」です。

それがなぜか日本では「草コイン」と呼ばれるようになりました。

そのへんに生えている草のような価値しかない、ということでしょうか。

しかしこのほうが耳障りはいいですね。

怪しいけれど一攫千金の可能性?

安いけれど信頼性の低い仮想通貨に投資するのは、ギャンブルのようなものです。

暴落するだけならまだしも、ある日突然消えてなくなってしまうかもしれません。

しかしそんな中から、突如メジャーになる仮想通貨が出てくる可能性もあります。

つまりビットコインや他のアルトコイン以上に、ハイリターンが望めるということでもあります。

実際に草コインで億万長者になったという人もいます。何だかワクワクしてきますよね。

草コインを購入するには

草コインは国内の取引所では購入できません

したがって、海外の取引所を利用することになります。

海外は日本では聞いたこともない銘柄が扱われていて、日本よりもずっと仮想通貨市場が成熟していると言えますね。

しかし海外の取引所は日本語対応していないことも多く、また日本円で購入というわけにもいかないので、利用には少々手間がかかります。

それでも草コインに投資したいなら、国内で取引できる仮想通貨で十分に経験を積んでから、が賢明です。
 

仮想通貨は無理のない計画を立てて選ぼう

仮想通貨に投資したいと考える人が一番気にしているのは、「どれなら稼げるか?」だと思います。

そういう観点では、ビットコインやランキング上位のアルトコインは、現状から何倍もの成長というのは、さほど期待できません。

一攫千金のチャンスが一番あるのは草コインですが、リスクも一番高いです。

いずれにしても、安定した仮想通貨というものはありません。

ハイリスク・ハイリターンを狙うにしても、決して無理をしてはいけません。

自分が買おうとしている仮想通貨はどんなものか、事前によく調べてから取引していきましょう。

↓仮想通貨についてもっと詳しく知りたい方は下記のページもチェックしてみてください!

関連記事 2018
03.28

仮想通貨で稼ぎたい!初心者のために始め方やおすすめの通貨を紹介!

「仮想通貨を始めたいけど、何から始めればいいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。 そんな人のために、今回は仮想通貨の…

稼ぐ

191

続きを見る

PICKUP

稼ぐ

2018
05.01

稼ぐ

89

2018
04.25

稼ぐ

95

2018
04.23

稼ぐ

119

2018
04.22

稼ぐ

173

2018
04.20

稼ぐ

114

2018
04.19

稼ぐ

257

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース