2018.02.282018.09.05

275

人気自動車保険を比較してわかった!おすすめランキングは?

人気自動車保険を比較してわかった!おすすめランキングは?

きちんと自動車保険を見直したら、安くなるかもしれません。

でも、安い自動車保険だと、ロードサービスや事故対応が悪くなってしまうのでは?と心配になりますよね。

安心してください。料金もロードサービス・事故対応も満足できるような自動車保険会社があります

今回はそんな、安くて質のいい自動車保険会社を比較して、ランキングにしてみました。

自動車保険の更新が迫っている人は、安い自動車保険に見直して、家計を助けましょう。

ぜひ参考にしてください。

自分に合った自動車保険を選んで料金を抑える。


結論から言うと、自動車保険会社を変更することで、年間25,000円も自動車保険料を抑えられるかもしれません。

自分に合った自動車保険を比較して、より安く、サービスの充実した自動車保険を選んでいきましょう。

20社以上の保険会社から自分にピッタリの1社を選ぼう!

自動車保険会社の数は、ソニー損保やアクサダイレクトをはじめ、20社以上。

その中で、各自動車保険会社によって、「料金・事故対応力・ロードサービス」など保険内容が少しずつ違っています。

さらに、それぞれの保険会社の得意とするサービスも異なっているんです。

そのため、その20社以上の自動車保険会社から自分の使い方にマッチした保険会社を選ぶ必要があります

料金を比較するために自動車保険会社に見積もりを出そう!

自動車保険の料金は、人によって異なるため、自動車保険会社に見積もりを出してみましょう。

見積もりサービスは、現在乗っている車の種類や保険会社、事故の経歴などを入力することであなたにあった自動車保険のプランをシミュレーションしてくれます。

このように各社でシミュレーションすることで、あなたが使っている保険よりも安いプランがある会社があるかもしれません

ロードサービスや事故対応が充実している保険会社を選ぼう!

料金の安さだけで自動車保険を選んでしまうと、サービスの質が落ちてしまうかもしれません。

自動車保険を選ぶために必須なのが、

  • ロードサービス
  • 事故対応力

この2つです。

保険会社によって、ロードサービスの内容や事故対応力が異なります。

もし、事故をしてしまったときに「 保険会社になかなか電話がつながらない…。」「保険適用外だった…。」となってしまっては保険に入っている意味がありません。

保険会社を上では、しっかりと確認するべき項目となっています。

【人気自動車保険6社】実際に比較してみよう!

ここからは必須となる「料金・事故対応力・ロードサービス」の3点から実際に自動車保険会社を比較していきましょう。

今回は、人気の自動車保険会社6社を比較してみました。

比較した結果、総合ランキングは以下の通りです。

また、今回はこのような人を基準として、比較しました。

(1)自動車保険料【比較&人気ランキング】

保険料の比較では、上記の基準をもとに実際に見積もりを出してみて、算出しました。

料金だけでいうと、チューリッヒが一番安い結果となりました。
セゾンおとなの保険と比べると年間で1万円以上の差があります。

(2)ロードサービス【比較&人気ランキング】

ロードサービスは、車で外出したり、旅行に行ったときにトラブルが起きてしまった時の補償です。

保険会社によって補償される範囲や料金が違うので要チェック!

ロードサービスの比較では、下の表を見るとわかりやすいです。

ロードサービスの比較では、ソニー損保がランキング1位となりました。

各自動車保険会社ともに、バッテリーあがりやパンクなどの車両トラブルへの補償はほとんど変わりません。

しかし、細かく項目を見ていくと、宿泊費用の負担や脱輪、落輪の補償で大きな差が出ています

また、保険会社によっては、雪道でスタックしたときは補償外となっているなど、車の使い方や走行環境によって考慮しなければいけない項目が違うので注意しましょう。

(3)事故対応力【比較&人気ランキング】

事故対応力は、実際に保険会社を利用するまでは、非常にわかりにくい項目です。

今回は、顧客満足度の調査を専門機関としているJ.D.Powerの事故対応満足度調査から比較してみました。

2017年の事故対応満足度調査では、チューリッヒがランキング1位となっています。

事故をしてしまった時のオペレーターの対応や、事故後の経過報告がしっかりしている保険会社が、事故対応力の満足度ランキングで上位に入っています。

事故が起きてしまった際は、誰もが混乱している状況ですので、なるべく事故対応満足度の高い保険会社を選択するほうがいいでしょう。

注意!車種や年齢によって自動車保険は変わる


上記の比較表では、34歳の男性を基準として比較しましたが、すべての人に当てはまるわけではありません。

なぜなら、

  • 年齢
  • どんな車に乗っているのか?(車種や型式など)
  • 事故経歴があるのか?
  • 妻と共同で使う車なのか?
  • 車を使う用途(通勤のみ、レジャー併用など)

などの条件や、車の使い方・ドライバーの経歴によって最安の自動車保険は変わってきます。

たとえば、21歳男性と57歳男性の料金表をご覧ください。

34歳男性の条件では一番料金が安かったチューリッヒが、21歳男性の場合に2位、57歳男性の場合には4位になっています。

  • 21歳男性の場合

21歳男性の場合は、1位がSBI損保、2位がチューリッヒと順位が変動しています。

また、ソニー損保も34歳と比べると1万円以上高くなっているのです。

  • 57歳男性の場合

57歳男性の場合は、チューリッヒが4位とさらにランキングが落ちています。

このように、年齢や車の使い方によって、一番安い保険会社が変動していることがわかるでしょうか。

そのため、ここまですべてを考慮して、安くて、サービスの充実した自動車保険会社を選ぶことは、はっきり言って個人では困難です。

でも、「どうしても安くて、サービス内容の良い自動車保険を選びたい!!」
という人は、自動車保険一括比較サイトを利用するのいいでしょう。

自分に合った自動車保険を見つけるなら、無料一括比較サービスがおすすめ!

本当に安くて、サービス内容の良い自動車保険会社を見つけるなら、一括比較サイトを利用するのが良いでしょう。

一括比較サイトは、たった1度の入力(年齢、車両番号、免許証の種類、使用目的など)で複数の保険会社を比較してくれるサービスです。

20社以上に1つずつ見積もりをお願いすることなく、1度の申し込みで一気に見積もりをお願いできるので、非常に役立ちます。

今までよりも自動車保険の料金が安くて、サービスの充実した保険会社を見つけるなら、一括比較サイトを利用するほうがいいでしょう

おすすめの無料一括比較サイトはコレ!

一括比較サイトを選ぶなら、以下のサイトがおすすめです。

リアルタイムで結果が知れる「インズウェブ」で無料一括比較

すぐに比較した結果が知りたい!という人は、「保険の窓口 インズウェブ」がおすすめです。

保険の窓口 インズウェブ」では、最大20社を一括で比較してもらうことができ、最短で5分で結果を見ることができます。

スマホやPCの画面に各社の見積もりをリアルタイム表示してくれるので、書類で見る必要がないのもポイントです。

入力も一度でいいので、とても便利なサービスになっています。

口コミ:32歳男性,神奈川県在住

 

子供が出来たので自動車を購入し、ローンで購入したので月々の費用を安く抑えたいと思い今回利用しました。
ディーラーでは保険会社を選べなかったけど、インズウェブでは複数社から見積りが取れて、安い保険会社を選べました!ただ、保険会社との契約にあたっては、自分でしなければいけない事もありましたが、自分でやるだけ安くなると思い納得しました。
ディーラーに任せてるだけでは、安くはならなかったですね。

引用:保険の窓口 インズウェブ

口コミ:48歳男性,愛知県在住

 

友人から車にかかる費用が安くなるとインズウェブを教えてもらいました。
実際に使ってみたら、年間3万円程度安くなる見積りを出してきた保険会社があり、今まで何十年も払っていたお金が一体何だったのかと、怒りを通り越して呆れてしまいました。
安くなった分どこかに旅行に行こうと思います。ありがとうございました。

引用:保険の窓口 インズウェブ


一括見積もりができる保険会社

三井ダイレクト、そんぽ24、アクサダイレクト、イーデザイン、セコム、セゾン、ソニー損保、チューリッヒ、SBI損害、朝日火災、共栄火災、あいおいニッセイ、東京海上、三井住友海上、AIG、Chubb損害、損害保険ジャパン、日新火災、SBIマネープラザ、ライズ・パートナーズ

書類でもらえる「保険スクエアbang! 自動車保険」で無料一括比較

自動車保険の見積もりを書類で一括比較をしたいなら

保険スクエアbang!」がおすすめです。

保険スクエアbang!」では、16社の保険会社を比較してもらえ、各社を比較、見積もりの結果をメールか、郵送で送ってもらえるサービスです。

保険の比較に必要な条件の車の情報や保証内容、年齢などの記入が1回で済むので自分で記入する手間を省くことができます。

無料で自動車保険を比較してもらえるのも嬉しいポイントです。

口コミ:35歳男性,東京都在住

 

どこの保険会社も同じだろうと決め付けていましたが、一括見積もりをして比較した結果、数万円も安くなりました。

引用:保険スクエアbang!

口コミ:30歳女性,大阪府在住

 

今回は現在加入している保険内容と同条件で、保険料を下げる事が課題でしたので、結果にとても満足しています。

引用:保険スクエアbang!


一括見積もりができる保険会社

イーデザイン、ソニー損保、三井ダイレクト、アクサダイレクト、チューリッヒ、あいおいニッセイ、朝日火災、AIG損保、SBI損保、共済火災、セコム、セゾン、損保ジャパン、そんぽ24、東京海上、三井住友海上か、全労災

バイクの保険なら「ズバット バイク保険比較」で無料一括比較

バイクの保険会社を探している人は、「ズバット バイク保険比較」がおすすめ!

ズバット バイク保険比較」では、

  • アクサダイレクト
  • 共栄火災
  • 三井ダイレクト
  • チューリッヒ

の4社のバイク保険を比較することができます。

なにかと心配の多いバイク保険は、より満足度が高く、料金も安い保険会社を選びたいです。

自分にあった保険会社を見つけて、毎月の保険料を抑えましょう。

ぜひ、試してみてください。

プレゼントキャンペーンのある見積もりサービスを利用するのもおすすめ!

自動車保険会社の中には、見積もりをすることでプレゼントがもらえるキャンペーンを行っている会社もあります。

しかし、プレゼントキャンペーンと言っても、もらえるものは図書券500円分やお米1kg(500円相当)など、そこまで魅力的なキャンペーンは行われていません

ちょっとしたプレゼントは嬉しいですが、それよりも手間なくお得な自動車保険を比較できる一括見積もりサービスを利用することをおすすめします。

【補足】1日保険の比較

実家への帰省などで親の車を借りるといったときや友達同士で交代で運転しながら旅行に行くときに便利なのが1日自動車保険。

ワンコインで通常の自動車保険同様のサービスを受けられるので、いざという時に安心です。

1日自動車保険を取り扱っている会社は、現在3社。

以下の表をご覧ください。


料金と補償内容はほとんど同じ!

表を見てもらってもわかるように、3社とも料金と補償内容はほとんど同じです。

なので、どの会社の1日保険に入っても同じような補償が受けられます。

ただし、以下の3点。

  • 手荷物の補償
  • 指定被保険者
  • 支払い方法

この3点で少し変わってくるので注意しましょう。

手荷物の補償があるのは「ちょいのり保険」だけ!

「車の中に入っている大事な荷物にも補償が欲しい!」という人は、「ちょいのり保険」を選びましょう。

大事な借り物の荷物を運ぶといったときに、最大で10万円の補償を受けることができます。

料金は1800円と少し高くなってしまいますが、もしもの時に安心です。

ちょいのり保険

交代で運転するなら「1DAY保険」か「ワンデーサポーター」

大学生など、車を交代で運転しながら旅行に行く時は、指定被保険者のサービスがある1日保険がおすすめ

1度の申し込みで複数人の保険が申し込めるのでとても便利です。

料金は人数分必要ですが、各自で保険に申し込む手間が省けるので、指定被保険者のサービスがある1日保険を選ぶのがいいでしょう。

1DAY保険
ワンデーサポーター

支払い方法は基本的にキャリア決済

1日保険の支払い方法は、基本的にdocomoやau、Softbankなどのスマホと一緒にキャリア決済での支払いです。

しかし、どうしても現金で支払いたい!という人は、「1DAY保険」のみセブンイレブンでの現金支払いに対応しています

セブンイレブンのマルチコピー機で簡単に手続きでき、お金はレジで支払うだけなので簡単です。

1DAY保険

知っておきたい!自動車保険に必要な8つの知識

ダイレクト型(ネット契約)と代理店型なにが違う?

