2018.03.182018.03.20

109

火災保険を選ぶ重要なポイントとは?

火災保険を選ぶ重要なポイントとは?

引っ越しや新居購入で火災保険を選ばなくてはならないとき、困ったことはありませんか?

たくさんの商品や特約の内容がイマイチ分からず、どの会社で契約すればいいか決めかねていませんか?

そこで今回は、火災保険を選ぶときに必ずチェックしたいポイントをご説明します。

ポイントを押さえて、少しでもお得な火災保険を選ぶようにしてみましょう。

火災保険は何のためにかけるの?

まず最初に、「火災保険は何のために加入するのか」を知っておきましょう。

火災保険とは文字通り、火事にあったときにあなたの財産を保障してくれる保険です。

保険の対象はあくまで家や建物と家具で、人のケガや生命は保障されません。

また「火事」は、自分の過失で起こす場合と、他人の火事で被害を受ける場合の2パターンがあります。

火災保険では、その両方の観点からあなたの財産を守ってくれるのです。

火災保険の対象となるのは、火事だけではありません。

雷や水害、台風などの大きな災害時にも役に立つことがあるため、自分と家族の「住居・財産」を守るためにも、しっかりと内容を確認して加入することが大切なのです。

あなたの住居は賃貸?持ち家?

火災保険を検討するときのスタート地点は、賃貸か、持ち家かということ。

つまり、「人から借りているものに被害を与えてしまったときの保障」が優先されるか、「自分の財産が被害にあったときの保障」が優先されるか、のどちらかとお考え下さい。

保険会社には多くの火災保険商品が販売されています。

よく見極めずに適当に加入してしまうと、損害賠償に必要な特約が付いていなかったり、大切な財産を取り戻すことができなかったりと、後でトラブルに巻き込まれる原因にもなってしまいます。

賃貸には賃貸に、持ち家には持ち家にマッチした火災保険を上手に選ぶようにしてみましょう。

賃貸の場合の注意点


まずは賃貸物件の火災保険です。

マンションやハイツの一室を借りている場合、その建物全体の火災保険はオーナーさんが加入しています。

あなたは「あなたが契約した範囲」、例えば「101号室と、共有スペース」に関する火災保険に加入することになるのです。

そして賃貸物件で一番大切なのは、あなたの過失でオーナーの財産に損害を与えてしまったときの保険です。

あなたからの出火で建物の一部を燃やしてしまった、カセットコンロを爆発させて部屋の中を損壊させてしまった…、そんなときはオーナーに賠償金を支払わなくてはいけません。

そのため賃貸の場合は必ず借家人賠償という特約をセットする必要があるのです。

持ち家の場合の注意点


持ち家の場合は逆に、自分の財産を保護するためのプランが必要です。

まだローンの途中なのに、マイホームが焼けてしまったら困りますよね!

そのため、火事だけではなく様々なリスクを考え、建物の立地条件に合わせた特約を上手にセットすることが大切です。

ポイント1 家財と建物

火災保険の「保険の対象」には、家財建物があります。

これは分けて考えられています。

例に沿ってご説明しますね。

  • 建物に3000万円の火災保険をかけていたが、家財にはかけていなかったAさん

この場合Aさん宅が全焼したら3000万円は支払われます。

しかし焼けてしまった家具・洋服・家電などの生活用品に対する保障はありません。

しかしもしAさんが「建物3000万、家財500万」の保険をかけていたら、審査結果に従い、500万円も受け取れる可能性があるのです。

家財にかける保険


家財の保険金額は人それぞれです。

高価なオーディオセットやブランド品が多い人は高めの設定が必要ですし、単身者なら200万円程度でおさまることもあるでしょう。

また家財の金額は意外とかさみます。

しっかり考えたいなら自分の家の中にあるもの全ての概算金額を計算してみましょう。

鍋や食器、本、タンスなど、思ったより自分が家財を所有していることに気が付くでしょう。

建物にかける保険


建物の火災保険は、築年数も考えて設定します。

たとえば購入したてのマイホームならそれなりに必要でしょうし、古い家屋で「もし焼けたら、引っ越しも視野に入れる」と言う場合はそこまで大きな保険金額でなくてもいいかも知れません。

