車を高値で売りたい!おすすめの車買取・査定業者を一挙ご紹介

2019.07.032019.07.03

156

車を高値で売りたい!おすすめの車買取・査定業者を一挙ご紹介

車を売りたいと思っても、「どうしたら高く売れるの?」「どこで査定すればいいの?」など、わからないことがたくさん出てきますよね。

実は、車は売り方次第で、20万〜30万ほど売値に差が出てきます。

そのため、どうせ売るなら「できるだけ高く売る方法」を知っておかないと損してしまいます。

そこで本記事では、車を高値で売る方法からおすすめの買取・査定業者までをわかりやすくまとめました。

最後まで読めば、車を高値で売るコツから、業者の営業トークに騙されない方法まで全てがわかります。

ぜひ参考にしてくださいね。

車を売却する手段は大きく分けて3つ

まずは、車を買い取る方法についてです。

車買取の方法は、大きく分けて3つあります。それぞれ良い点と悪い点があるため、状況に合わせて自分に合った方法を選ばなければなりません。

  • 方法1.ディーラー下取り
  • 方法2.買取業者に売る
  • 方法3.個人売買・オークション・フリマに売る

では、それぞれどんな買取方法なのか、順番に解説していきます。

方法1.ディーラー下取り


車を売却する一つ目の方法として、ディーラーに下取りをしてもらう方法があります。

下取りとは、新車を購入する際に、それまで使っていた車をディーラー(販売店)に買い取ってもらうことです。

下取りの際、車を売却して得たお金は自由に使えるわけではなく、そのまま、新車購入の資金に割り当てられます。

下取りをする最大のメリットは「書類の準備や手続きなどを代行してくれるので、面倒がなく、手間がかからない」という点です。

通常、車を売却する際は、複数の書類の準備や手続きが必要ですが、下取りをする場合はディーラーが面倒な手続きを代行してくれるので、手間がかかりません。

ただし、書類の準備や手続きを代行してくれる分、中古車販売店で直接買い取ってもらうよりも、価格は低くなります

そのため、ディーラー下取りは「高値で売れなくてもいいから面倒な手続きをしたくない」という人におすすめです。

方法2.買取業者に売る


車を売却する二つ目の方法は、中古車販売店などの買取業者に直接、売却する方法です。

中古車買取専門の業者に車を査定・買取りをしてもらうことを「買取り」といいます。

買取業者に売却する際は、まず業者に車の装備や状態を総合的に判断してもらってから買取額が算出されます。

買取額は、店舗によって違うので、複数の店舗で買取価格を比較し、一番高い値段をつけてくれたところへ売却しましょう。

「買取り」は手間がかかりますが、その分、下取りよりも基本的に高く売れる傾向にあるので、「確実に車を高く売りたい!」という人におすすめです。

方法3.オークション代行・フリマなどでの個人売買


車売却の3つ目の方法は、ネットオークションやフリマを通して車の個人売買をする手法です。

個人売買の最大のメリットは、「お互いのニーズが合えば、業者を使うより、高値で売却できる」こと。

しかし、その反面以下のようなデメリットがあることを認識しておかなければいけません。

  • 複数の書類や手続きが必要だから手間がかかる
  • 業者を通さない個人対個人の取引なのでトラブルが起こりやすくなる
  • オークションで売却する場合は落札されない可能性がある

個人売買は、業者を通さないため、車を高値で売却できますが、手続きの手間やトラブルのリスクがあるため、「業者を使わず、とにかく車を高く売りたい!」という人におすすめです。

