【必見】電力自由化でお得に電気代を節約するにはどうしたら良い?

2018.01.312018.11.21

20684

【必見】電力自由化でお得に電気代を節約するにはどうしたら良い?


電力自由化が始まって競争が激化し、400社以上の電力会社から選ぶことができるようになりました。
お得な電力会社を選べば大きな節約につながります。

「でも、実際はそんなに変わらないんじゃないかな・・・」と思いますよね?

実は、ちゃんと比較してみると、電気代が年間1万円から3万円も安くなるんです!

今回は、電力会社を比較して、どれくらいお得になるのか、丁寧に解説。

そして、電気料金のシミュレーションはLooopでんきがおすすめですよ。

あなたのおウチの電気代を大きく節約する方法をお教えしていきます。

ぜひ、参考にしてください!

電力自由化で本当に安くなるの?


結論から言うと、電力会社を変えることで年間1万円から3万円も安くなることがあるんです!

例えば、電力会社のLooopでんきでシュミレーションでは、東京電力からLooop電気に乗り換えることで、3人世帯(マンション)で14,700円、3人世帯(戸建て)で23,200円お得になります。

他の電力会社に乗り換えることでこれまでより電気代が安くなる理由はいたってシンプル。

多くの会社が電力事業をはじめて、電気代の価格競争が起こっているからです。  

電力自由化になって400社以上に電力会社が増えた!

2016年4月から始まった電力自由化により、400社以上の電力会社が参入してきました

その中で、これまでの「東京電力」「中部電力」「中国電力」「九州電力」よりも安い料金プランで電力を供給する会社も出てきています。

400 社以上の会社の中から、自分の使用する電力量やライフスタイルに合わせた電力会社を選ぶことで、電気代を節約することも可能になりました。


 

実際に電力会社を比較してみよう!


ここからは、実際に各電力会社でどれだけ価格が違うのかを見ていきましょう。

東京・関西エリアで、世帯ごとの電気使用量を基準にして、比較してみました。

東京エリアの場合

東京エリアでは、ほとんどの人が東京電力を使用しています。

しかし、東京で選べる電力会社は50以上あるんです。その中で、人気ランキングで上位にあがる電力会社4社を加えて比較しました。

4人世帯と5人世帯の場合は、最安が熊本電力。東京電力よりも額1,400円~1,800円程度、年間で17,000円〜22,000円程度安くなります

ただし、 熊本電力は基本料金がやや高め。そのため、1人世帯や3人世帯などあまり電気を使わない家庭では中国電力やイーレックスの方が安いです。

このように、世帯人数や電気使用量によって、最安の電力会社は異なります

関西エリアの場合

関西エリアでは、ほとんどの人は関西電力を使用しています。

しかし、関西で選べる電力会社は30以上あるんです。その中で、人気ランキングで上位にあがる電力会社4社を加えて比較しました。

3人以上の世帯ではLooopでんきが最安。関西電力よりも月額1,000円~1,700円程度、年間で12,000円~21,000円程度安くなります。

しかし、関西エリアの人気4社では、電気料金にほとんど差がありません。

また、1人世帯だと、関西電力が最安値なので、切り替えないほうがお得です。

このように、関西エリアでは、Looopでんきが安いですが、世帯数(電気使用量)によっては切り替えないほうが良い場合があります

 

セット割引を使えばさらに安くなることもある!

電力会社を選びには、電気代以外にも考えるポイントがあります。

それは、セット割です。

たとえば、ソフトバンクでんきの場合、電気代はそれほど安くなりません。

しかし、ソフトバンクに契約している人ならば、3人世帯で2年間約17,760円、スマホ代の割引を受けられます

ソフトバンクのように、現在使っているサービスが割引される『セット割』のことも考えて電力会社を選ぶ必要があります。

 

電力会社を選ぶときの注意点!

基本的には、地域・電気使用量・セット割を含めて自分に合った電力会社を選びましょう。

注意点としては、本当に最安の電力会社を選びたいならば、その他にも考慮しなければならない点がたくさんあります。

たとえば、

  • 電気を使用する時間帯
  • 住宅の形態(マンション・戸建て)
  • 電気設備    

などです。

ここまで考えて電力会社を選ぶのは、はっきり言って個人では不可能です

「でも、どうしても最安値の電力会社を選びたい!!」

という人は、一括比較してみるのがおすすめです。

 

電力会社を乗り換える際の7つのQ&A

最後に、電力会社を乗り換える上で、気になる疑問についてまとめてみました。

電力会社を比較するときにチェックするポイントもご紹介していきます。

疑問1.電力会社を乗り換えるタイミングはいつがベスト?

