クレジットカードのマイレージが貯まるとどんなことができるの?

2018.03.112018.09.11

1549

クレジットカードのマイレージが貯まるとどんなことができるの?

各航空会社が実施しているサービスとして有名なものがマイルに関するサービスです。

マイルを貯めると様々なものと交換できるのですが、飛行機にあまり乗らない人はあまり知らないという人も多いのではないでしょうか。

ここではマイルについての基礎知識と効率的なマイルの貯め方について紹介していきます。

↓下記のページでクレジットカードの比較をしているので合わせてチェックしてみてください!

関連記事 2018
02.27

【永久保存版】2018年本当に使えるクレジットカードランキング

クレジットカードが気になっていますね。 クレジットカード選びを間違えると「ポイントが貯まらない」、「保険が適用されない」など損する…

カード

1160

マイルについての基礎知識

まずはマイルってそもそも何?という方に向けて、マイルの基礎知識を紹介していきます。

マイルを貯めると交換できるもの


マイルは各航空会社で利用できるポイントのことです。

各航空会社はマイルを貯めた人に対して、そのマイルと様々な商品を交換できるサービスを用意しています。

座席をアップグレードできたり、荷物の超過料金を無料にできたりもするのですが、多くの人が狙うのは航空券との交換でしょう。

マイルを貯めて交換した航空券はいつでも利用できるので、それを利用して旅行に行くというのがマイルの基本的な使い方です。

どのくらいのマイルを貯めるのが目標になるのか


ではマイルはどのくらい貯めればいいのでしょうか。

例えばANAの場合、東京から沖縄までの片道航空券を交換するのに7,000マイル(時期によって変動があり)が必要です。

つまり東京から沖縄に旅行するためには、往復で14,000マイルが必要になるということです。

マイルは区間ごとに設定されているので、自分が行きたい旅行先を決めて、そのマイルを目標に貯めていくのがいいでしょう。
 

マイルの効率的な貯め方

それではマイルを貯めるにはどのようにすればいいのでしょうか。

ここではマイルの効率的な貯め方を紹介していきます。

どの航空会社のマイルを貯めるのか決める


まず、どの航空会社のマイルを貯めるのか決めることです。

例えばマイルを貯めたいからといってJALとANA両方のマイルを貯めていくのは、とても効率が悪いです。

貯める航空会社は1社がいいので、どの航空会社にするのかを決めましょう。

多くの人はJALかANAになると思いますが、この2社で特にこだわりがないのであればANAがおすすめです。

理由は後程紹介するマイルの貯める方法が、ANAのマイルが貯めやすいからです。

その航空会社のマイルを効率的に貯めるクレジットカードを作成する


どの航空会社のマイルを貯めるのか決まったら、次はその航空会社のマイルを効率的に貯めることができるクレジットカードを作成します。

ここで1つ注意点なのですが、航空会社が発行しているANAカードやJALカードが1番マイルを貯めやすいという訳ではないということです。

2018年2月現在ではANAマイルを貯めやすいのはANA VISAワイドゴールドカードJALマイルを貯めやすいのはSPGアメックスカードです。

ちなみにこの2つを比べるとANA VISAワイドゴールドカードは年会費14,000円(サービス利用で最大9,500円まで割引)でマイル還元率最大1.72%、SPGアメックスカードは年会費31,000円でマイル還元率最大1.25%です。

この2つのクレジットカードをマイルの面だけ比べると、ANA VISAワイドゴールドカードの方が年会費も安いのに、マイル還元率が高いということになります。

これが先ほどJALマイルよりANAマイルの方が貯めやすいと紹介した理由です。

もちろんSPGアメックスカードにもSPG上級会員になれるなどの素晴らしい特典がありますが、マイルの面ではANA VISAワイドゴールドカードの方が優秀であると言えるでしょう。

クレジットカードをできる限り使う


マイルを貯めるクレジットカードを作成したら、あとはそのクレジットカードをできる限り利用することです。

普段の買い物やネットショッピングで利用することはもちろん、公共料金や携帯電話の支払いにもクレジットカードを利用してどんどんマイルを貯めましょう。

例えば毎月10万円をANA VISAワイドゴールドカードで支払った場合、1ヵ月で1,720マイルが貯まりこれを1年続ければ20,640マイルが貯まる計算になります。

そうすれば余裕で東京⇔沖縄の航空券に交換できますので、毎年沖縄旅行に行く事も可能になります。
 

クレジットカードでマイルを貯めよう

このようにマイルを貯めると毎年旅行に行くことも夢ではありません。

早急にクレジットカードを作成しマイルを貯めていきましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費 20,000円(税別)
年間200万円以上のショッピング利用で次年10,000円(税別)
付帯サービス 海外空港ラウンジ「プライオリティ・パス」
国内空港ラウンジサービス
海外・国内旅行傷害保険
ショッピング保険
24時間365日対応のコンシェルジュサービス
マイル還元率 1.125%(JALマイル)
発行期間 最短3営業日後


PICKUP

カード

2020
02.05

カード

1110

2019
12.25

カード

956

2019
10.16

カード

1319

2019
09.04

カード

1275

2018
03.18

カード

2800

2018
03.05

カード

1652

もっと見る

お得に節約お金ニュース