格安SIMにすると音声通話の音質は悪くなる?

2018.01.262018.03.08

1140

格安SIMにすると音声通話の音質は悪くなる?

格安SIMが安いからと格安SIMに変更する人の多くは、通話よりも、ネットやSNS、アプリ等の利用が多いからではないでしょうか?

ネットやSNSが主流の人であれば、通話の部分はあまり重要視されていないかもしれませんが、何事も良ければ良いに越した事はありません。

格安SIMを使用している人の中には、通話の音質が悪くて、困るという人が存在します。

いくら、重要視するのが通話で無くても、音質があまりに悪いと困りますよね。

本当に格安SIMは音質が悪いのでしょうか?

もし悪いのでしたら、それはなぜなのでしょうか?

格安SIMの通話の音質に着目してみましょう。

格安SIMとは?


格安SIMの仕組みをまずは知る事で、音声通話への影響も解決出来るかもしれませんね。

格安SIMは、大手携帯会社のキャリア回線を借りて、通話やネットを使用し、スマートフォンを所有出来る様になっています。

勿論、大手会社のキャリア回線を全ての格安SIMが借りて使用している訳では無く、大手会社のキャリア回線を使わずに適用している格安SIMもあり、その場合は、IP電話の様にインターネット回線を利用している形になります。

自分達でキャリア回線を持っていると、どうしても、設備投資や人件費にお金がかかってしまいますが、格安SIMは、大手会社のキャリア回線を借りているので、レンタル料だけで、設備投資や人件費が節約され、格安という金額でスマートフォンを使用する事が出来るのです。

 

通話の音質の状況


格安SIMの仕組みは理解出来たけれど、やはりこれでは、なぜ音声通話の音質に影響するのか分かりませんね。

本当に音質は悪くなりやすいのでしょうか?

音質は良好?

格安SIMは大手携帯会社のキャリア回線を借りて使っているので、実際は、大手携帯会社のスマートフォンを所有しているのと何も変わりません。

大手携帯会社のスマートフォンを所有しているのと何も変わらないという事は、音質も大手携帯会社と何も変わりません。

ただ、これは、docomoのキャリア回線を選択するのか、auのキャリア回線を使用するのかで変化があります。

docomoは基地局をauよりも多く所有しており、docomoはどこの携帯会社よりも1番電波が通ると言われています。

その為、同じ格安SIMのスマートフォンでも、docomoとauでは電波を受信する量が異なるので、電波が悪い所では音質が悪く感じてしまうかもしれませんが、これは格安SIMだけでは無く、大手携帯会社のスマートフォンを使用している方も同じ様に、電波が悪く音質が悪い場所という事になるだけです。

IP電話

050から始まる電話番号を見た事がありませんか?

通常の携帯電話であれば、090や080なのに、050は怪しい電話なのではないだろうかと思い、電話に出なかったという経験を持っている人はいませんか?

実は050でスタートする電話番号は、IP電話と言って、インターネット回線を利用している格安SIMなのです。

このIP電話は、格安SIMの中でも、ダントツ的に低価格で使える事が出来るのがポイントですが、実は、この格安SIMは音声通話の音質に非常に影響して来ます。

LINE電話や、SNSの無料電話を使って電話をした際に、声が遠くに聞こえたり、会話が切れてしまい、話しが聞こえづらかったりしませんか?

このSNSの無料電話は、インターネット回線を利用して通話をしているので、電話代が増える訳ではありません。

インターネットを利用しての通話になるので、インターネットのパケット通信料が上がる形になります。

これと同様で、IP電話は、インターネットの回線を利用して電話を行っているので、LINE電話やSNSでの電話程度しか、音質を得る事が出来ません。

一つ誤解しないで頂きたいのは、格安SIMのIP電話は、インターネット回線を利用してはいますが、無料電話とは異なり、電話代はかかるので、そこのポイントは間違えないでくださいね。

あくまで、普通の音声通話で、音質が悪くなってしまうという事です。

 

解決策


格安SIMは、大手会社のキャリア回線を使用している場合は、音質に影響がない事が分かりましたよね。

IP電話を使用している場合は音質に影響が出てしまうので大手会社のキャリア回線を持っている格安SIMに変更する事を強くオススメします。

050の番号は使用する事が出来なくなってしまいますが、CMでやっている格安SIMや、多くの格安SIMは殆どがdocomoやauのキャリア回線を借りているモノばかりです。

IP電話から普通のスマートフォンに変更しても格安SIMなので、金額もポンと跳ね上がる訳でもありません。

実はプラスになる事ばかりだったりします。

音声通話の音質を気にするだけであれば、IP電話から他の格安SIMに電話を変えるだけで、あなたのストレス、きっとスムーズに解決しますよ。

 

まとめ

結論から言うと、IP電話以外の格安SIMは、大手携帯会社のキャリア回線を借りて使用をしているので、大手携帯会社と変わらない音質という事が分かりましたね。

格安SIMで最高の音質を狙うのであれば、docomoのキャリア回線を選択する事で、圏外も少なく、音質も良い状態で通話が出来る事が出来ます。

これから、格安SIMを検討する人は、是非、docomoのキャリア回線を選択してみませんか?

↓下記のページで格安SIMの比較をしているのでチェックしてみてください!

関連記事 2018
02.27

【激選6社】格安SIMを徹底解説!データ通信と音声通話の最安は?

携帯代を節約したいならがおすすめ! 格安SIMは、お得なキャンペーンを使えば、 「データ無制限:1,680円」、「通話対応無制限…

ライフ

17538

PICKUP

ライフ

2020
03.20

ライフ

7887

2018
12.12

ライフ

4471

2018
09.23

ライフ

522

2018
09.14

ライフ

813

2018
09.10

ライフ

1726

2018
09.07

ライフ

489

もっと見る

お得に節約お金ニュース