ズバリ、ダイレクト型は保険の料金が安いです。

上の図のように、代理店を通して行われていた保険契約がネットで直接契約できるので、人件費が減ります。

そのため、代理店を通すよりも安く自動車保険を契約できるということです。

また、ダイレクト型自動車保険ならではの割引などもあるので、ぜひ利用してみてください。

自動車保険と自動車共済の違いは?

自動車共済と自動車保険は、利用者にはさほど違いはありません

自動車保険のシステムが違いますが、受けられるロードサービスや補償などは一緒です。

ただし、自動車共済は、パッケージ商品が多いのであまり融通が効きません。

そのため、自分の車の使い方や地域に合わせた補償が欲しいのであれば、カスタマイズできる自動車保険のほうがおすすめ

等級制度ってなに?


簡単に言うと、事故を起こさないほど、保険料が安くなる仕組みのこと。

一般的に、各保険会社で同じような等級制度を設けています。

1等級~20等級まであり、はじめは6等級からのスタートです。

事故をしなければしないほど等級が上がっていき、その分、割引額が増えるので保険料が安くなります

等級制度

 

  • 等級制度は事故歴に応じて保険料を割引・割増する制度。
  • 等級は1~20の20段階で、通常6等級からのスタート。
  • 保険期間1年間で保険を使った事故がなければ次年度に等級が1つ上がる。
  • 等級が高いほど、割引率が大きくなり、保険料が安くなる。

自動車保険を見直すタイミングは?

自動車保険を見直すタイミングは、今入っている保険の満期日の3か月前から見直すことが望ましいです。

その理由として、各保険会社は保険開始日の3か月前から手続きを受け付けてくれます。

なので、保険開始日の3か月前から、自分に合った保険会社を探していきましょう。

自動車保険を乗り換えるにはどうしたらいい?

自動車保険を乗り換えるには、保険開始日の3か月前から申し込みを始めましょう。

webページで申し込みをする場合は、専用ページの指示に従って、必要な項目を入力していくだけなので簡単です。

また、代理店で契約する際は、保険会社のスタッフの指示に従うことで簡単に乗り換えることができます。

等級の引継ぎに注意!
自動車保険を乗り換えるときは、今まで利用していた保険会社の等級も引き継ぐことができます。

ただし、自動車共済に加入していた場合は、等級の判定が他と異なる場合があります。

その際は、乗り換える先の保険会社の等級制度について確認しておきましょう。

自動車保険の見積もりに必要なものはなに?

自動車保険の見積もりに必要なものは、以下の3点です。

  • 車検証
  • 運転免許証
  • 自動車保険の保険証(加入している場合)

この3点があれば、自動車保険の見積もりを行うことができます。

ネットじゃ心配だから、店舗に電話で相談したいんだけど?

自動車保険の一括見積りの電話申し込みを行っている会社は、ありません。

「楽天の保険比較」では、各保険会社ごとに電話申し込みを受けていますが、普通に保険会社に電話するのと同じなので、あまり意味がないです。

事業用自動車の自動車保険はどれがおすすめ?

事業用の自動車保険を探している人は、「はたらくクルマの自動車保険」がおすすめ!

「はたらくクルマの自動車保険」は、急な車のトラブルにも対応してくれ、ロードサービスが充実しています。

保険加入の証明書も即日発行してもらえる点も嬉しいポイントです。


まとめ

自動車保険を比較するには、「料金・ロードサービス・事故対応力」の3つに注目。

ただし、年齢や車の使い方、事故経歴などで料金が変わってしまうので、実際に見積もりを出してみるまで分かりません。

本当に安くて、サービスの充実した自動車保険を選びたいなら、一括比較サービスを利用してみるのがいいでしょう。

どうしても必要な自動車保険を見直すことで、少しでも家計の節約に繋げましょう。

PICKUP

保険

2018
07.23

保険

46

2018
07.10

保険

70

2018
07.03

保険

50

2018
06.21

保険

40

2018
06.20

保険

53

2018
03.20

保険

159

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース