2018.07.042018.07.25

63

電力自由化においての注意点とは?

電力自由化においての注意点とは?

魅力的なプランやキャンペーンなどがあって、新しい電力会社に乗り換えようと検討している人も増えています。

ただし、新電力会社乗り換えに関する注意点について、よく把握しておく必要があります。

項目ごとに注意すべき点をまとめてありますので、こちらを参照したうえで、新電力会社乗り換えの申し込みをしてくださいね。

↓また下記で電力会社の比較をしているので合わせてチェックしてみてください!

関連記事 2018
01.31

【必見】電力自由化でお得に電気代を節約するにはどうしたら良い?

電力自由化が始まって競争が激化し、400社以上の電力会社から選ぶことができるようになりました。 お得な電力会社を選べば大きな節約につな…

ライフ

19652

意外と多い新電力事業に関連した詐欺被害

新電力会社乗り換えをターゲットにした詐欺被害が増えています

これは新電力会社乗り換えを検討している人が増えているということと、新電力会社乗り換えのプランやサービス自体をよく知らないことが原因です。

こうした詐欺被害の特徴や対策方法を説明していくので、詐欺に合わないように注意してくださいね。

特別な機器の設置で損害被害

最も多いのが、新しい電力を開通させるための工事費用をだまし取られる詐欺です。

電気料金が破格の安さで使用できると提示されてしまえば、最初に数万円掛かるくらいなら良しとしようと思ってしまう人もいますよね。

あとは、初期費用として多額の料金を請求されるケースもあるのです。

さらに注意なのが太陽光パネル設置をすすめられるケースで、電気を高く売れるからとそそのかされます。

高い費用で太陽光パネルを設置したあとは電気を高く売ることも一切できず、毎月の手痛いローンが残されただけという結末もあるのです。

詐欺被害に合わないための対策

頭に入れておきたいのは、特別な初期費用は無料で、契約事務手数料のみが掛かることと、設置する機器代金や工事費は無料ということです。

これさえきちんと知っていればだまされません。

あとは少しでも怪しいと感じたなら、パンフレットや名刺をもらい、その会社がきちんと存在しているのかどうかの確認をしましょう。

あとはインターネットで会社の評判を調べてみてください。

大きい企業なら安心してしまうところですが、その企業に本当に訪ねてきた人物が存在するのかも確認した方がいいでしょう。

念には念を入れた方が無難です。

それから、これは基本中の基本ですが、話を聞いてすぐに契約を交わすのは絶対にいけません

この機会を逃すと安くならないからなどと、業者はいろいろなことを言って、即契約を交わそうとするでしょう。

口車に乗ってすぐに契約はせずに、いったん時間を置いて冷静に調べてから検討し、契約を交わすようにしてください。
 

供給電力の安定性はどうなのか?

結論から言うと現在は電気の供給に問題はありません。

ただし、将来的にはどうなのでしょうか?この点について考えていきましょう。

自然災害時などの対策

いまのところは、電気の供給は問題なく提供されています。

ただし、もしも大きな地震や噴火などの危機的状況に陥るほどの自然災害が起きたとすればどうでしょうか?

電気の供給が追い付かなくなったときのカバー先はきちんと確保されているのかどうかで決まってきます。

万が一何の対策もしていなければ、いざというときに停電になってしまう可能性もあるでしょう。

今のところは問題なくても・・・

今後はますますユーザーの確保が難しくなっていく電力会社も出てくるでしょう。

そうなると資金が集められず、施設にお金を掛けられなくなります。

そうすると、十分な電気量の確保ができずに、供給が追い付かなくなるケースも出てくるかもしれません。
 

電気料金があがる可能性も?!

せっかく電気料金が安くなるかと喜んでいたら、実は電気料金が高くなっていたということもありえます。

どうして電気料金が高くなる可能性があるのか、そうなってしまうケースについて見ていきましょう。

将来的に電気料金があがることも

以前は電力9社のみだったのですが、それが何倍にも会社が増え、会社で確保するユーザー数が減ってきています。

多くの電力会社でユーザーの奪い合いで分散をしてしまい、それぞれの会社ごとの既存ユーザーが減ってしまうのです。

それが原因で電気料金があがることもあります。

電力自由化が原因とは記載されていませんが、2018年2月に主要な電力会社で電気料金の値上げが発表されました

国や電力会社で何かしらの対策を取らないと、今後も値上がり傾向になる可能性が高いです。

プランの選択を間違えると料金が割高に

もともと2人暮らしで電気料金が安い場合、新電力会社乗り換えをした結果、電気料金があがってしまったというケースがあります。

電気料金が高い家族が乗り換えをした場合に安くなるプランが多いためです。

もともと安く利用できているなら、無理をして乗り換えをしないか、プランをよく理解してからの乗り換えをおすすめします。
 

新電力会社が多すぎてどこがお得かわからない

電力自由化によって、多くの企業が電力サービスを開始したために、とにかくたくさんの新電力会社が増えました。

そのため、乗り換え自体をした方が良いのか、良いとすればどこを選べばいいのかわからないという人も多いですよね。

検討をし続けたけれど、途中で面倒になってやめてしまったという人もいるのではないでしょうか?

新電力乗り換えのときには、損をしないためにもしっかりと確認することが大切です。

プランが複雑すぎて理解できない

新電力会社が増えたことよりもさらにやっかいなのがプランの数です。

そして、どのプランも複雑なものが多く、説明を読んでも理解できません。

とくに携帯電話やインターネットとセットになっていると、さらに複雑に感じてしまいますよね。

こればかりはサポートに理解できるまで質問するしかなさそうです。

注意すべき点を良く理解してから乗り換えよう!

魅力的でメリットの多い電力自由化ですが、自分にとってどれがお得で、失敗しないのかということがわかりにくくなっています。

まずは検討している電力会社を徹底して調査することと、今現在だけではなく将来的にどうなのかということも視野に入れて考えていきましょう。

そして、最も合う電力会社を選んでくださいね。

参考URL:https://miratomo.jp/free/demerit

PICKUP

ライフ

2018
10.29

ライフ

20

2018
06.21

ライフ

72

2018
06.01

ライフ

91

2018
05.25

ライフ

89

2018
05.22

ライフ

117

2018
05.16

ライフ

140

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース