ネット銀行のメリット・デメリット、普通の銀行との違いとは?

2019.07.102019.06.22

517

ネット銀行のメリット・デメリット、普通の銀行との違いとは?

リアル店舗を持つ普通の銀行と、ネット上のみで実店舗がないネット銀行があります。

ネット銀行を利用したことがない人には、実店舗がないのはどうなのかと不安に思うのではないでしょうか。

そこで、ネット銀行のメリット・デメリットと、普通の銀行との違いはどこなのかを解説しますので、さっそく見ていきましょう。

ネット銀行のメリット

ここではネット銀行を利用するメリットについて説明します。

ネット銀行の良さを知りたい人は参考にしてください。

手数料関連が格安・無料に

実店舗の人件費がない分、ATMや振込みの手数料に関してはだいたい無料か、もしくは格安に設定されています。
 
一部のネット銀行では、他行宛振込手数料を一定回数、無料にしているところがあり、通常なら1回につき、200~400円掛かるので、かなりの節約です。

メルカリやヤフオクなどで、他行宛振込を頻繁に利用する人にとっては、他行宛振込手数料はかなりの痛手なので、ネット銀行を上手に利用しましょう。

金利が有利に設定されている

ネット銀行は余計な経費が掛からない分、金利が高く設定されています。

金利の高い銀行1位に輝いた「SBJ銀行」は、金額に限定することなく高金利です。

定期的に実施される特別金利キャンペーンでは、1年定期で0.35%2年で0.40%と、非常に高い金利が設定されています。

さらに、SBJ銀行は少ないですが、実店舗もあるので、インターネットが使えない人は、近くにSBJ銀行店舗があれば、窓口で申し込み可能です。

続いて金利が高いのはイオン銀行です。

こちらはネット銀行がメインですが、全国のイオン系列店内に実店舗もあります。

普通預金でプラチナステージとなると、0.15%の金利です。

普通預金で0.15%は非常に高い金利となります。

 

窓口へ行く必要なし

普通の銀行では、氏名変更や印鑑変更など、大切な手続きは窓口に行ってしなければなりません。

住所や連絡先変更などは、インターネットバンキングを使えば問題ないのですが、重要な手続きに関しては、オンラインでは手続き不可です。

その点、ネット銀行ではすべての手続きがオンライン上で行えます。

自宅や会社からは遠いのも難点ですが、それよりも会社勤めをしている人にとって、平日にしか手続きができないのは非常に不便です。

ネット銀行はそれらすべてをクリアしてくれるのが、最大のメリットだと言えます。

 

ネット銀行のデメリット


つづいて、ネット銀行のデメリットについて見ていきましょう。

パソコンやスマホが苦手な人には不便

パソコンやスマホなど、電化製品全般が得意ではない人もいます。

インターネットを見るくらいならできても、手続きなどは難しくて手が出ないという人もいるでしょう。

とくにパソコンを持っていなくて、スマホのみという人は、スマホの小さい画面で操作すること自体、敷居が高いと感じる人もいます。

どこをどうタップして、どうやって良いのかわからなくても、気軽に聞ける窓口がないというのが難点です。

サポートセンターで聞くこともできますが、混んでいてなかなかつながりにくいというのも現実にあります。

サービスによっては引き落とし不可の場合も

公共料金の引き落としに設定しようとして、ネット銀行が使えないこと、多々あります。

あとは税金関連の振込、引き落としなども設定できません。

フリーランスをしている人ならわかると思いますが、確定申告の還付金にはネット銀行口座は使えないです。

ほかに、IDパスワード設定が複雑な点も挙げられます。

セキュリティ強化のため、やむを得ないのですが、ワンタイムパスワードの手続きが必要なので、設定が面倒という点もデメリットかもしれません。

普通銀行との違い

普通の銀行とネット銀行は何が、どう違うのか、明確になっている部分をまとめてみます。

通帳の有無

双方にキャッシュカードはありますが、ネット銀行には通帳はありません

なので、通帳記入をせず、残高確認や入出金項目を確認するには、オンライン上で確認します。

その都度、通帳記入することなく、過去の情報を見られるのはとても便利です。

各自でセキュリティ管理

普通の銀行でも、不用意にパスワードの管理を怠らないなどの注意は必要ですが、パソコンやスマホで取引する際には、各自でセキュリティ強化が必要です。

パソコンだけではなくスマホにも、何らかのセキュリティソフトをインストールしておくなどで、対策をしておきましょう。

 

ネット銀行でスマートにマネーライフを!

ネット銀行のメリット、デメリットについて解説しました。

デメリットよりもメリットの方が大きいですね。

通帳記入や手続きのわずらわしさを考えればネット銀行ですが、税金や公共料金などはまだまだメガバンクが手放せません。

ただ、普通の銀行でもインターネットバンキングがありますので、どうしても必要なときだけ窓口を利用し、あとはネット銀行と同等の使い方もできます。

普通の銀行とネット銀行、両方のメリットを利用していきましょう。

PICKUP

PR2019
02.08

ライフ

2031

PR2019
02.01

その他

14997

PR2018
12.12

売る

67082

PR2018
12.05

売る

58957

PR2018
02.27

保険

46397

節税

2019
10.07

節税

196

2019
08.28

節税

336

2019
03.25

節税

972

2019
03.20

節税

970

2019
03.06

節税

832

2019
03.04

節税

734

もっと見る

お得に節約お金ニュース