【写真売買】普段の写真、旅行先で撮った写真でお小遣い稼ぎ

2019.09.062019.08.26

79

【写真売買】普段の写真、旅行先で撮った写真でお小遣い稼ぎ

スマホやパソコンに入っている写真が、結構な金額で売れるサイトがあるのを知っていますか?

写真を撮るのが好きな人なら、旅行やレジャー、何かの用事で出掛けたときに、何気なく撮った写真がたくさんあると思いますが、それが売れたらうれしいですよね。

今回はいろいろな写真が売れるサービスサイトを3つ紹介します。

写真をたくさん保存している、または普段写真をたくさん撮っているという人は、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

豊富な写真がそろう「PIXTA」

多くの写真素材を取り扱っている「PIXTA」では、写真を販売する人を積極的に募集しています。

プロ並みの腕を求めているわけではなく、あくまでも現在の需要に基づいての写真をピックアップしているため、誰にでもチャンスがあるわけです。

「こんな写真は買ってもらえないかも」と判断せず、まずは「PIXTA」に登録してみるところから始めましょう。

写真を売るために必要な手続き

最初に「PIXTA」へ会員登録するところからスタートです。

登録は無料で、本人確認書類の提出が必要です。

会員登録後は、ログインしたあとのマイページから、「入門講座・入門テスト」を受けてください。

入門講座では著作権関連の勉強を学び、そのあとに勉強した内容についての入門テストが行われます。

テストに合格したあとに写真のアップロードをしますが、手順は「マイページ→作品の登録→写真作品登録/イラスト作品登録」の順番で手続きしてください。

写真のアップロード終了後は、「PIXTA」にその写真を審査してもらい、結果が出るのを待ちます。

実際に販売するまでの流れ

審査に通った写真は、「PIXTA」に掲載され、いよいよ販売開始です。

そのあと、誰かが写真を買えば、「PIXTA」からメールで連絡が来て、獲得した金額が確認できます

1クレジット=108円となっており、10クレジット以上貯まったときに、現金に換金可能です。

収入アップが期待できるコミッション率システム

「PIXTA」にはクリエイターランクが存在し、過去1年間の販売実績により、ランクが上がっていきます

ランクは1~6まであり、

  • ランク1:0~149回
  • ランク2:150回以上
  • ランク3:500回以上
  • ランク4:1500回以上
  • ランク5:3000回以上
  • ランク6:5000回以上

の6つです。

それぞれに、『一般、独占、専属、人物専属』でコミッション率が変わります。

専属は「PIXTA」のみで販売することを指し、人物専属は「PIXTA」のみで販売し、さらに人物専門の写真を販売することが条件です。

独占は、「独占コンテンツ販売制度」を自分で設定した写真を指します。

「独占コンテンツ販売制度」を設定した写真は、通常よりも高いコミッション率で販売可能です。

ランク1の一般では22%ですが、「独占コンテンツ販売制度」に設定した写真では、30%になります。

Sサイト648円で売れた場合は、一般で142円、独占で194円です。

ランクがあがれば、それだけ高収入につながります。

世界規模の「SHUTTERSTOCK」

「SHUTTERSTOCK」は、世界中のユーザーが利用する世界規模の写真売買サイトです。

日本語完全対応のため、英語ができなくても、十分に使えます。

登録は無料ですし、とても簡単なので、迷っている人は、まずは登録するだけでも良いかもしれません。

機能性抜群の投稿ツール

アップロードした写真から、自動で判断し、推奨されるワード候補が出てくるので、それを選択するだけで最適なタグ付けができます。

検索ワードを設定するだけでも、非常に骨が折れる作業のため、このツールは大変便利です。

複数選択ツールもあり、複数の写真に一度に情報を載せることができるため、時間の短縮にもつながります。

アップロードした写真が現在審査待ちなのか公開済なのか、すぐにわかるステータス追跡機能ツールもとても使いやすいです。

高収入を得るための豊富な情報

他出品者や長年愛用しているユーザーからのお得な情報も満載で、いつでも好きなときに見て参考にできます。

おしゃれな写真満載の「SNAPMART」

センスが光るおしゃれな写真が特徴の「SNAPMART」では、写真を簡単に売れるアプリが非常に好評です。

スマホにアプリを入れておくだけで、スマホで撮った写真がすぐに販売できます

アプリからクオリティの高い写真撮影ができますし、アプリ内の出品ボタンから、簡単にアップロード可能です。

ユーザーランクと報酬・販売価格の設定

「SNAPMART」ではユーザーランクと、ランクに応じたメダルが獲得できるシステムがあります。

ユーザーランクは今までに出品した写真の枚数と、リクエスト回数、メダル獲得数に応じて、7段階に分かれており、報酬率は30%~60%です。

メダルは「本人確認書類の提出、出品写真が10枚以上売れる、編集部セレクションに選定される」など、細かく設定されており、ランクによって獲得枚数に変動があります。

メダルを多く獲得すればするほど、ランクもあがりやすくなるという仕組みです。

スマホに眠るお宝写真で稼ごう!

写真を販売できる便利なサイトを3つ紹介しました。

出掛けるときは、スマホを持ち歩くことが多いため、いつでもお金に換えられるすてきな写真を撮るチャンスです。

何が売れるかわからないため、とにかく少しでも気になる風景を見たら、写真を撮っておきましょう。

それが意外な収入源につながります。

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

PICKUP

PR2019
02.08

ライフ

1759

PR2019
02.01

その他

13958

PR2018
12.12

売る

53221

PR2018
12.05

売る

52979

PR2018
02.27

保険

33013

稼ぐ

2019
08.12

稼ぐ

157

2019
07.22

稼ぐ

286

2019
07.17

稼ぐ

275

2019
05.29

稼ぐ

500

2018
08.10

稼ぐ

1119

2018
08.02

稼ぐ

1213

もっと見る

お得に節約お金ニュース