2018.06.012018.06.01

98

電力自由化のトラブルはどんなものがある?解決方法は?

電力自由化のトラブルはどんなものがある?解決方法は?

電力自由化を漠然としか理解していなかったために、さまざまなトラブルに遭っている人も多いのではないでしょうか?

今回はさまざまなケースをもとに、起こってしまった原因と対策方法について詳しく説明していきます。

今後、もし同様なケースが自分自身に起こってしまったときには、こちらを参考にして慌てずに対処していってくださいね。

↓下記で電力会社の比較をしているので合わせてチェックしてみてください!

関連記事 2018
01.31

【必見】電力自由化でお得に電気代を節約するにはどうしたら良い?

電力自由化が始まって競争が激化し、400社以上の電力会社から選ぶことができるようになりました。 お得な電力会社を選べば大きな節約につな…

ライフ

19671

セールスの誘導で思わず契約


電力自由化後には、頻繁にセールスの電話やメールなどが入るようになりました。

直接セールスが訪問してくることもあります。

電気料金がかなり安くなると言われてしまうと、そのあとの複雑な説明は頭に入ってこないで、うっかり契約してしまうことも多いです。

あとになってきちんと説明書や契約書を確認して、ようやく必要のないサービスだったと気が付くこともあります。

最悪なケースとして、契約してから数カ月経ってから気が付くこともあるでしょう。

慌てずにクーリングオフを

契約してから8日以内なら、クーリングオフ制度が適用できます

とくに訪問してきたセールスと話をした流れで契約してしまったときは、失敗したと早めに気が付くことができるでしょう。

そのときは慌てずにクーリングオフの申し込みをしてください。

インターネットから申し込みをしたときは、すぐにサポートへ連絡をしましょう。

サポートの指示に従って解約手続きを進めていきます。

いずれにしても契約のあとは放置をせずに、書類などを良く確認し、必要のない契約だと感じたら、慌てずに冷静に対処してください
 

違約金が発生するプラン


トラブルが起きやすいのは、違約金が発生するプランに、そうだとわからないまま契約をしてしまうことです。

どうしてもやむ終えない事情で他へ移る場合、途中の契約解除では違約金が発生することを知ってトラブルに発展するケースもあります。

電気料金が安いからとすぐに飛びつくのは、あとで後悔することもあるので、気を付けてくださいね

申し込みをする前に必ず確認を

最も大切な対策方法は、申し込みをする前に、違約金が発生するかどうかの確認は必ずしてください。

あとになって気が付いても取り返しがつきません。

違約金を泣く泣く払うはめになるでしょう。

急な転勤で引っ越しなどのやむを得ない場合は、電力会社によっては違約金が掛からないこともあります。

それも併せて事前に確認をしておいてください。

サービスの展開エリアを把握しておく

大手電力会社だと、全国のエリアでカバーしていることもあります。

引っ越し先でも契約している会社の電力が供給されているエリアなら、そのまま問題なく契約を続けられるので安心です。

スマートメーターの設置に関しても工事を無料でしてもらえます。

ただし、マンションなどの共同住宅で、もともとその建物自体に決められた電力が供給されている場合は、残念ながらそのままの契約では電気を使い続けられません
 

料金延滞で起きるトラブル

とくに意図していなくても、指定している銀行の口座で残高不足のため、引き落としできていなかったというケースはよくあります。

郵送で連絡が来て、ようやく気が付くということもあるでしょう。

携帯電話やインターネットとセットの場合、まとめての支払いなので金額が大きくなっていることに気が付かずに、残高不足になるケースも多々あります。

それさえも気づかないでいると、あとになって利息を支払う必要が出てくるのです。

まずはサポートに連絡を

できるなら利息は払いたくないものです。

万が一、支払期限が過ぎている場合でも、とりあえず払う意思はあるということを伝えるために、サポートに連絡をしてみましょう。

何でもそうですが、放置はよくありません。

利息を払うことで解決し、あとは問題なくサービスを続けられますが、放置したままでいると、突然電気やインターネットなど、セットプランで申し込みをしているサービスが使えなくなったりするケースもあります

 

電力会社による倒産トラブル

親会社がたとえ大企業でも、電力会社は規模が小さかったりすると、倒産でサービスを終了してしまうケースもあります。

契約している電力会社が倒産したら、もう電気は使えないのかと不安になるでしょう。

結論から言うと、使えなくなるということはありません。

契約会社が倒産してしまったときの、トラブルを解決する方法を具体的に見ていきましょう。

倒産した場合の解決方法

倒産が決定したときに、契約している会社から通知が届きます。

その通知を確認したら、すぐに新しい電力会社に申し込みをするか、もしくはとりあえず東京電力など自分の住むエリアを管轄している電力9社に連絡をして申し込みをしてください

通知が来ているのに、気が付かないでいると、ある日突然、電気が使えなくて困ることもあります

そのときでも慌てずに事実確認をし、倒産していることが判明した場合は、新しい電力会社に連絡をすれば問題ありません。

しかし、気が付いたのが夜なら、昼間よりも困ることがたくさんありますね。

倒産する兆しがあるかどうかは、一般人にはわかりません。

常日頃から郵便ポストはきちんと受取に問題ないかを確認し、郵便物はこまめにチェックする習慣を付けることが、安全な予防策です。

それからメールもきちんとこまめに確認しておきましょう。

商業メールをたくさん受け取るような設定してあると、意外とメールを見落としてしまう可能性もあります。

 

申し込みをする前には十分な確認をしよう!

電力自由化になってから、そんなに時間が経っていないため、いまだにさまざまなトラブルが発生しています。

どのようなトラブルでも、まずは冷静に確認をすることが大切です。

それから、問い合わせの連絡をして、必要な手続きをしていけば大丈夫です。

新電力会社の乗り換えは慎重に、よく調べてから申し込みをすることがポイントになります。

それにはお得なキャンペーンと安い料金プランのみを重視せずに、総合的に判断することが大切です。

あとからトラブルで困ったことにならないように、しっかりと見極めて電力自由化に向き合っていきましょう。

参考URL:https://www.tainavi-switch.com

PICKUP

PR2018
12.12

売る

15823

PR2018
12.12

ライフ

63

PR2018
12.12

ライフ

30360

PR2018
12.12

節税

77

PR2018
12.12

その他

609

PR2018
12.05

売る

13324

PR2018
09.12

その他

12062

ライフ

2018
10.29

ライフ

29

2018
07.04

ライフ

70

2018
06.21

ライフ

84

2018
05.25

ライフ

94

2018
05.22

ライフ

125

2018
05.16

ライフ

150

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース