駐車場代を節約|パーキングの値段だって比較する時代

2019.12.272019.12.16

688

駐車場代を節約|パーキングの値段だって比較する時代

駐車料金を気にせず、空いている駐車場なら、どこでもいいから停めていたという経験はありませんか?

駐車場サービスでは各社お得なサービスを提供しているため、駐車料金をしっかり把握してから利用しないとかなり損です。

そこで、人気の高い有名な駐車場サービス3社について、サービス内容や使い方を紹介し徹底比較していきます。

割安料金で停められる駐車場を探しているときは、下記を参考にしてください。

アプリで探しやすい「PPPark!」

「PPPark!」は、スマホやタブレット、パソコンで、最も安いコインパーキングを探せる駐車場検索サービスです。

「PPPark!」のサービス内容や使い方を詳しく見ていきましょう。

サービス内容

日付と停める時間を設定し、そのときに一番安いコインパーキングを探してくれます。

コインパーキングは日時やタイミングによっては、価格が変動するため、あらかじめ指定した日付で料金が比較できるのはとても便利です。

最大時間料金の設定も出ているため、長時間停めたい場合に安心して利用できます。

料金は土日や平日での違いや、割引料金適用後の料金で表示されるため、最も安いコインパーキングが検索可能です。

また、ナビアプリと連動しているため、駐車場の場所までスムーズに移動できます。

全国6万カ所をカバーしており、出張先や旅行先でも使えるので、いざというときに便利です。

営業時間や住所、停められる台数、停められない時間などの注意ポイントなど、利用するときに便利な情報が掲載されています。

連日停めた場合の料金も出るので、日をまたいで利用する場合でも安心です。

「PPPark!」の使い方

アプリを起動させたあと、停めたい日付と時間を入力します。

それから、何時間利用するのか、30分きざみで設定してください。

そのあと、「料金検索」をタップすると、東京都全体の情報がランキング形式で表示されます。

目的地を細かく指定したい場合は地名が出ている部分をタップし、都道府県から設定し直していきます。

それから再度、「料金検索」をタップすれば、指定し直した設定で検索結果が表示されるので、表示された中から気になる情報を参照してください。

定期契約も可能な「Times」

「Times」は、駐車場サービス全般を提供している業界大手の「タイムズ24株式会社」が運営しているサービスです。

「Times」の詳しいサービス内容や使い方を見ていきましょう。

サービス内容

検索できるのは、全国にある数多くの「Times」が管轄するコインパーキングのみですが、オーナー制なので同じ「Times」でも、駐車料金は違います。

そのため、目的地に近い場所に何件も「Times」のコインパーキングが存在しますが、その中から一番安いところが見つかるという仕組みです。

検索は3種類で、目的地の名称や場所の名前などを入れるキーワード検索や、現在地から検索、都道府県を選択して検索があります。

お得な定期契約もあるので、出張で長期利用をしたいときに便利です。

また、支払った駐車場料金100円に応じて1ポイントが貯まり、そのポイントで駐車場料金が支払えます。

「Times」の使い方

アプリをダウンロード&インストールし、起動させたあと、会員登録が求められます。

会員登録をしておくと、検索情報を保存できたり、タイムズポイントの確認ができるなど、便利な機能が満載です。

検索条件を入力したあと、検索結果が表示されたマップが出ます。

マップ内にある「Times」マークをタップし、料金などの情報を確認してください。

さらに絞り込み機能で、最大料金ありのコインパーキングのみを調べたり、24時間入出庫可能など、こだわりの条件で探せます。

気になる場所を特定したあとは、料金シミュレーションシステムを使い、全部でいくらなのかを計算してください。

料金比較や予約もできる「Navitime」

「Navitime」は、全国にある駐車場を探せるサービスです。

スマホ・タブレット、パソコンどれでも使えます。

「Navitime」のサービス内容と使い方について、詳しく見てみましょう。

サービス内容

「Navitime」は電車やバスなどの公共交通機関や宿泊施設、周囲の道路状況など、さまざまな移動手段について検索できる便利なサービスです。

トータルナビとして、家を出てから目的地まで、すべてを快適に移動するための情報が詰まっています。

その一環として、駐車場検索サービスが付いており、使いやすい検索機能で目的の駐車場を簡単に探せるのが魅力です。

会員登録は無料と有料があります。

しかし、駐車場検索の利用だけなら、無料で十分です。

また、パソコン版では駐車場の予約もできます。

「Navitime」の使い方

アプリを起動させたあと、目的地などの情報を入力し検索して使います。

5分毎に更新されるため、停める間際に検索しても大丈夫です。

満車か空車がひと目でわかるうえ、利用状況や支払い方法、収容台数など、細かい情報が参照できます。

お得な駐車料金を探して節約しよう

同じエリア内でも、駐車料金はかなりばらつきがあります。

何も考えずに適当に止めておくと、かなり損をするリスクが高いです。

紹介したサービスはどれも最安料金がわかりやすい検索システムとなっています。

駐車料金の安いところをしっかりと探して、節約につなげましょう。

関連記事 2019
05.10

使わずにはいられない!今話題のシェアリングサービスを一挙ご紹介

様々な場面で注目を集めている。 シェアリングサービスとは、車や服、ベビー用品や空き部屋などあらゆるモノを貸し借りするサービスです。 …

ライフ

469

PICKUP

PR2019
02.08

ライフ

3117

PR2019
02.01

その他

17368

PR2018
12.12

売る

125294

PR2018
12.05

売る

77124

PR2018
02.27

保険

57868

ライフ

2020
03.20

ライフ

5156

2020
03.16

ライフ

5227

2020
03.13

ライフ

5293

2020
03.09

ライフ

5278

2020
03.06

ライフ

5387

2020
03.02

ライフ

5557

もっと見る

お得に節約お金ニュース