2018.04.272018.06.20

875

これで安心!同棲カップルがお得に暮らせる節約マニュアル【2018年版】

これで安心!同棲カップルがお得に暮らせる節約マニュアル【2018年版】

「結婚前のお試し」や「結婚資金をためる期間」として結婚前に同棲を始めるカップルは少なくはありません。

しかし、いざ同棲をするとなると予想以上にお金がいるものです。

そこで今回は、同棲カップルが今すぐにでも実践できる節約マニュアルをご紹介します(9つの節約術一覧)。

2人で暮らすからこそ効果的な節約がたくさんできます!

ぜひ活用して、豊かな同棲ライフを過ごしてくださいね。

同棲するメリットとデメリット

ずっと一緒にいたいと同棲を夢見る人は、少なくないはずです。

しかし、同棲には嬉しいメリットもあればデメリットもあります。

このメリットとデメリットの両面を知っておくだけで、同棲をスムーズに始められるので、しっかり確認しておきましょう!

メリット

まずは、メリットから紹介していきます。

まとめると、同棲のメリットは次の3つです。

  1. 家賃・光熱費・食費などが分担できる
  2. 掃除や洗濯を分担できる
  3. 一緒の時間を長く作れる

2人で一緒に暮らすには、お互いにメリットがないと難しいですが、整理して見ると、やはり同棲には経済的にも精神的にも大きなメリットがありました。

それでは、順に見ていきましょう。

メリット1.家賃・光熱費・食費などが分担できる

それぞれ1人暮らしをしている場合と比べると、同棲した方が家賃や光熱費などの生活費は確実に減ります。 

二世帯分の家賃が1つで済み、共有して使っている分の光熱費も半減!

基本的な費用は、約一世帯分少なくなるでしょう。

また食費においても1人分を別々に作るよりも、2人分を一回で作った方が安くすみます。

生活費の支払いを折半にするのか、それとも給料の多い方が多く負担するのかという問題は、カップルでよく話し合う必要がありますが、確実に一人暮らしよりも節約できるでしょう!

メリット2.掃除や洗濯を分担できる

それぞれ1人で暮らしていたら仕事から帰ってきても、料理、掃除、洗濯などの家事はもちろん自分でしなければいけません。

そうなるとゆっくり休めなかったり、部屋が散らかったままになったりと家に帰るのが嫌になってしまうことも。。。

しかし、2人で暮らせば掃除や洗濯も分担して行えますよね!

もちろんお互いの協力ありきですが・・・

このような家事の分担は、同棲前にルールを決めておくことで、お互いの負担が偏らずにすみます。

そして、結婚してからも習慣化した家事は、変わらず続けてもらえるはずです!

メリット3.一緒の時間を長く作れる

同棲することの最も素晴らしいメリットはやはり、一緒の時間を長く作れることでしょう。

一緒に住むことで、2人でいる時間が長く作れることは間違いありません。

別々に住んでいると、お互いのスケジュールを照らし合わせて会う日を決めないといけないですよね。

しかし、同棲していれば家に帰ってからはずっと一緒にいることができます。

お互い仕事が忙しくてわざわざ合う時間をつくれないという人は、同棲するのが一番です。

デメリット

同棲にあるのは、もちろんメリットだけではありません。

2人で暮らすことには、少なくとも3つのデメリットが存在します。

  1. 結婚のタイミングを失う
  2. プライベートの時間が減る
  3. お財布の線引きが難しくなる

同棲するときには、デメリットもしっかりふまえて決断しましょう!

