ガソリン代や保険料|車の維持費を節約する方法まとめ

2019.07.192019.07.19

468

ガソリン代や保険料|車の維持費を節約する方法まとめ

車があれば遠くの場所まで楽に行けるので、とても便利ですし、雨が降っていてもぬれる心配がありません。

何かと便利な車ですが、高い買い物となるうえ、維持費が非常に掛かるのが難点です。

車が高いのはしかたないにしても、維持費は何とか抑えたいですよね。

そこで今回は、何かと掛かる車の維持費ですが、節約する方法をまとめてみました。

さっそく見ていきましょう。

車の維持費に掛かる費用

まずは車を持つと、どんな維持費が必要なのか挙げていきます。

  • 車のローン
  • 駐車場代
  • ガソリン代
  • 保険代
  • 車検代
  • 自動車税
  • 備品消耗品代

車のローン、駐車場代、車検代、自動車税などは、必ず発生するものですし、あらかじめ規定に基づいて算出された金額です。

この4つはしかたないとして、残りのガソリン代保険代備品消耗品代については、できる限り節約していきましょう。

備品消耗品などについては高額なものは、中古品で安いものを探すことが大切です。

新品を買い替えていくと、相当高い出費となってしまいます。

楽天市場やAmazonで中古に絞って検索を掛けると見つけやすいです。

そして、細かい備品などは、ダイソーやキャンドゥ、セリアなどの100円ショップで買えます。

できるだけ格安ネットショップか、100円ショップで買いそろえましょう。

ガソリン代や保険代については、以下で詳しく説明していきます。

 

ガソリン代を減らす方法

毎日乗る人にとって、一番掛かる車の維持費は間違いなくガソリン代でしょう。

時期によって価格が上下するものですが、そういったケースに関係なく、常に安いガソリンを選ぶべきです。

そこでおすすめの方法を紹介します。

安いガソリンスタンドを探す

セルフで入れるのは安くて良いのですが、各地域によっては通常のスタンドの方が安かったりするケースもあります。

そこでおすすめなのが、今現在どこのスタンドが安いのかをすぐに調べられる「gogo.gs」というサイトです。

方法は至って簡単で、住所を入れて、各項目にチェックし検索をするだけで、すぐに調べられます。

ガソリンを入れようと思ったときに、調べてから行けば、一番安いところでガソリンが購入できるので、大変便利です。

あとは会員料金の方が安いので、必ず会員登録をしたあとで給油しましょう。

ガソリンはこまめに

ガソリンは満タンにせず、こまめに入れた方が燃費の節約になります。
 
満タンにすると車全体の重みが増し、比例して燃費も増えてしまうからです。

3割を下回った時点で、5~6割いれるだけでも、満タンにするよりは燃費が抑えられます。

カードでポイントを貯める

ガソリンスタンドと提携しているクレジットカードで支払えば、ポイントが貯まります。

ENEOSは、ANAやTカードと提携しており、貯まったポイントは旅行や買い物などに使えるので、大変便利ですね。

それからコスモ石油の「コスモ・ザ・カード・オーパス」なら、イオンと提携しています。

イオンで買い物をする人なら、買い物でも貯められますし、いろいろなサービスに使えるので無駄になりません。

 

自動車保険を見直そう!

自動車保険も安いところを探せば、それだけ維持費が安くなります。

調べてみたら一番高い保険に加入していたなんてこともあるかもしれません。

今現在、保険料はいくら払っているのか、本当に必要な保障内容になっているのか、見直しが必要です。

満足度1位!『SBI損害保険』

SBI損害保険は、価格コムで10年連続、満足度1位を獲得しています。

安さと保障の充実度が高い結果と言えるでしょう。

インターネット上で手続きし、証券発行不要の場合、月々の保険料から1,000円が割引されます。

プランは「おすすめプラン・充実プラン・シンプルプラン」の3種類があり、どのプランも対人・対物に関しては、無制限なので安心です。

 

さまざまな割引制度ありの『チューリッヒ保険会社』

チューリッヒ保険会社は、スイスで有名な金融機関、チューリッヒ・インシュアランス・グループのグループ会社です。

割引制度が非常に充実しているのがポイントで、インターネット割引e証券割引早期契約割引新車割引エコカー割引など、多くの割引制度があります。

インターネット割引では最大21,000円の割引が受けられるので、他割引制度と応用することで、かなりお得です。

 

40代・50代の満足度が高い『セゾン自動車火災保険』

セゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」は、40代・50代において、保険料が安くなるように設定しているところが人気の理由です。

統計的に40代・50代になると自動車事故率が低くなるという点から、保険料を安くしています。
 
それから、必要な保障だけを選べるシステムや、さまざまな割引制度があるのも、とても魅力的です。

関連記事 2018
02.28

人気自動車保険を比較してわかった!おすすめランキングは?

きちんと自動車保険を見直したら、安くなるかもしれません。 でも、と心配になりますよね。 安心してください。。 今回はそんな…

ライフ

6455

節約しやすいところから始めよう!

とても費用がかさばる、車の維持費を節約する方法について紹介しました。

まずは実際の契約まで時間の掛かる、保険の見直しから検討していきましょう。
 
そして、ガソリン代と備品消耗品代を切り詰めていけば、かなりの節約になります。

こちらを参考に、ぜひ試してくださいね。

PICKUP

PR2019
02.08

ライフ

2860

PR2019
02.01

その他

17031

PR2018
12.12

売る

109044

PR2018
12.05

売る

72484

PR2018
02.27

保険

56672

ライフ

2020
03.20

ライフ

1522

2020
03.16

ライフ

1531

2020
03.13

ライフ

1552

2020
03.09

ライフ

1749

2020
03.06

ライフ

1851

2020
03.02

ライフ

1922

もっと見る

お得に節約お金ニュース