車を売却する前に一括査定で相場を確認しておこう

車を売却する前には、一括査定で車の買取価格の相場を確認しておくと損をしにくくなります。

一括査定とは、「一度に複数の買取業者に査定を申し込むことができるサービス」です。

一括査定サイトに、あなたの個人情報や車の情報を入力すると、その情報が複数の買取業者に送られます。

その後、買取業者から連絡が来て、それぞれの業者から査定をしてもらうことができます。

一括査定をすることで、複数の買取店から査定してもらうことができるので、買取店同士に競わせて、買取価格を釣り上げることが可能ですよ。

査定は無料でしてもらえるので、「自分の車の相場が知りたい!」という場合は一括査定を申し込んでみましょう。

一括査定をしてくれる業者については、記事の後半で紹介します。

一括査定の電話を止めるには

一括査定をすると、あなたの情報が複数の買取業者に送られるので、買取業者からの営業電話が一斉にくるというデメリットがあります。

一斉に営業電話が来ると対応するのが面倒ですよね。

一括査定の営業電話に対してうまく対応できるように、以下のような対策をしておきましょう。

  • 一括査定業者の公式サイトの「お問い合わせ」から一括査定依頼のキャンセルをする
  • 査定希望日時・希望の販売価格・売却時期など想定される質問を考えていくことで電話を早めに終わらせる
  • 査定申込の時間を1社1社ずらす(30〜1時間くらい)

車を売却する際に確認しておきたい4つの注意点


ここでは車を売却する際に注意するべきポイントを4つご紹介します。

  • 注意点1.ネット査定を信じすぎない
  • 注意点2.査定額の減額があった時は、自分に落ち度がないかチェックする
  • 注意点3.契約後キャンセルは基本NG
  • 注意点4.3〜7営業日までに振込が行われない場合は業者に連絡をすること