知らないままに同棲を始めると「こんなはずじゃなかったのに」とお互いのストレスになってしまいますよ。

デメリット1.結婚のタイミングを失う

結婚前に何の計画もなく同棲を始めると、結婚するタイミングを見失ってしまいます。

なぜ、タイミングを見失ってしまうかと言うと、同棲と結婚には婚姻届を提出しているかの違いくらいしかないためです。

実際に同棲経験がある人にはよくわかると思いますが、実際に同棲し始めると結婚していないことも忘れてしまうほど、結婚生活との違いが見えにくくなります。

また、恐ろしいことに同棲が長ければ長いほど、結婚するタイミングを失ってしまう確率は高くなります。

そうならないためにも、同棲を始める前にプロポーズをすましておくか、いつまでには結婚しようという目標をもっておくといいですね。

デメリット2.プライベートの時間が減る

同棲生活をスタートすると、基本的にはいつでも2人で過ごすことになります。

その結果、狭い部屋で毎日2人でいると息がつまってしまうことも…

どんなに好きな相手でも、いきなり毎日一緒に暮らす生活を始めるとストレスがたまってくるでしょう。

ですので、たまには、それぞれが一人でリラックスできる時間をつくることは欠かせません。

デメリット3.お財布の線引きが難しくなる

同棲中は、財布は別々というカップルがほとんどです。

家賃と光熱費は男性が、生活費は女性が払うという風に決めていてもデートのお金はどっちが払う?旅行のお金は?とどんどん曖昧な支払いが増えてくるでしょう。

そうなると、お互いの間でイライラが募ってしまうことにもなりかねません。

なので、結婚を目標にしているなら、財布も一緒にして、結婚資金を2人で貯金していく形がおすすめです。
 

コレだけは知っておきたい!同棲カップルの9つの節約術

結婚を前提に同棲するカップルは、結婚式や将来のために貯金をしたいと思っている人がほとんどです。

しかし2人で働き、2人でお金を使っていては一向に貯金はできません!

そこで、同棲カップルができる9つの節約術を紹介します。
( ⇒ 節約サービス一覧はこちら)

  1. どっちがお得!?持ち家購入と賃貸の節約術(500万円ほど節約可)
  2. 引っ越し代金をお得にする節約術(7万円ほど節約)
  3. 不要なものをお得に処分する節約術
  4. 新しい家具をお得に購入する節約術
  5. 食費を抑える節約術(年間20万円ほど節約可)
  6. 光熱費をぐーんと抑える節約術(年間1万円ほど節約可)
  7. 通信費を誰よりもお得にする節約術(年間12万円ほど節約)
  8. デート代を楽して抑える節約術
  9. 最高で最安の結婚を行う節約術

ちょっとしたことで、節約できることがたくさんあるので、ぜひ実践してみてください。

⑴ どっちがお得!?持ち家購入と賃貸の節約術(500万円ほど節約可)

家を決める時に、「賃貸」か「購入」かを悩む人は少なくありません。

結論から言うと、家は買った方がお得です!

ただ単に買うといっても、お得に家を買うには気に入ったところを選べばよいということでもありません。

場所や築年数などを考えて決める必要があります。でも、初めて家を買う時に、家の価値を測るなんて難しそうですよね。

そんな方は、まずは相談に行ってみることをおすすめします。

『住まいの窓口 』なら、無料で住まい探しのアドバイザーに相談することができます。

知識がなくても大丈夫です。1から10まで寄り添って、あなたにとっての最適な家を見つけてくれるでしょう。


また、ローンの組み方によっても差がでてきます。

モゲチェック・プラザ』は、全国120銀行からベストなローンを教えてくれます。

とてもスピーディーで電話相談でもOKなので、忙しい人もすぐに住宅ローンの見直しができますよ。

賢くローンを活用し、あなたにぴったりの家を購入しましょう。


⑵ 引っ越し代金をお得にする節約術(7万円ほど節約)

同棲をするときに、最初に必要となるお金が引っ越し代金です。

引っ越し業者によって、引っ越し代金もさまざまですので、しっかり比較して節約しましょう。

しかし、引っ越し業者は数多くあり、比較するのは難しいですよね。

そんなときは、『ズバット』がおすすめ!

220社以上の引っ越し業者の中から、最適な業者を一括見積りしてくれます。

ズバットを利用して、無料で引っ越し代金の見積り比較をしてもらいましょう。


⑶ 不要なものをお得に処分する節約術

同棲に向けて、引っ越しの準備を始めると不要なものがたくさんでてくるはずです。

そんなときは、捨ててしまわずに買い取ってもらいましょう。

捨てるつもりのものが少しでもお金として戻ってきたらお得ですよね。

売るものによって、高額で買い取ってくれる業者が違うので選定する必要があります。

買い取り業者に困った人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事 2018
02.28

宅配買取のおすすめランキング!服や本などジャンル別に徹底解説

宅配買取は選び方1つで買取金額が大きく変わってくるので、自分が売りたい商品を高く買い取ってくれるところを使いたいですよね。 でも、宅配…

ライフ

31642

続きを見る

⑷ 新しい家具をお得に購入する節約術

一人暮らしと同棲では、家具も買い換えないといけないものもありますよね。

テーブルやタンスなど意外とお金がかかってしまうものも多いはず!

そんなときは、フリマアプリやふるさと納税を利用するのがおすすめです!

これらのサービスを使えば、格安で質の良い家具を手に入れることができます。

詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事 2018
03.29

新生活をおトクに始めよう!新生活で活用すべき9つのサービス

引っ越し費用・家具、家電を買い揃えるなど新生活にはお金がかかりますね。 「でも、できるだけ安く新生活を始めたい!」という人も多いはず。…

ライフ

223

続きを見る

⑸ 食費を抑える節約術(年間20万円ほど節約可)

生活費の中でも、毎月かなりの額がかかってしまう食費。

「食費さえ何とかできれば、毎月余裕がでるのになぁ…」と思われている方も多いと思います。

そんな方は絶対に自炊をしてください!

自炊をしっかりしているカップルは1ヵ月1~2万円ぐらい食費が安くすみます。

食費を抑えたい人は、自炊は基本ということですね。

そして自炊をする上で重要なのが、どこで買い物をするかです。

定価で販売しているコンビニはなるべく使わず、スーパーを利用しましょう

ネットからもスーパーのチラシを見られるところもあるので、チェックしてその日の安いものを狙ってみるとよいですね。

⑹ 光熱費をぐーんと抑える節約術(年間1万円ほど節約可)

電力・ガスの小売自由化によって、光熱費がかなりお得に出来る時代になりました。

そんな中、光熱費をお得にできていない人はまだまだたくさんいます。

実は光熱費を節約する方法はとっても簡単!

使用量や使い方に合わせた電力会社、ガス会社を選ぶだけなんです!

しかも、プロのアドバイザーに頼めば楽々節約できてしまうので、絶対に利用するべきです。

プロパンガスを使っている人は、『ガス屋の窓口』で比較してみてください。

あなたの住んでいる地域や使用量などをふまえて最も適したガス会社を紹介してくれます。

『ガス屋の窓口』を利用して今よりも、もっと安いプロパンガス会社に乗り換えましょう!

そして電力会社なら、『Looopでんき』が断然お得!

まずは料金シュミレーションをしてみてください!

現在使っている電気料金よりも安くなる可能性があります。

また結婚し、家族が増えるとLooopならさらにお得になりますよ。

また、持ち家なら『太陽光発電』が基本!

太陽光でつくった電気は、自分の家で使えるだけでなく、売ることもできるメリットがあります。

日照時間が長い夏は、電気を売ってお金が返ってくることもありますよ。

太陽光発電なら実績NO.1の『新日本住設株式会社』がおすすめです。
 
販売から施工、アフターメンテナンスまですべて自社で行ってくれるので、不安な点が一切ありません。

まずは、無料診断や相談してみましょう!


⑺ 通信費を誰よりもお得にする節約術(年間12万円ほど節約)

意外と家計を圧迫するのが通信費です。

誰もが持っている携帯は、1台で1ヵ月1万円ぐらいかかりますよね。

少しでも月々の携帯代を抑えることができれば、その分をデート代や貯金にもまわせます。

そこで、大事なのが携帯会社です!

楽天モバイル』なら1ヵ月1,980円からととてもリーズナブルな料金なのでおすすめです。

楽天カードでの支払いはもちろんのこと楽天ポイントも貯まるので、利用しない手はないですね。


また家でのネット環境は、ポケットWi-Fiが便利でお得!

家ではWi-Fiを使うようにすると、携帯の高速通信容量も少なくそして安いプランで済みます。

ポケットWi-Fiならコスパの良い『Broad WiMAX』がおすすめですよ。

この組み合わせなら、2人分の携帯代とポケットWi-Fiの代金を合わせても1万5000円ほどでおさえられます!

⑻ デート代を楽して抑える節約術

同棲カップルには欠かせないデートですが、毎回お金をかけていると、いつの間にか財布が空っぽになることも。

そんな方におすすめなのが、公園デートです。

天気の良い日に公園に行って一緒にバトミントンやキャッチボールなどで体を動かしてみるのもありですね。

また、人気上昇中の「工場見学」などもタダで楽しめるデートスポットです。

なるべくお金を使わずデートを楽しみながらも、しっかり貯金を増やしていきましょう!

⑼ 最高で最安の結婚式を行う節約術

最高で最安の理想の結婚式を行うなら『マイナビウエディング』を活用しましょう!

『マイナビウエディング』ならエリアやパッケージプランなどから、あなたが理想とする結婚式場を簡単に探すことができます。

さらに式場だけでなく、指輪やドレス、新居まで探るので、結婚前から新生活まで、『マイナビウエディング』ですべてうまくいきますよ。


ずっとお得に!将来も豊かに暮らす3つのポイント


ここまで、同棲カップルにおける節約術を紹介してきましたが、同棲をすることが最終目標ではないですよね。

もちろん同棲後は、結婚、出産、老後と将来を考えなくてはいけません。

そんな将来を豊かに暮らすポイントは3つ!

  1. 貯金をする
  2. 投資をする
  3. ルールを設ける

これらは今すぐにでも始めるべきポイントです。

それでは、順番にみてみましょう。

ポイント1.貯金をする

貯金はあるにこしたことはないですよね。

せっかく2人で一緒に住んでいるのですから、旅行や結婚など目的をもって貯金をしていきましょう。

では、どうやって貯金していけばよいのか。

まずは、貯金専用の口座を1つ作りましょう。

そして、お給料が入ったら先に毎月一定の金額を貯金口座にいれます。

これなら、あとで貯金しようと思っていたのにお金がなくなったということも防げます。

また、小銭貯金も2人で楽しくできる貯金の一つです。

部屋に貯金箱さえおいておけば、財布が重たくなったときに小銭を入れたり、ルールを破ったときに罰金として入れたりとコツコツと2人で貯める楽しみがありますね。

将来を見越して少しずつでも貯金をしていきましょう。

ポイント2.投資をする

ただ単に貯金をしていてもお金はほとんど増えることはありません。

すぐには使う予定のないお金なら、投資してみるのはどうでしょう。

そこでおすすめなのが、取引手数料0円の『QUOINEX(コインエクスチェンジ)』です。

『QUOINEX(コインエクスチェンジ)』は、金融庁の認可を得た取引所なので安心。

さらに52種類と豊富なペア数で、多くの通貨ペアで仮想通貨の売買を行うことができます。

貯金のすべてを投資するのは、リスクも高く危険!

少し余裕がでてきたときに投資して、将来のための資産を増やしてみましょう。

ポイント3.ルールを設ける

違う環境で育ってきた2人が一緒に生活するわけですから、好き勝手にしていては上手くいくはずがありません。

ルールを設けることで、お互いが納得して生活できる環境をつくっていきましょう。

しかし、あれもこれもと何でもルールを決めてしまっては、窮屈になってしまいます。

ある程度のルールが必要です。

最低限、決めておいた方がよいルールは2つあります。

  1. お金の分担・使い方
  2. 家事の分担

同棲を始める前でも、お互いが納得のいくルールを設けておきましょう。

ルール1.お金の分担・使い方


一緒に暮らすと、お金に関する揉め事が一番多いのではないでしょうか。

毎回お金のことで揉めたくはないですよね。

必要な生活費の分担やお金の使い方は、2人で共通理解しておく必要があります。

ルール2.家事の分担


毎日の食事や洗濯などの家事もそれぞれ分担しておいた方がよいでしょう。

できる方がやるということにしておくと、どちらがやるかでケンカの原因が増えます。

最低限自分がしなければならないことがある方が、生活の中でルーティン化しやすくなります。
 

まとめ

結婚を前提とした同棲なら、しっかりと節約をして将来を見据えた生活を心がけた方がよさそうですね。

節約の仕方はたくさんあり、あなたたちの生活や性格に合わせて実践していってください。

最後に、本記事で紹介した節約サービスを一覧にしてまとめておきますので、ぜひ活用してください。

節約サービス一覧


⑴ どっちがお得!?持ち家購入と賃貸の節約術
無料で住まい探しができる『住まいの窓口
質の高いローン相談ができる『モゲチェック・プラザ

⑵ 引っ越し代金をお得にする節約術
無料引っ越し一括見積もりが可能な『ズバット

⑶ 不要なものをお得に処分する節約術
『宅配買取のおすすめランキング』

⑷ 新しい家具をお得に購入する節約術
新生活で活用すべき9つのサービス』

⑸ 食費を抑える節約術
とにかく『自炊』!コンビニではなくスーパーを利用する

⑹ 光熱費をぐーんと抑える節約術
最適なガス会社が見つかる『ガス屋の窓口
割引やポイント優待がお得な『Looopでんき
太陽光発電で実績No.1の『新日本住設株式会社

⑺ 通信費を誰よりもお得にする節約術
通信費がとてもリーズナブルな『楽天モバイル
コスパ最強のポケットWiFi『Broad WiMAX

⑻ デート代を楽して抑える節約術
たまに使える『公園デート』

⑼ 最高で最安の結婚を行う節約術
結婚の関わること全てを支えてくれる『マイナビウエディング

PICKUP

ライフ

2018
08.20

ライフ

14

2018
08.16

ライフ

380

2018
08.02

ライフ

47

2018
07.30

ライフ

29

2018
07.28

ライフ

22

2018
07.20

ライフ

29

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース