少しでも携帯の通信費を節約する方法とは?

2020.03.202020.01.24

2539

少しでも携帯の通信費を節約する方法とは?

明細表を見て、携帯料金が高いと思ったことはありませんか?

一時期に比べれば安い料金プランが増えているとはいえ、まだまだ高いのが現実です。

かと言って、携帯は日常生活になくてはならない必須アイテム。

そこで、少しでも携帯料金を安くするための方法を考えていきましょう。

料金プランの見直しをしよう

各3大キャリア(docomo、au、ソフトバンク)では、多くの料金プランを出してきました。

なかには今まで高かったのが悩みだったパケット料金をかなり下げたプランもあります。

そこで今一度料金プランの見直しをするのが、携帯料金を下げる近道です。

各キャリアの新料金プランを見てみましょう。

docomo

docomoの新料金プランには「ギガホ」と「ギガプラン」の2種類があります。

携帯は電子マネー決済と緊急の連絡くらいしか使わないなら「ギガプラン」がおすすめです。

「ギガプラン」は使った容量に応じた月額料金となります。

月によって多く使う月もあれば少ない月もあるため、むだなく使えるのが特徴です。

「ギガホ」はとにかく携帯でパケットを酷使するタイプに最適なプランで、毎月30GBの大容量が使えます。

毎月の使用パケット料が1GB以内なら、定期契約ありで2,980円で、家族3回線以上で1,980円となります。

家族全員でdocomoを使い、パケットデータをほとんど使わない場合は、新料金プランに乗り換えるのがおすすめです。

au

auでもdocomoと同様に、使ったパケット容量分に応じた月額料金となる「新auピタットプランN」がサービス開始になりました。

1GBまでなら定期契約ありで家族3人以上で利用した場合、1,980円で済みます。

パケットデータをほとんど使わない場合は、新料金プランに乗り換えましょう。

パケットデータを多く使う場合は、「auフラットプラン20N(毎月20GBまで)」、「auデータMAXプランPro(無制限)」など、さまざまな新料金プランがあります。

ソフトバンク

ソフトバンクは、auやdocomoとはまったく異なる新形態の新料金プランを導入しました。

定期契約を撤廃し、定期契約をしなくても安い料金プランが使えるようになったのです。

これは非常に画期的な料金プランです。

すべての料金プランにおいて、基本料金を980円に統一しました。

これに自分に合ったパケットデータプランを上乗せします。

1GBなら1,500円をプラスするので、2,480円です。

新規や機種変更をした場合、1年目は1,000円割引になるので、新料金プランに乗り換えた方がお得になる場合もあります。

ぜひ検討してみてください。

格安SIMサービスに乗り換える

新料金プランを検討してはみたけれど、どうしても納得がいく金額にならない場合は、思い切って格安SIMに乗り換えを検討してください。

料金が安くて、サービスが充実している格安SIMサービスを厳選しました。

さっそく料金を見てみましょう。

総合満足度1位『mineo』

ユーザーの声をもっとも大切にする「mineo」だからこそ、総合満足度1位になれました。

そんな「mineo」は料金もユーザー思いの良心価格です。

音声通話とパケットデータが込みになったデュアルプランは、Aプラン3GBで1,510円

Aプラン6GBは2,090円、Aプラン20GBが3,680円と、かなり安い料金設定となっています。

ブランドの信頼性1位『IIJmio』

「IIJmio」は、株式会社インターネットイニシアティブが運営する格安SIMサービスです。

音声通話+パケットデータのミニマムスタートプラン(3GB)は、月額1,600円。

ライトスタートプラン(6GB)プランは、2,220円となっています。

ファミリーシェアプランの場合、家族3人で12GBを申し込めば、1人4GBの大容量が使えて月額1,553円とかなりの格安料金です。

とにかく料金を安くしたい場合に最適な料金プランになります。

保証サービス充実度1位『イオンモバイル』

さらに安い料金を提示しているのが、「イオンモバイル」です。

音声通話とパケットデータ込みで、1GBプランは1,280円。

6GBで1,980円、20GBでも4,680円と、かなり低価格の設定になっています。

全国に200店舗以上の実店舗を持ち、サポートは万全の体制です。

何かしらのトラブルがあったときには、近くの店舗に行けば対応してもらえます。

これはほかの格安SIMにはない、「イオンモバイル」ならではの強みです。

通信費を節約するなら格安SIMに乗り換えよう

携帯の料金が高いと感じたときは、まずは公式サイトで新料金プランが発表されていないかをチェックしましょう。

そして、現段階の料金と新料金を比較し、サービス内容を検討してみてください。

十分に検討したあと、料金がまだ高いと感じたときは、格安SIMサービスをおすすめします。

サービス内容など十分に検討したうえで、乗り換えを考えましょう。

PICKUP

PR2019
02.08

ライフ

2928

PR2019
02.01

その他

17119

PR2018
12.12

売る

113375

PR2018
12.05

売る

73735

PR2018
02.27

保険

56959

ライフ

2018
12.12

ライフ

4179

2018
09.23

ライフ

411

2018
09.14

ライフ

672

2018
09.10

ライフ

1383

2018
09.07

ライフ

388

2018
08.28

ライフ

726

もっと見る

お得に節約お金ニュース