それでは見ていきましょう。

注意点1.ネット査定を信じすぎない


ネット査定を信じすぎないようにしましょう。

一括査定をネットのみで行う場合、その査定価格はあくまで概算の買取価格です。

そのため、実際に業者に見てもらう「実写査定」と「ネット査定」で価格が異なる場合があります。

結局は「実写査定」での査定価格が、実際の買取価格となるので、ネット査定を信じすぎないようにしましょう。

ネット査定で出た概算を参考にしながら、複数の買取業社にする実車査定を依頼するのが、一番正確に車の相場がわかります。

注意点2.査定額の減額があった時は自分に落ち度がないか確認する


車の販売業者から、一度出た査定額を減額される時があります。

査定額の減額があった時は、自分に落ち度がないか確認しましょう。

まずは、その販売業者になぜ減額になったのかをしっかり聞きます。

そして、車の情報を謝って報告していたなど、自分の落ち度がないかを確認しましょう

自分に落ち度があった場合は仕方ありませんが、業者の確認ミスなど、業者に落ち度がある場合は、減額に応じず、抗議しましょう。

もしも、自分に落ち度がないと確認した上で、減額を断りずらい場合は、消費者センターに相談してください。

注意点3.契約後キャンセルは原則NG


買取の契約が成立してからのキャンセルは原則できないということを覚えておきましょう。

本人の意思で申し込んでいるため、買取契約に関して、クーリングオフもできません

買取の契約が成立した後に、キャンセルをするとキャンセル料がかかります。

しかし、多くの買取業者では、契約後一定期間(基本的に3〜7日以内)であれば契約のキャンセルができます

よくあるキャンセル理由としては以下の、4つが挙げられます。

  1. 家族が反対しているから
  2. 知人が欲しいと言ってきたから
  3. 車が必要になったから
  4. 他社が高い金額を提示した

1~3番は、キャンセルできることが多いですが、4番に関しては、キャンセルが認められない可能性があります。

そのため、どうしてもキャンセルしたい場合は、1~3番目の理由を述べるようにするといいでしょう。

注意点4.3~7営業日で振り込みが行われない場合は、業者に連絡をすること


3〜7営業日までに振込が行われない場合は業者に連絡を入れましょう

車の買取金は基本的に売却者(客)の銀行口座への振り込まれます。

売却の車両と必要書類を提出してから3~7営業日で振り込みが行われるのが一般的です。

それ以上経っても振り込みが行われない場合は、資金繰りが悪い業者が支払日を伸ばしている可能性があります。

そのため、買取業者に連絡をして確認するか、JPUCや国民生活センターに相談しましょう。

おすすめの一括査定業車・買取業者7選

これまで車の売却の方法から、注意点までをお伝えしてきました。

ここからは、おすすめの一括査定業者と買取業者を7つご紹介していきます。

  • カービュー
  • ユーカーパック
  • 輸入車.com
  • 廃車本舗
  • ガリバーフリマ
  • セルカ
  • DMM AUTO

順番に見ていきましょう。

新車情報もチェックできる「カービュー」


カービューは、車に関する様々な情報を発信している車の総合サイトです。

カービューでは、新型車やイベントなどの情報を発信しているとともに、車の一括査定も行なっています。

カービューであなたの車の情報を登録すると、200社もの買取業者から査定を受けることができるんです。

複数の買取業者を競合させることで、確実に高く車を買い取ってもらえます。

カービューの車一括査定では、20万円も高く車買取をしてもらったという事例も。

そのためカービューは「なるべく車を高く売りたい!」という場合におすすめですよ。

2,000もの業者の査定額を比較できる「ユーカーパック」

ユーカーパックは、一度の申し込みで、最大2000社以上の査定価格を知ることができる査定業者です。

通常の一括査定では、登録すると複数の業者から、一斉に営業電話がかかってきて、そこから一社一社査定を受けて、買取業者を決めなくてはいけません。

しかしユーカーパックでは、連絡はユーカーパックからしかきません。

さらに、査定基準も、自社で儲けているので、ユーカーパックの査定を受ければ、他の業者の査定を受ける必要はありません。

ユーカーパックでは、一度の申し込みで、最大2000社以上の査定価格を知ることができます。

そのため、業者との交渉や営業電話の対応など、通常の査定にかかる手間を省いて、査定を受けることが可能です。

輸入車を高額買取「輸入車.com」


輸入車.comは、外車専門の買取・販売会社として知られるゴーランドカンパニーが運営するネット無料査定サービスです。

高価買取と手厚いサービスで人気のサイトで、最大の特徴は、買取り率がかなり高いこと。

どんな輸入車でも高く買い取ってくれると評判です。

一般中古車販売の20パーセント以上高くなるケースが多く、一般の買取相場より50万近く高値で売却可能な、委託販売サービスも利用可能。

そのため、輸入車.comは、会社を出来るだけ高く売りたい場合にはおすすめですよ。

どんな車でも買取可能「廃車本舗」


廃車買取本舗とは、その名の通り廃車買取業者です。

廃車買取本舗では、他の買取行者が買い取ってくれない事故車・故障者も買取してくれます

廃車の見積もり査定や、車引き取り、廃車するときの陸運局・軽自動車検査協会での廃車手続きも無料で任せることができるんです。

廃車本舗では、低年式者や仮想行者であっても高価買取の実績があるので、事故車や故障者を売却するときにおすすめですよ。

車のフリマアプリ「ガリバーフリマ」

ガリバーフリマは、車の個人売買の面倒な手続きを間に入ってサポートしてくれるサービスです。

上記の通り、車の個人売買をする場合、高値で売れやすい代わりに、面倒な手間やトラブルのリスクがあります。

しかし、ガリバーフリマでは、面倒な手間の間に入ってサポートしてくれるので、安心して車の個人売買ができます。

具体的に、ガリバーフリマが代行してくれるサービスは以下の4点。

  1. 金銭のやり取りの間に入ってくれる
  2. 書類手続きをサポートしてくれる
  3. 車両の受け渡しをしてくれる
  4. 出品前に査定してくれる

ガリバーフリマでは、面倒な手間やトラブルのリスクを解消してくれるので、安心して個人売買ができますよ。

オークション形式で車を売れる「セルカ」



セルカは、オークション形式の車査定サービスです。

具体的には、あなたの車をネット上のオークションに出品して、車買取店が入札して、入札が完了したら売却するという流れになります。

セルカを利用すると以下のようなメリットがあります。

  • 6000件以上の車買取店と提携しているので、競争が生まれて買取価格が上がる
  • トラブル・金銭面の手続きなどはセルカが間に入ってくれる
  • 対応が早い
  • 個人情報は売却が決まった1社にしか公開されない

