民泊とホテルどっちがいい?民泊とホテルの違いを徹底比較

2019.06.102019.05.24

1532

民泊とホテルどっちがいい?民泊とホテルの違いを徹底比較

民泊と聞くと、地方へ旅行に行ったときに、自然豊かな村の景色を楽しんだあとは、一般家庭の部屋を借りて、寝泊まりするイメージを持っている人はいませんか?

以前は、民泊といえばそうでしたが、今では通常のホテルと動揺に、洗練された利便性の高いサービスが増えています。

そこで今回は、民泊がどういうサービスなのか、特徴やメリットを紹介し、ホテルとの違いを徹底比較していきます。

民泊とは?

民泊は、マンションや一戸建てなどの住宅施設を利用し、宿泊施設として運用するサービスのことです。

しかし、持ち主が住んでいる住宅施設の一部に、寝泊まりするわけではありません。

投資用として購入したマンション、海外へ移住など現在は住んでいない空き家の一戸建て住宅などを民泊として利用しているケースがほとんどです。

それでは、民泊がどういうものなのか、詳細を見ていきましょう。

民泊の特徴

所有する一戸建てやマンションを民泊として利用するには

 
「旅館業法の許可」
「国家戦略特区法の認定」
「住宅宿泊事業法の届出」

上記のいずれかが必要です。

これらがない住宅施設では、民泊としては認めてもらえません。

民泊は宿泊施設として建てられたものではないため、通常はホテルがない地域などでも、泊まれる施設が存在するなど、ホテルにはない利便性があります。

民泊のメリット

民泊の最大メリットは、何と言っても料金の安さです。

格安のカプセルホテルよりも、安く設定されている民泊があります。

長期滞在する場合、ホテルでは高くなってしまいますが、民泊にすることでかなり安くなるので、大変お得です。

その上、目的の場所近くにホテルがないときでも、民泊ならすぐ近くで見つかることもあります。

コンサートや演劇などで遠征する場合、ホテルがなかなか見つからないときに、民泊で探してみるのも1つの手です。

民泊の利用方法

実際に民泊を利用するには、民泊専門サイトで探すのが最適です。代表的なところをいくつか挙げてみます。

airbnb.jp‎」や「HomeAway」は海外向けの民泊が非常に多く掲載されていますので、海外旅行が多い人におすすめのサイトです。

逆に国内で探すなら、「Rakuten STAY」が良いでしょう。

国内で安く旅行したいときには最適です。
 
STAY JAPAN」は昔ながらの民泊を利用したい人向けとなっています。

農業を体験してみたい人、地方の暮らしをしてみたい人におすすめです。

民泊とホテルの違い

実際にホテルとの違いはあるのか、あるとすればどう違うのかを徹底的に比較してみましょう。

立地場所に着いて

ホテルは各都市の主要駅近くに存在することがほとんどです。

まれに辺境の地にあるペンションや、秘境の地にある温泉宿もありますが、ほとんどは人が集まりやすい場所に建てられています。

民泊はもともと一般の人が住んでいたところ、もしくは投資用に購入した住宅施設がほとんどなので、設置場所は本当に各地によってさまざまです。

大都市の主要駅近くもあれば、地方の無人駅近くもあったりと、さまざまな場所で利用できます。

料金の徹底比較

ホテルは1室の料金✕泊数した金額に、税金やサービス料が加算されます。

そして、民泊の場合は1室の料金✕泊数したものに、清掃料・手配手数料(泊数により変動あり)が加算されます。

大人3人で同レベルの宿泊施設を見てみましょう。

「Rakuten STAY」で大阪市で検索して出た宿泊施設は、

大人5名の場合

 
2019年5月27日から2泊
部屋代:36,400円(清掃料・手配手数料込み)
1人あたり:7,280円

アメニティやWi-Fiなど、とにかく設備が充実していて、部屋もきれいで新しいのが特徴の民泊です。

続いてホテルですが、最もレベルが近い、新大阪駅近くアパホテルを参照しています。

大人2名の場合

 
2019年5月27日から2泊
部屋代:27780円
1人あたり:13,890円

ホテルは1~2人用の部屋しかないことが多く、大人数では2部屋以上が必要になります。

民泊は大人数に対応した部屋が多いため、大人数で行く場合は、民泊がかなりお得です。

設備&備品

ほとんどのホテルでは、アメニティグッズやタオル、寝具、Wi-Fiなど、かなり充実しています。

民泊もだいたいの宿泊施設では、ホテル並みに充実していますが、まれに最低限の備品しか置いていないケースもあるので、事前の確認が必要です。

よく確認しておかないと、行ったときに必要なものがなくて困ることもあります。

注意しましょう。

民泊で節約して旅行内容を充実させよう!

民泊の特徴やホテルとの違いを解説しました。

大人数で連泊する場合は、民泊の方が断然お得ですね。

ホテル並みにきれいな施設が、安い料金で泊まれます。

宿泊料金を節約し、余ったお金で滞在中の遊ぶ方にお金を掛けるのもおすすめです。

まだ利用したことがない人は、ぜひ試してみてください。

PICKUP

ライフ

2020
03.20

ライフ

8719

2020
03.16

ライフ

8944

2020
03.13

ライフ

8956

2020
03.09

ライフ

8775

2020
03.06

ライフ

8946

2020
03.02

ライフ

9177

もっと見る

お得に節約お金ニュース