電気料金は毎月必ずかかる費用。なので、「電気代が高いな」と感じたらそのときが乗り換えのタイミングです!

また、それ以外にも

  • 引っ越しする時
  • 家族が増えた時
  • 大型家電を買った時

の時には、電力会社を見直す良いタイミングと言えるでしょう。

疑問2.新しい電力会社に乗り換えるときの初期費用や工事は?

  • 初期費用は必要?

基本的に、新しい電力会社に乗り換えるときに初期費用は必要ありません

電力会社によっては、契約手数料として、約3000円ほど、必要になることがありますが、ほとんどの場合キャンペーンで0円にしてもらうことができます。

  • 工事は必要?料金は?

基本的に、電力会社が工事費無料で行ってくれるので、初期費用は必要ありません

新しい電力会社に乗り換える時は、今まで使用していた電気メーターを「スマートメーター」に変える工事が必要になります。(スマートメーターは、電力使用量をネットで管理できるようになったものです。)

疑問3.電力会社を乗り換えるデメリットは?


電力会社を乗り換えると電気料金が安くなるメリットがありますが、ちょっとしたデメリットもあります。

  • 解約金が発生する場合がある

基本的に解約金はかかりません

しかし、2年契約など特定のプランを選択した場合に、期間内で解約すると解約金が発生する場合があります。

そのような場合でも、解約金の相場は大抵3,000円程度で、それほど高くありません。

それでも解約金が気になる人は、契約時に契約期間があるかどうか確認しておきましょう。

  • 請求書がデジタル化になる

新電力会社では、紙の請求書ではなく、WEB上で電気使用量や電気料金を確認することになります。

これまでの形式と変わることが一つのデメリットになるかもしれません。

しかし、「どうしても紙の請求書が欲しい」という場合は100円前後の料金はかかりますが、紙の請求書を発行することも可能です。


疑問4.アパートやマンション、賃貸でもできるの?

大家さんへの許可は必要なく、退去するときも、そのままでも問題ありません

しかし、例外もあります。

大きなマンションなどで、電力を一括受電している場合です。

この場合は、自分で電力会社を選ぶことができません。

もし、心配な人は大家さんに一言告げてから、電力会社を切り替えるようにしましょう。

疑問5.逆に電気代が高くなってしまうことはあるの?

電力会社を乗り換えると、逆に電気料金が高くなってしまう場合もあります。

とくに、以下の家庭は注意が必要です。

  • 1人暮らしで電気をあまり使っていない人
  • オール電化の家庭

「電気代が高くなってしまうかもしれない」と心配している人は、今回紹介した電気代一括比較を利用しましょう。

しっかりとシュミレーションした上で電力会社を選んでくれるので、これまでの料金よりも高くなる可能性はかなり少なくなります。

疑問6.飲食店や工場、法人も電力自由化はできる?

飲食店や工場などの法人向けの電力自由化は、実は2000年からできるようになっています。

法人の人は、電力使用量も大きいので、大幅に経費を削減できる可能性があります。

法人用の電気料金プランや高圧電気料金プランを選ぶことで、電気料金を節約しましょう。

疑問7.自然エネルギーで発電している電力会社を選べるの?

発電方法で電力会社を選ぶこともできます。

中には100%自然エネルギーを使用した環境にやさしい電力会社もあります。

 

まとめ


電力自由化になり、電力会社を変えることで、年間にして1万円から3万円も節約できるかもしれません。

よりお得な電力会社を選びたいのなら、地域エリア・電気使用量・セット割・その他のライフスタイルに合った電力会社を選びましょう。

まずはLooopでんきで料金のシュミレーションをするのがおすすめです。

PICKUP

PR2019
02.08

ライフ

1649

PR2019
02.01

その他

13531

PR2018
12.12

売る

47680

PR2018
12.05

売る

48610

PR2018
02.27

保険

27281

ライフ

2018
10.29

ライフ

486

2018
07.04

ライフ

323

2018
06.21

ライフ

804

2018
06.01

ライフ

371

2018
05.25

ライフ

313

2018
05.22

ライフ

471

もっと見る

お得に節約お金ニュース