セルカでは手間を最小限に抑えて、車を高く売ることができるので、手間をかけずになるべく高値で車を売却したい場合におすすめです。

スマホで簡単に査定できる「DMM AUTO」


DMM AUTOは、スマホで車の画像をとって簡単な質問に回答するだけで査定が完了し、車が売れるアプリです。

個人情報の入力が不要なので、煩わしい営業電話がなく、面倒な金銭交渉も一切必要ありません。

そのため、スマホ上で、3分で査定額がわかり、査定額がわかればそのまま車を売れることができます。

ただ、車の傷や凹みがあっても査定額は同じなので、状態の良い車は大手買取店よりも金額が低く提示される傾向があります。

その点には注意が必要ですが、DMM AUTOはスマホで手軽に車の査定額がわかるので、「とにかく査定は手軽に進めたい」という場合には、おすすめですよ。

買取業者で車を高く売るポイント3つ


最後に、買取業者で車を高く売るポイントを3つ紹介します。

少しでも高値で買い取ってもらうために、以下3点はよく確認しておきましょう。

  • ポイント1.複数の業者で見積もりをして査定額をあげる
  • ポイント2.高額買取が可能なタイミングを見極める
  • ポイント3.メンテナンスノートを用意する

それでは、詳しく紹介していきます。

ポイント1.複数の業者で見積もりして査定額を上げる


車を高値で売却するためには、複数の業者で見積もりをして査定額をあげましょう

複数の買取業者の査定額を知ることで、査定で提示された金額を元に価格交渉をすることができます。

例えば、別々の買取業者が50万の査定金額と60万の査定金額を出して来たとします。

そこで50万の査定業者に、「そちらで愛車を売りたいが、他社だと60万円で買い取ってくれる」と伝えることで、買取価格を60万以上にしてくれるかもしれません。

つまり、複数の買取業者の査定額を知ることで、査定で提示された金額を元に価格交渉をすることで、愛車をより高値で売ることができるんです。

ポイント2.高額買取可能なタイミングを見極める


高額買取が可能なタイミングを見極めましょう。

結論から言うと、車は1〜3月か9〜10月が高く売れます

この時期は車を買う人が多く、業者も車を確保したいので、多少高くても買い取ってくれるからです。

なので、1〜3月か9〜10月に車を売却するのをおすすめします。

さらに、走行距離や車検のタイミングで乗り換えるとお得です。

走行距離が5万km、10万kmを超えると買取価格が下がるので、下がる前に売却しましょう。

ポイント3.メンテナンスノートを用意する


車を売却する際は、メンテナンスノートを用意しましょう。

メンテナンスノートとは、「いつオイルを交換したのか」「いつ消耗品を交換したのか」などの記録と、記入時の走行距離まで確認できる車の診断書のようなものです。

メンテナンスノートは、車のコンディション・メンテナンスを把握するための重要な資料になります。

目に見えにくい整備記録などの記録を記したメンテナンスノートがあると、査定で評価が高くなるので高値で買取してもらえるんです。

そのため、車を売却する際は、メンテナンスノートを用意しましょう。

まとめ


本記事では、車の売却の方法や注意点、オススメの業者から車を高く売るためのポイントまでお伝えしてきました。

自分の希望にあった業者を使うことで、車の買取価格は大きく変わってきます。

あなたの愛車を1万円でも高く売るために、ぜひ今回の内容を参考にして車買取を行なってくださいね。

PICKUP

PR2019
03.18

ライフ

851

PR2019
02.08

ライフ

1498

PR2019
02.01

その他

13033

PR2018
12.12

売る

42298

PR2018
12.05

売る

41214

PR2018
02.27

保険

22117

売る

2019
06.12

売る

5207

2019
06.04

売る

53854

2018
12.12

売る

42298

2018
12.05

売る

41214

2018
11.01

売る

1180

2018
10.31

売る

738

もっと見る

お得に節約お金ニュース