また最近増えた、屋根に取り付ける太陽光パネルは、家財ではなく「建物」に入ります。

そのような財産のことも念頭に入れて、プランを選ぶようにしてください。

ポイント2 保険料のカラクリを知って必要な特約を選ぶ

火災保険のプランを並べると、保険料も様々であることに気が付くと思います。

単純に「高い!」「安い!」と一喜一憂せず、自分の財産を守るために必要な保障は高くてもセットしましょう。

逆に「不要なのに、勝手にセットされている」特約などは、しっかり外すようにしましょう。

それを見極めるためにも、保険料がどう決まっているのかを知っておくことが大切です。

木造かコンクリートか


火災保険の保険料は、保険会社が勝手に決めているわけではなく、建物種類に応じた料率によって厳密に定められています

そのため「あの保険会社は安い」と言うことはありません。

保険料に差が出るのは、立地・建物種類と、セットされた特約によるのです。

火災保険のプランを比較するとき、保険料が一番高いのは「木造の家」です。

その理由はとってもシンプルで、「木でできた家は、燃えやすい!」からです。

逆に、古くても頑丈な鉄筋コンクリートのマンションなどは保険料が低めの場合もあります。

つまりまずは自分の住居が「何でできているか」を考え、その基本料金に「必要な特約を乗せていく」と考えることで、無駄を省くことが可能になるのです。

無駄な特約はないか


火災保険にはたくさんの「特約」があります。

特約とは、基本プランにオプションでセットする、「あなたの住まいに合わせてカスタマイズ」するためのものです。

しかし知識が無いと、無駄な特約を付けてしまうことで保険料が上がってしまいます。

気を付けて欲しいのは「水災」に関する特約です。

これは、豪雨などで床上浸水になってしまったときに支払われる特約で、保険料も意外と割高です。

しかしこの特約は、床上浸水のリスクがある戸建て住宅などには必要ですが、マンション高層階には不要です。

新居契約時の「おまかせプラン」などには、水災特約があらかじめセットされていることも多くありますが、マンション上層階に住む場合は外すなど、特約の内容に合わせた選択が必要になってくるのです。

ポイント3 自分なりに組み立てる

火災保険は人それぞれだということがお分かりいただけましたか?

つまり「誰にでもマッチするプラン」などは存在しないのです。

そこで、「火災保険を選ぶ重要なポイント」として、これだけは!という点をまとめてみました。

自分の財産額を把握する


いくらの保険をかけるかは、あなたの財産額によって変わります!

ひとり住まいなのに、ファミリーサイズの火災保険に加入することは、保険料を捨てているようなもの。

逆に大家族なのに小さな保険に入っていると、いざ火事や災害で家族が困ったときの助けになりません。

火災保険を検討する機会に、自分の暮らしには、いくらの価値があるのかを考えてみましょう。

セットプランはアリ?なし?


新居購入や引っ越し時には、不動産会社などから「セットプラン」が提示されます。

しかしこれはあくまで基本的なもの。

分からないからとそのまま加入してしまうと、たいていは割高な保険料を支払うことになってしまいます。

少なくとも、どんな特約が付いているかをしっかり確認し、カスタマイズしてみることをおすすめします。

何でも聞ける担当者がベスト


あなたにとってベストな火災保険に加入するためには、信用できるアドバイザーの存在も必要です。

火災保険の担当者にいろいろ聞くことができれば一番ですが、いない場合は、保険会社のコールセンターやFPの資格を持った友人などに疑問を解消してもらいましょう。

火災保険のポイントまとめ

火災保険は、あなたの財産を守ってくれる大切な保険です。

何でもいいや!と思わず、いくつかの商品を比較検討してみてください。

ほんの少しの手間で、きっと内容と保険料のバランスの取れたベストな火災保険に加入することができるでしょう。

下記のページで火災保険のおすすめランキングを紹介してるので、チェックしてみてください!

関連記事 2018
02.27

比較してわかった!火災保険おすすめランキング【一戸建て・マンション】

火災保険は、会社によって保険料が大きく変わります。 さらには、『どんな特約をつけられるのか』『何かあったときに保険金が支払われるのか』…

保険

1024

続きを見る

PICKUP

保険

2018
06.21

保険

28

2018
06.20

保険

28

2018
05.21

保険

65

2018
05.16

保険

71

2018
05.11

保険

80

2018
02.27

保険

1024

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース