2018.07.112018.08.01

28

どちらがお得?脱毛サロンvs自宅脱毛メリット&デメリットを総合比較!

どちらがお得?脱毛サロンvs自宅脱毛メリット&デメリットを総合比較!

年中ムダ毛と戦っていませんか?

自己処理の仕方によっては確実に肌ダメージを進行させている脱毛。

今では脱毛サロンに通って全身スッキリさせる人も増えました。

ずっと自己処理をしてきて脱毛サロンへ通うか、それともこれまで通り自己処理でいくか……。

そんな迷っている人のために、今回は脱毛サロンと自己処理脱毛のメリット&デメリットを総合比較してみました。

どちらがベタ―?脱毛するなら脱毛サロンそれとも自宅脱毛

衣替えをして腕や脚を多く出す服装になってくると決まって悩み出すのがムダ毛です。

ノースリーブを着るならワキのムダ毛も気になりますね。

「せめてその3か所のムダ毛だけでもなくなればいいのに……」と思っている人は多いのではないでしょうか?

現在脱毛サロンの数も増えて、20代女性を中心に通う人が多くなりました。

しかし脱毛サロンはお金がかかると思っている人たちが多く、自宅処理でカバーしようとする人がまだまだいるのが現状です。

自宅処理でのメリットもありますが、そこにはデメリットも存在しています。

自宅脱毛をずっとしてきた人にとっては脱毛サロンがどんなところでどんなメリット、デメリットがあるのかは未知の世界。

自宅脱毛との比較もしつつ、脱毛サロンについてもチェックしていきましょう。
 

痛みはほとんどなし!脱毛サロンはどんなところ?

文字通り脱毛の施術を専門に行なっているところです。

現在ある脱毛サロンには大きく2種類あり、顔を含め、VIOを含む全身脱毛、顔を含めず、VIOを含む全身脱毛があります。

VIOとはデリケートゾーンのことです。

脱毛サロンによっては部分脱毛も行なっているところがあります。

脱毛サロンで採用している脱毛器は光脱毛で、特殊な光をあてることで毛を弱らせ、最終的に生えにくくさせていく方法です。

残念ながら医療レーザー脱毛やニードル脱毛と違って半永久ではありませんが、痛みがほとんどなくかかる費用は医療レーザー脱毛よりグンと安く済ませることができます。

脱毛サロン通う頻度と効果の実感は?

個人差はあるもののだいたい12~18回脱毛サロンに通うと、剛毛以外の毛質であれば産毛程度の細さと薄さになれるのが脱毛サロンです。

契約回数終了後、最終的にどこまでムダ毛をなくしたいかは自分で決めることとなります。

脱毛サロンに通える頻度ですが、脱毛サロンが採用している脱毛器の種類と毛の生え変わる毛周期のWの関係から、脱毛サロンへ通う頻度はスタッフとの相談となります。

脱毛サロン気になる費用は?

脱毛サロンに対して費用のかかるイメージのある人は多いでしょう。

気になる費用はサロンによりけりで、回数無制限で30万円台~、運よくキャンペーン期間中に契約できれば条件付きではあるものの12回9万円台~のプランで契約できることがあります。

各脱毛サロンの公式HPをチェックしてみると月額料金の記載もあって、学生であっても手軽にスタートできるのも魅力的!
 

脱毛サロンのメリット&デメリットまとめ

脱毛サロンのメリットとは

  • 契約内容によってはリーズナブルな料金で通える
  • ムダ毛の目立たない状態にまでキレイになれる
  • プロによる脱毛でムラなく全身脱毛できる
  • 肌ダメージゼロに近い状態での脱毛を行なってもらえる
  • 自己処理しにくいVIO脱毛も行なってもらえる
  • 脱毛サロンでしか購入できないコスメ商品と出逢える
  • ただ脱毛して終わりではなく、保湿も充分に行なってもらえる
  • 無料でシェービングサービスを行なっている脱毛サロンもあり、VIOなど自分で上手くシェービングできないところのお手伝いをしてもらえる

