2019.03.132019.03.25

51

節約を見える化できるおすすめ家計簿アプリ5つ

節約を見える化できるおすすめ家計簿アプリ5つ

節約するために大切なことは、収支を認識しておくことです。

支出や収入を認識していないと、何にお金を使っているのか分からなくなり、貯金ができない、赤字になるといったことにつながります。

しかし、家計簿をつけるのは面倒くさい、収支の管理を続けられないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、スマートフォンにインストールするだけで、毎日簡単に収支を記録できる家計簿アプリを5つ紹介します。

Money Forward ME

Money Forward MEは、資産管理だけではなく家計簿としても収支を管理できるとして人気のアプリです。
 
2600行以上の銀行や、クレジットカード、電子マネーやポイントなどにも対応しており、自分が使用しているものと連動させることで、自動的に家計簿の項目へ記録してくれる点が特徴です。
 
アプリ版だけではなくウェブブラウザ版もあるため、パソコンにで管理したいという人も活用できるでしょう。
 
また、収支や支出をグラフ化してくれることで分かりやすく、引き落としや出金などがあればメールで通知されることによって、通帳記入などの手間もかからなくなります。
 
収支の入力は文字を打つのではなく、レシートを撮影することで読み込めることも魅力です。
 
家計簿アプリは様々な種類が配信されていますが、Money Forward MEは機能面に優れているといえます。
 
特に、家計簿を自動作成してくれるシステムについては非常に便利です。
 
クレジットカードで支払った場合、日用品や食品といったカテゴリー分けをすることに手間がかかりますが、自動で記録してくれるため家計簿をつける手間がかかりません。
 
ただし、現金で日用品と食料品を同時に購入した場合は、カテゴリーが1つになってしまうため、カテゴリーを分けたい際には自分で履歴を修正する必要があります。

 

zaim

Zaimは、カテゴリー設定を細かく変更できることが特徴です。
 
例えば、食費であれば昼食・朝食・食料など、細かくカテゴリーを分けられるため、どの食事にどの程度の金額を使っているのかを確認できます。
 
さらに、自分でカテゴリーを追加することも可能であり、オリジナルの節約方法にも活用できるでしょう。
 
また、レシート入力の際に、頻繁に登録されるお店の情報などをもとに特売情報も配信されます。
 
特売情報の配信はクックパッドと連携しているサービスであることも特徴で、広告を確認する必要はなく、家計簿を付けると同時に特売情報を確認できる点は非常にメリットが大きいでしょう。
 
さらに、パスワードやアカウント情報を共有していれば、家族も家計簿を確認できます。
 
家族それぞれが持つスマートフォンやパソコンから情報を入力できるため、レシートをまとめる必要もなく、それぞれ簡単に収支を入力・管理可能です。
 
zaimは、何を購入したかわからないレシートの表記でも、店名や住所からお店の情報をピックアップし、購入したものを判断しカテゴリー分けをします。

 

Fortune City

Fortune Cityは家計簿アプリとしての機能はもちろん、自分オリジナルの街づくりを楽しめるゲームの要素が盛り込まれていることが特徴です。
 
自分が作っている街がどの程度のランクにいるのか、ランキング機能で確認できたり、アプリの中ではフレンドを作れたりと楽しめます。
 
また、条件を満たすことでアチーブメントが発生するため、飽きずに続けられることも魅力です。
 
街を開発するだけではなく、現実世界で買い物に行った回数などで発生するアチーブメント、旅行の回数で達成となるものなどもあり、一般の家計簿アプリとは一味違う方法で収支を管理できます。

 

レシーピ!

レシーピ!は、累計300万ダウンロードを突破する人気の家計簿アプリです。
 
スマートフォンでレシートを撮影するだけで、自動的にレシートの内容を読み込んでくれるため、入力の手間がかかりません。
 
商品名はもちろん、電話番号や店舗の名前なども読み込まれるため、見直しの際にも非常に便利です。
 
入力された支出については、グラフ集計やカレンダーでもチェックでき、収支グラフ費用の内訳や店舗ごとの買い物をした回数、合計金額までまとめられます。
 
また、収支の管理をするだけでなく、貯蓄目標も設定できる点が特徴です。
 
目標金額と貯蓄達成までの期限を設定することで、毎月必要な貯蓄額を自動で算出し表示するため、毎月どの程度の金額を貯金に回せば良いのかが一目で分かります。
 
さらに、収入が大幅に上回った場合などは「貯金箱」というシステムで管理でき、どの程度貯金がたまっているのかも確認できるのです。
 
目標設定ができることでモチベーションアップにもなり、家計簿としての機能だけではなく貯金を成功させることにもつながるでしょう。

 

Moneytree

Moneytreeは、現在の銀行の残高や溜まっているポイント数などが分かり、保有している資産を合計した金額も表示されることが特徴です。
 
また、クレジットカードの明細も確認できるため、請求金額に不審な点があった場合や、クレジットカードを何に使用しているのかなども確認できます。
 
さらに、口座引き落としに設定している項目については、引き落とし日を通知するサービスも魅力です。
 
例えば、複数の口座で引き落としがある場合、銀行間の金銭の移動を忘れてしまうと残高不足で引き落としがされず、振り込みなどに手間がかかることもあります。
 
金融機関ごとに引き落とし日を通知するため、引き落とし残高不足などのトラブルを回避できるでしょう。

 

節約を見える化してモチベーションアップにつなげよう

家計簿アプリは、基本的に全てのサービスが無料で利用できます。

有料版へアップグレードしなければ必要な機能が使えない、家計簿として機能しないといったことはなく、手軽に利用できる点は魅力です。

スマートフォン1台で収支を確認できる家計簿アプリを利用し、節約や貯金に活用しましょう。

PICKUP

PR2019
03.18

ライフ

89

PR2019
02.08

その他

783

PR2019
02.01

その他

7028

PR2018
12.12

売る

20906

PR2018
12.05

売る

15895

PR2018
02.27

保険

1559

ライフ

2019
03.22

ライフ

10

2019
03.18

ライフ

89

2019
03.15

ライフ

37

2019
03.11

ライフ

60

2019
03.08

ライフ

42

2019
02.27

ライフ

55

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース