【火災保険の見直し】同じ補償内容でお得なプランは一括見積りサイトが便利

2019.04.062019.08.05

5525

【火災保険の見直し】同じ補償内容でお得なプランは一括見積りサイトが便利

火災保険を見直そう!

そう考えている方は、現在の火災保険の内容では「イマイチだな…」と思っている、ということですよね?

もしくは、新居への引っ越しが迫っているのでしょうか。

どちらにしても、見直し後の火災保険は、今の補償内容よりも安く・充実していないと意味はありません。

それでは、その情報をどこで入手するのがよいのでしょうか。

今回は、同じ保障内容でお得なプランの比較がカンタンにできる、一括見積りサイトのメリットについて解説してみます。

関連記事 2019
06.11

【火災保険】人気の火災保険取り扱い会社BEST5!それぞれの保険会社の…

火災保険を選ぶとき、気になるのはその保険会社の特徴ですよね。 しかし、「補償内容が一緒なら、火災保険なんてどの会社でも同じでは?」と思…

保険

14250

現場のファイナンシャルプランナーが感じる火災保険の問題点とは!?

今の火災保険に加入した時のことを思い出してください。

もしかして、不動産屋さんや仲介業者さんに「これに入ってください」といわれ、内容を見ないままサインをしていませんでしたか?

現場で火災保険の見直しをすすめているファイナンシャルプランナーの見立てですが、そのような方の火災保険は見直しで「お安く」なることがほとんどです。

なぜなら、入居時に加入するプランは、たいていが「とりあえず全ての補償を網羅した、大き目の完全安心パック」のようなものだからです。

つまりその安心パックに入っていれば、内容に「不足」はありませんが、「過剰」が多い可能性がある…ということです。

火災保険の過剰とは?

入居時のパッケージに加入した場合、以下のようなケースが見受けられます。

  • 単身者で家財が少ないのに、4人家族用・保険金額2,000万円などのパックに入っている
  • 3階に住んでいるのに、「水災」の特約がついている

どうでしょう。
 
大人の単身者なら、よほど高額な趣味用具でもない限り、保険金額は300〜800万円程度が適当です。
 
また水災特約は、床上浸水のときにしか使用できないことがほとんどなので、2階以上の住まいには不要です。
 
このように、大きめの補償がまるっとパッケージになっているプランの場合、ムダな補償に火災保険料を支払い続けている…ということが多いのです。

ジャストな火災保険を選ぶには

火災保険には、上記のような過剰もありますが、もちろん不足もあります。

いざというときに使えなければ、保険とはいえませんから、まずは今の内容がどうなっているかを確認する必要があるでしょう。

そのうえで、せっかく見直すなら、今の住まいにジャストなサイズの補償プランを見つけて、納得して加入しましょう。

そのために考えるポイントは3つ。

  • どれくらいの金額の火災保険に入るか
  • どの特約をセットするか
  • 同じような内容で、どこの会社で契約をするか


上記の検討をスムーズに進めるには、一括で見積もりをもらえるサービスを利用するのが一番です。
 
なぜなら、1社1社から資料を取り寄せるのはかなりの手間がかかりますし、不要な営業をかけられて、客観的な選択ができなくなる可能性もあるからです。

一括見積りサイトのメリットは?

火災保険には、専門的な知識が必要

そのため自分でプランを決めると、内容に過不足が出てしまいます。

たとえば、

 
「建物の構造を間違って選択してしまったため、保険が無効になった」
「自動車保険にも付いている個人賠償責任保険を、火災保険でもダブルでセットしており、ムダな保険料を払い続けていた」

などのトラブルは付きものです。
 
だから自分だけでのプラン決定はおすすめできません。
 
しかし一括見積サイトでは、物件情報を入力するだけで、プロによる見積もりをつくってもらうことが可能です。
 
そのうえで、多くの保険会社の金額を比較できるので、納得して加入することができるのです。

 

今の火災保険と同額で、補償の追加も可能?


もし、今の火災保険に過不足があまりなくても、保険会社自体を見直すことで、割引を受けたり、付帯サービスを充実させられる可能性があります。
 
特に、住まいに関する付帯サービスは、各保険会社が力を入れている部分でもあるため、ばかにできません。
 
一括見積りサイトでは、保険料を大きく変えずにプランを追加できるような提案もしてもらえるので、比較がしやすいというメリットがあります。

入力はもちろん1度だけ、スピーディーにカンタン比較

複数の保険会社の見積もりを自分で取ろうと思ったら、何度も同じ情報を記入したり、説明をしなくてはなりません。

しかし一括見積サイトでは、その手間が1回で済むため、忙しい方にもおすすめです。

例えば、火災保険の一括見積サイトはこういうところがあります。

しかも補償内容の全別から特約の要不要まで、プロが厳選したプランを、自分のためだけにつくってもらえるというのは、なかなか便利ですね。

さらに、比較できる会社はなんと最大16社!

さまざまな会社の見積もりを一気に比べることができるので、「今よりもっといいプランを」と考えている方にとっては、使い勝手の良いサービスといえそうです。

まとめ

生命保険以上に「難しい」とされる火災保険。

しかし、家や家族を守るためには、しっかり加入しておくことが大切です。

 
「今の火災保険の内容に不満がある」
「新しい家を買った」
「引っ越しをした」

というときは、見直しのチャンスです。

一括見積サイトで、納得できる契約をしてみませんか?

PICKUP

PR2019
02.08

ライフ

1923

PR2019
02.01

その他

14688

PR2018
12.12

売る

60399

PR2018
12.05

売る

56566

PR2018
02.27

保険

42432

保険

2019
08.09

保険

407

2019
06.11

保険

14250

2018
09.03

保険

756

2018
06.21

保険

548

2018
06.20

保険

706

2018
05.21

保険

1660

もっと見る

お得に節約お金ニュース