脱毛サロンのデメリットとは

  • 契約回数によっては費用がかさむ
  • 予約の取りにくいことがある
  • 脱毛サロンによっては当日キャンセルで1回分の消費とみなされる
  • 脱毛サロンの店舗まで通う必要がある
  • 脱毛当日は必ず脱毛する箇所のムダ毛処理が必要
  • 脱毛サロンによってはシェービングサービス代金などを別途徴収するところがある
  • 1回の全身脱毛で90分程度の時間がかかる
  • 日焼けしたお肌への脱毛を行なわない脱毛サロンもある
  • お肌の弱い人や光アレルギーのある人は受けられないことが多い
  • 脱毛サロンで行なった脱毛後にかみそりなどで自己処理を行なうと振り出しに戻ってしまう

脱毛サロンのメリット&デメリットからわかったことまとめ

全ての脱毛サロンに共通している一番のメリットは痛みをほとんど伴わず、お肌にやさしい脱毛を行なってもらえる点にあります。

店舗へ一定期間通う必要があるものの確実にムダ毛から解放される日が近づくでしょう。

また脱毛サロンによってはシェービングサービス代金などで契約時の料金以外のコストがかかることがあります

契約時に安かったとしても結果的に高くつくケースもあるので、契約する前に他の費用がかかるかどうかなど事前に確認することが大切です。

公式HPにて気になる脱毛サロン情報をあらかじめ入手しておいてから、無料カウンセリングを受けたほうがいいでしょう。

おすすめは学割やその他キャンペーンがある銀座カラー

無料のカウンセリングの申込みは下記の公式サイトからできますよ。

お肌のこと考えてる?自宅脱毛の方法とは

自宅脱毛で使える脱毛ツールを確認!

自宅脱毛している人たちが使っている脱毛ツールにはどのようなものがあるのか、ここで再確認してみることにしましょう。

  • かみそり
  • シェーバー
  • 毛抜き
  • 家庭用脱毛器
  • 除毛クリーム
  • ワックス脱毛
  • ヒートカッター

以上のツールが自宅脱毛で使われることが多い主なツールです。

この中でかみそりと毛抜き、除毛クリーム、ワックス脱毛を頻繁に使っている場合には肌ダメージが心配です。

毛穴の中に埋もれている埋没毛や肌荒れ、色素沈着などお肌に見られませんか?

長年自宅にて肌負担の大きい脱毛を行なっていることで、確実にお肌を傷めてしまっています。

もし自宅脱毛するなら、肌負担が軽減されるシェーバーやヒートカッター、光やレーザーなどによって脱毛する家庭用脱毛器の利用をおすすめします。
 

自宅脱毛のメリット&デメリットまとめ

自宅脱毛のメリットとは

  • ムダ毛が気になったときにいつでも処理できる
  • 脱毛サロンとは違い、時間を気にすることなく脱毛できる

自宅脱毛のデメリットとは

  • 自己処理のツールによってはお肌にダメージを与えてしまう
  • 脱毛の仕方にムラが出やすい
  • 脱毛しにくい部分がどうしても出てくる
  • 半永久的にムダ毛と付き合っていかなければならない

自宅脱毛のメリット&デメリットからわかったことまとめ

自宅処理でよく利用している人も多いかみそりや毛抜き

使い続けることでお肌にダメージとなっていることは明らかです。

除毛クリームなどもムダ毛以外の皮膚部分にも塗ることで刺激となっています。

ずっとそんな自己処理を続けていけばお肌は悲鳴をあげることになってしまうでしょう。

いつでもどこでもできる自己処理なのですが、肌ダメージは深刻だということは認識していたほうがいいでしょう。
 

費用がかかるけれどお肌にやさしい!脱毛サロンでの脱毛がおすすめ

自宅での脱毛は手軽にいつでもできますが、使うツールによっては肌ダメージが心配です。

それでもこの先も自宅脱毛でムダ毛と一生付き合っていく選択肢を取りますか?

それとも一時的に費用はかかるものの、お肌にやさしい施術を受けられる脱毛サロンでプロの力と技術、最新のマシンによりムダ毛悩みから解放される選択肢を取りますか?

PICKUP

ライフ

2018
08.20

ライフ

14

2018
08.16

ライフ

397

2018
08.02

ライフ

47

2018
07.30

ライフ

29

2018
07.28

ライフ

22

2018
07.20

ライフ

29

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース