2018.05.162018.05.16

62

フリマアプリで商品写真を撮る時のポイントとは?

フリマアプリで商品写真を撮る時のポイントとは?

フリマアプリで確実に売りたいのなら、写真の良し悪しはとても重要です。

大抵の人は文章よりも先に写真を見て、写真で興味をそそられたあとに詳細を読みます。

写真の写りが悪かったり、情報がわかりにくいと、そこから先は興味がなくなり別の出品ページに飛んでしまうでしょう。

そうならないためにも、写真はしっかりとポイントを押さえて、良いものに仕上げる必要があります。

そこで、良い写真を撮るポイントについて紹介していきますね。

↓下記のページでフリマアプリの比較をしているのでチェックしてみてください!

関連記事 2018
02.04

フリマアプリのおすすめはコレだ!人気の理由からランキングまで徹底解説

フリマアプリをお調べ中ですね。 フリマアプリを使うと、お得に買い物ができたり、不要になったモノを売ることができるのでとっても便利です!…

売る

233

続きを見る

出品で最も大切なのは魅力的な商品写真を載せること


フリマアプリではたくさんの出品者がいます。
 
多くの出品ページから、自分が出品したページに注目してもらうには、魅力的な商品写真を載せることです。
 
まずは魅力的な商品写真が、なぜ必要なのかについて見ていきましょう。

文字よりも写真を見る人が多い

たくさん並ぶ出品項目で、まずは目的の商品をタイトルで探し、上から順番にページを開いていくのですが、まずは写真のチェックをします。

このときに、写真が1枚しか載っていない、商品がはっきりと写っていない、肝心の情報が写っていないなど、写真を見ただけで魅力が伝わらないと、そこで見るのをやめてしまうでしょう。

出品ページに載せる写真は、それほど重要だということです。
 

商品写真を見映え良く撮るポイントとは!?

次に魅力的な商品写真を撮るには、どうすれば良いのかについて具体的に見ていきます。

商品のすばらしさを伝えられて、ユーザーが買いたいと思うような商品写真に仕上げることが大切です。

すてきな写真にするためのポイントを説明していきますね。

背景に気を配ろう!

背景はすべて黒や白で統一でも問題はありませんが、できれば商品の色を考えて効果的に使いましょう。

黒い小物家電などは、黒い背景の場所で撮ると、輪郭がぼやけて形があいまいになります。

花柄の背景でさまざまな色合いの商品を撮るのも、多くの色彩が混ざり合って、商品がかすんでしまうので、やめた方が無難です。

あくまでもメインは商品なので、商品が際立つように、背景は単色で模様なしで違う色を選ぶようにしましょう。

全体図が想像できるように写真を撮る

おもちゃや家電など、正面、裏面、側面などあらゆる部分を撮影し、全体像が見られるように撮影するのがポイントです。

たまに正面のみを違う角度から、何枚か撮って載せている出品者がいますが、あまり意味がありません。

同じ距離から、均等にあらゆる面を撮影して、立体的に商品がわかるように撮影してください。

照明の辺り具合を調整

ロゴや文字が入っている部分は、光が入って見えにくくなっていないか、入念なチェックをしてください。

ユーザーによっては、最も欲しい情報がその見えにくくなっている文字のところに隠れているかもしれません。

とくに家電や玩具類は仕様や注意書きなどを見たい人も多いので、はっきりと読み取れるように、写真を撮るごとに光が入って見えにくくないか、確認が必要です。

余計なものが写りこんでいないかを確認

こちらも良くありがちなことなのですが、商品写真を撮るときに、端の方に関係のないものが写りこんでしまうことがあります。

部屋で撮ることが多いので仕方のないことではありますが、背景と商品以外は写らないように、気を付けながら撮影してください。

テーブルの近くに家具か雑貨などを置いていると、端の方に移りこむこともあります。

撮った写真で確認してみましょう。
 

どんな商品写真なら買ってくれるのか考えてみよう!


さらに出品商品を買ってくれるようにするには、どのような写真を載せれば良いのかについて考えてみましょう。

きれいな写真なら良いのかというと、それだけでは商品の良さを伝えられません。

具体的に商品ジャンルごとにポイントを説明していきますね。

最も知りたい情報が見えるような写真にしよう!

商品ごとに知りたい情報は異なります。

たとえばCDで考えてみてください。

まずはCDケースやCD本体に汚れや破損がないかどうか知りたいですよね?

あとは、歌詞カードの状態も知りたいはずです。

それから初回限定版の場合は、付属しているポストカードなどがきちんとあるかどうかも気になります。

ということは、ケース、歌詞カード、付属品、CD本体がきちんと写っている写真が必要だということです。

コーヒーメーカーのような家電なら、本体のあらゆる面からの撮影のほかに、説明書や付属品の写真も必要になります。

このように自分が買うときは、どういう写真が必要かということを考えながら撮影してみましょう。

洋服は試着した状態での写真がベスト!

洋服はテーブルにおいて撮影はできるだけやめた方が無難です。

とくに無造作に置いて撮影は、洋服のフォルムが非常にわかりにくくなります。

マネキンがあるのなら、それに着せて撮影が最良なのですが、マネキンが置いてある家は滅多にありませんよね。

なので、最もベストなのは、自分で試着した状態で正面と背面、側面で撮影して載せることです。

顔は加工で削除したり、マークか絵でごまかしたりで工夫してください。
 

魅力的な商品写真で購入者の心をつかもう!

多くの出品者が同じような商品を出している場合、決め手になるのは商品写真です。

写真を見ただけで買いたくなるような、すてきな写真を撮って、フリマアプリに載せてみましょう。

これだけで注目度がアップしていきますよ。

PICKUP

売る

2018
05.25

売る

119

2018
05.22

売る

86

2018
05.22

売る

84

2018
05.21

売る

67

2018
05.11

売る

72

2018
05.11

売る

88

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース