2018.05.222018.05.22

104

電力会社の乗り換え工事にかかる初期費用の相場は?

電力会社の乗り換え工事にかかる初期費用の相場は?

新電力会社に興味のある人のなかには、「キャンペーン広告で無料とよく見かけるけど、実際にはお金かかるんでしょ?」と思っている人も多いのではないでしょうか。

電気料金は電力9社(東京電力など)から他の電力会社に切り替えたことがない人が大半なので、無理もない話です。

そこで、実際に新電力に切り替えたら初期費用はどの程度掛かるのか、気になる工事費用などをお知らせします。

新電力へ切り替えを検討している人は、ぜひ参考にしてくださいね。

↓下記で電力会社の比較をしているので合わせてチェックしてみてください!

関連記事 2018
01.31

【必見】電力自由化でお得に電気代を節約するにはどうしたら良い?

電力自由化が始まって競争が激化し、400社以上の電力会社から選ぶことができるようになりました。 お得な電力会社を選べば大きな節約につな…

ライフ

19622

続きを見る

契約事務手数料はかかるの?


契約事務手数料というと、携帯電話会社を思い出しますね。

携帯会社を乗り換えたときに発生する手数料です。

では、新電力会社を乗り換えたときにはどうでしょうか?

実は携帯会社と同様に、新電力会社を乗り換えるときも契約事務手数料が掛かります

契約事務手数料の掛かる新電力会社について

結論から言えば、ほとんどの新電力会社で契約事務手数料は存在します。

ただし、東京電力などは契約事務手数料は無料です。

新電力会社に乗り換えは手軽にできますが、転々としていると契約事務手数料がかさんで、手痛い出費となってしまうこともあります。

申し込みをする前は、必ず契約事務手数料がいくら掛かるのかチェックしておきましょう。

キャンペーンで契約事務手数料が無料になることもある

新電力会社に自由に乗り換えたいなら、あらかじめ契約事務手数料が無料になるキャンペーンを実施していないか確認してみましょう。

ざっと調べてみただけでも、かなりの電力会社で契約事務手数料が無料になるキャンペーンを実施している会社があります。

ジェイコムでは2018年6月末までと期間限定ですが、契約事務手数料が無料になるキャンペーンを実施中です。

洸陽電機ケイ・オプティコムなども期間限定ですが、契約事務手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。

このほかにも新たに契約事務手数料が無料になるキャンペーンを実施予定のところもあるでしょう。

今後の発表に期待したいところですね。
 

乗り換えに必要な工事費はいくら?


つづいて乗り換えに必要な工事と工事費用についてです。

乗り換えに必要な工事というと、何だか面倒だなと思う人もいるのではないでしょうか?

実際にどのような工事が必要なのか見ていきましょう。

新スマートメーター交換工事費用について

まずは新電力サービスに必要な新スマートメーターの設置です。

まだ一度も新電力サービスに乗り換えたことがない人は、この新スマートメーターの設置工事は必要です。

かなり以前にスマートメーターを設置したことがあるという人でも、新スマートメーター設置が必要になるかもしれません。

ただし、基本的な工事費用は乗り換える電力会社で負担するため、新たに工事費用が掛かることはありません

建物の都合上、壁に穴を開けたり壊したりしなければならないときは、別途相談のうえ費用が掛かる場合もありますが、これは滅多にないケースです。

電気線部分も工事は必要なの?

電気を家の内部に引き込む工事は、必要ないのかと思うこともあるかもしれませんね。

これは必要ありません。

現時点で自宅内部に引き込まれている電気線で電気を供給するので、とくに工事は必要ないです。
 

現電力会社の違約金はどうなるの?


それでは、今現在入っている電力会社の違約金についてはどうでしょうか?

東京電力などの電力9社に加入している人は、契約期間はないので違約金については心配しなくて大丈夫です。

ただし、すでに電力会社に乗り換えをしている人で、また新たに新しい電力会社へ乗り換える人はどうなのでしょうか?その辺りを見ていきましょう。

現電力会社のプランを見てみよう

まずは契約している電力会社のどのプランに入っているのか確認する必要があります。

契約時にもらっている書類で確認してもよいですが、インターネットで確認するのが最も簡単で早いです。

ログイン情報を用意し、契約している電力会社の公式ホームページを開き、ログインをしてからマイページを開いてください。

契約情報の確認方法

ログインをしたあとは、契約情報の確認ページを開いて確認してください。

ここではauでんきを例として説明していきますね。

auではユーザーのためのサポートサイト「My au」があり(スマホなどの携帯モバイルで、auでんきアプリを導入しておけば、気軽に確認ができて便利です)、ここから契約情報を確認してください。

具体的な手順はトップページのメニューから「ご契約内容の確認」をタップし、ログイン情報を入力してログインすれば、契約内容が確認できます。

パソコンでも同様に「My au」へログインしてから、auでんきのページを表示させれば、契約内容が確認できます。

このようにどの電力会社でも、手軽にインターネットで契約内容を確認できますので、まずはどのようなプランに加入し、契約状況はどうなっているのかを確認しましょう。

契約期間がある場合は時期を見て判断

上記で確認し、契約期間が定められていないプランに入っていた場合は、何も問題ありません。

違約金なしですぐにでも他電力会社に移れます。

しかし、契約期間が定められていた場合はどうでしょうか。

まだ一年にも満たない場合は、新たに検討している電力会社が相当お得なプランでどうしても入りたい場合は、違約金を払って移るのもありでしょう。

ただし、あと数カ月で契約が満了となる場合は、数カ月待ってからの方が良いかもしれません。

今すぐに乗り換えないと損になるプランでも、数か月後にはさらに良いプランが出る可能性もあります。

その辺はある程度折り合いを付けて検討してみてくださいね。
 

現電力会社の契約に問題がなければすぐに手続きしよう!

契約事務手数料と、現電力会社の加入プランに問題がなければ、いつの時点で乗り換えをしても、初期費用は無料か安価で済みます。

乗り換えを検討している人は、まずは現在の契約プランを確認し、新しく乗り換える電力会社のキャンペーンをチェックしてから、申し込みをしてくださいね。

参考URL:https://power-hikaku.info

PICKUP

ライフ

2018
07.04

ライフ

47

2018
06.21

ライフ

50

2018
06.01

ライフ

78

2018
05.25

ライフ

78

2018
05.16

ライフ

118

2018
05.07

ライフ

91

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース