2018.07.102018.07.10

56

格安SIMに変更するうえでの注意点とは?

格安SIMに変更するうえでの注意点とは?

最近では格安SIMと大手携帯会社の2台持ちや、大手携帯会社から格安SIMに変更して月々のスマートフォン代を節約しようと考える方が増えてきましたよね。

しかし、勢いに乗せて格安SIMに移行してしまい失敗をしてしまった人も少なくありません。

格安SIMに変更する時は事前の準備が大切。

格安SIMに変更して後悔しないために、事前に変更するうえでの注意点を知っておきましょう。

↓下記のページで格安SIMの比較をしているので合わせてチェックしてみてください!

関連記事 2018
02.27

【激選6社】格安SIMを徹底解説!データ通信と音声通話の最安は?

携帯代を節約したいならがおすすめ! 格安SIMは、お得なキャンペーンを使えば、 「データ無制限:1,680円」、「通話対応無制限…

ライフ

16266

格安SIMってどうしてあんなに安いの?

格安SIMは、月々の通信料金が大手携帯会社の半分だったりと規格外の安さとなっています。

正直、なぜこんなに安いのか不安になり格安SIMに移行できない人もいるのではないでしょうか?

格安SIMと大手携帯会社では特別変わりはありませんが、格安にするために大きく2つ、異なる点が存在します。

  • キャリア回線をレンタルして使用している
  • オンラインでのやり取りがほとんど

スマートフォンはキャリア回線を通らなければ使用することはできません。

そのキャリア回線を大手携帯会社は1社ずつ独自で持っています。

独自で持っているという事は維持費等も独自で支払っているということです。

しかし、格安SIMはキャリア回線を所有していません

大手携帯会社からキャリア回線をレンタルし、スマートフォンを使用出来る様にしているのです。

また、契約や修理といったことも大手携帯会社では直接店舗で行う事ができますが、格安SIMは主は自分。

わからない時や修理の時はオンラインで問い合わせを行うしかありません

全て自分でする事は大変かもしれませんが、店舗が少なくオンラインで済ませる分、人件費が減るということはユーザーの料金負担が減り、格安へと繋がるのです。

大手携帯会社で行っているサービスを減らすことで格安が実現する、と考えるとわかりやすいかもしれませんね。
 

後悔しない為の注意点

勢いだけで大手携帯会社から格安SIMに変更して後悔したら意味がないですよね。

残念な結果にならないよう、格安SIMに変更する際のポイントをここで押さえておきましょう。

キャリアメールは使えない

格安SIMがキャリア回線をレンタルして使っているからといって、大手携帯会社で使用しているキャリアメールを引き継げる訳ではありません

では、キャリアメールが使えないとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

  • メールが届かない場合がある
  • サイトやアプリで引き継げない物が出てくる

 
迷惑メールが出回っている世の中なので、知らないアドレスをブロックしている人もいます。

そうなるとキャリアメールからフリーメールに変更した場合や、格安SIM独自のメールアドレスを使用して変更の連絡をした場合、ブロックをされて届かず連絡が取れないといった状態になってしまう可能性だってあるのです。

サイトやアプリもキャリアアドレスで登録していれば引き継ぎやログインができなくなったりと、今迄貯めたポイントがなくなってしまう可能性も出てくるのです。

では、どうしたら良いのでしょうか?

  • 事前にフリーメールを登録しておく

フリーメールのアドレスを作っておけば、格安SIMに移行する前にフリーメールのアドレスを周りの人に周知しておくことができます。

フリーメールはどのスマートフォンでも引き継げるので、事前にフリーメールに登録し直してトラブルを避けましょう

使えない機能が増える

格安な訳ですからサービスに問題が出るのはわからなくないかもしれませんが、大手携帯会社で使用していた機能が格安SIMでは使用できないことがあります

  • お財布ケータイ
  • ワンセグ
  • 赤外通信
  • 防水

代表的に上げる事が出来るのが上記の4つではないでしょうか。

お財布ケータイは学生さん等、お財布を忘れてしまった時のためにチャージして使っている人にとって、ないと困る機能です。

ワンセグや赤外通信も使う人にとっては無くなるのは不便ですよね。

そして何より格安SIM専用のスマートフォンは海外で作られている物が多いため、防水機能が付いていない物がほとんどです。

格安SIMに変更する前に知っておき、自分なりの対処法を見つけてみましょう。

契約に時間がかかる

大手携帯会社は店舗が多い分、店舗で契約し、即日スマートフォンを手にすることができます。

しかし、格安SIMの店舗は殆ど無いと言っていい程存在しません。

自分でネットを通じて注文し、自分で行わなければいけないのです。

本体を注文する所やSIMカードの発行の手続きも自分で行わなければなりません

それが届く迄の数日間、もしMNPで番号を移す手続きを行っていたらどうなるのでしょうか?
  • SIMカードが届くまでは使う事ができない
  • 数日スマートフォンが使えない期間が生まれる
MNPで申し込み番号を移すタイミングによっては、数日間スマートフォンが使えない状態になります。

Wi-Fi環境があれば通信は出来る可能性が残っていますが、通話は絶対に無理です。

格安SIMに変更するからとすぐにMNPで番号を移すのではなく、SIMカードが届いて手続きを出来る状態で移すようにしましょう

実はこれ、スマートフォンを変える際に意外とみんなが失敗しやすい所なので気を付けてくださいね。

まとめ

格安という言葉を聞くと1日でも早く飛びつきたい気持ちはわかりますが、格安SIMに移行する為の準備を入念に行わなければ、変えた事を後悔してしまう結果になってしまいます。

格安SIMに変更する前は、メールの変更、機能の確認、MNPのタイミングをきちんと理解し考えて変更することを強くおすすめします

PICKUP

PR2018
12.12

売る

15007

PR2018
12.12

ライフ

52

PR2018
12.12

ライフ

26975

PR2018
12.12

節税

65

PR2018
12.12

その他

222

PR2018
09.12

その他

10467

ライフ

2018
12.12

ライフ

222

2018
09.23

ライフ

43

2018
09.14

ライフ

140

2018
09.10

ライフ

76

2018
09.07

ライフ

68

2018
08.28

ライフ

76

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース