一人暮らしさんにこそオススメ!野菜の冷凍食品を使って節約・時短

2020.01.242019.11.26

284

一人暮らしさんにこそオススメ!野菜の冷凍食品を使って節約・時短

毎日の生活で節約を考えたときに最も効率的なのが、食費の節約です。

しかし、1人暮らしで食費の節約をしようとすると、毎日欠かさず自炊しなければなりません。

毎日、もやしだけ、豆腐だけで暮らすのは、とても健康に悪いですし、病気になれば医療費がかさんで結果的に節約できないです。

そこで1人暮らしでも、無駄なく簡単に節約できる時短可能な冷凍野菜の利用をおすすめします。

下記ではそれぞれの冷凍野菜について、用途などを見ていきましょう。

煮物に最適な冷凍野菜

煮物は非常に面倒なものです。

しかし、冷凍野菜を使えば、簡単で面倒な手間もなく作れます

煮物に最適な「かぼちゃ」と「さといも」をぜひ使ってみてくださいね。

カット済の「かぼちゃ」

秋に旬を迎える「かぼちゃ」ですが、煮物のほか、てんぷらやスイーツにも使えて便利な野菜ですね。

しかし、調理してみるとわかるのですが、まず「かぼちゃ」はとても固いです。

種を取ってからカットするのですが、本当に力が要ります。

女性ではカットするだけでしんどいですね。

そこで利用したいのが、冷凍の「かぼちゃ」

これなら1人分だけ煮物などの調理に使えます。

作り過ぎて余ったものを温め直して食べることもなく、いつでも作りたてを1人分だけ簡単に調理できるのがポイントです。

下処理済み「さといも」

次に紹介するのは「さといも」ですが、こちらは皮をむくのが非常に大変な野菜です。

ぬめぬめしているうえに、皮も厚めで、しかも凹凸部分が多く、非常に向きにくくなっています。

そして、向いた後は塩もみをしてから水で洗う作業をしなくてはなりませんが、これも結構手間が掛かって大変です。

結構な手間が掛かる「さといも」ですが、冷凍食品ならすべての下処理が済んでいるので、適量を煮込むだけで、「さといも」の煮物が完成します。

煮るだけですから、煮ている間にほかのことができるので、かなり効率的です。

すぐに食べられる冷凍野菜

煮込むのも面倒な人には、解凍をしただけですぐに食べられる冷凍野菜がおすすめです。

代表格として「枝豆」がありますが、調理済みの冷凍野菜もありますので、そちらも紹介します。

おつまみに最高な「枝豆」

お酒のおつまみとして、何か作るのは面倒なときに重宝するのが冷凍食品の「枝豆」です。

袋から出して、ラップせずに電子レンジで加熱するだけで、すぐに完成します。

しかも、ゆですぎもありませんし、塩入りで味加減もちょうど良く、おつまみやおやつに最適です。

調理済みの冷凍野菜

今では調理済みの冷凍野菜が数多く販売されています。

揚げナスが冷凍されているものや、下ゆで済みのブロッコリーやいんげん、そらまめなど、そのまま食べられますし、完成品の料理に加えるのもおすすめです。

きんぴらごぼうなどの調理品も冷凍食品にありますね。

いずれも自然解凍でも大丈夫と表記されていますが、夏場など暑い日は、なるべく電子レンジで加熱をしてから食べてください。

サラダに最適「グリーンアスパラ」

「グリーンアスパラ」はゆでるのがなかなか難しい野菜です。

ゆですぎたり、ゆでが足りず芯が残ったりと、先端と根っこ部分で固さが違うため、難しくなります。

そこで利用したいのが、冷凍食品の「グリーンアスパラ」です。

下茹でしてあるので、解凍してすぐに食べられます。

サラダで緑黄色野菜が不足しているとき、「グリーンアスパラ」を添えるのがおすすめです。

お味噌汁に使える冷凍野菜

お味噌汁も簡単そうに見えて、案外手間の掛かる一品です。

即席もありますので、お湯を注ぐだけの簡単な方法もありますが、健康を考えて手作りしたい場合は、冷凍野菜を使いましょう。

とろみがおいしい「おくら」

「おくら」を使う場合、生ですときざむのが非常に面倒です。

しかし、冷凍食品の「おくら」ならきざんであるので、お味噌汁に入れるだけで完成します。

あまり熱いのが得意ではないなら、お湯に味噌を溶かし、そこに冷凍の「おくら」を入れるだけでちょうどいい温度ですし、かなりの時短です。

とろみがついて、上品な味わいのお味噌汁があっという間にできます。

ビタミンCが豊富な「ほうれん草」

「ほうれん草」は生ですと、かなり泥が付いているので、丁寧に洗う必要があります。

よく洗った「ほうれん草」をカットして使うので、少し時間が掛かります。

しかし、冷凍の「ほうれん草」なら、きれいに洗ってあり、カット済みで下茹でもしてある状態です。

出来上がったお味噌汁に入れるだけで、簡単にビタミンC入りの健康的なお味噌汁が完成します。

ちなみに冷凍によるビタミンCの減少ですが、煮るなどの調理法よりも少ないです。

ビタミンCを摂取したいときは、冷凍野菜を使いましょう。

参照:https://www.jstage.jst.go.jp/article/ajscs/26/0/26_107/_article/-char/ja/

忙しいときは冷凍野菜で時短クッキング!

1人暮らしで忙しいときは、なるべく時短クッキングで節約したいものです。

そんなときに便利なのが冷凍野菜で、余すことなく簡単に調理できます。旬の食材を瞬間冷凍しているため、栄養バランスも抜群です。

忙しいときでも自炊で節約したいときは、ぜひ冷凍食品を使ってみてくださいね。

関連記事 2018
03.29

新生活をおトクに始めよう!新生活で活用すべき9つのサービス

引っ越し費用・家具、家電を買い揃えるなど新生活にはお金がかかりますね。 「でも、できるだけ安く新生活を始めたい!」という人も多いはず。…

ライフ

1067

PICKUP

PR2019
02.08

ライフ

2590

PR2019
02.01

その他

16541

PR2018
12.12

売る

92770

PR2018
12.05

売る

67932

PR2018
02.27

保険

54444

ライフ

2020
03.20

ライフ

137

2020
03.16

ライフ

172

2020
03.13

ライフ

175

2020
03.09

ライフ

361

2020
03.06

ライフ

495

2020
03.02

ライフ

602

もっと見る

お得に節約お金ニュース