2018.04.102018.04.11

73

仮想通貨に投資がしたい!取引所を選ぶポイントは?

仮想通貨に投資がしたい!取引所を選ぶポイントは?

仮想通貨の取引をスタートするには、取引所に口座を開設しなければなりません。

「なるほど、でも取引所っていろいろあるんでしょ?」

そのとおり、取引所は国内だけでもいくつもの数があります。

今回はどうやって取引所を選んだらいいか、そのポイントを見ていきましょう!

そもそも取引所って?

仮想通貨を手に入れる方法のひとつが、すでに保有している人から売ってもらうことです。

その場を用意してくれるのが取引所というわけですね。

仮想通貨を買いたい人は買い注文を出す。売りたい人は売り注文を出す。
 
両者の間で価格や数量といった条件が合えば、売買が成立します。
 
これが取引所の基本的な仕組みになります。

取引所には仮想通貨を売買するため、常に多くの人が集まっています。

インターネット上の取引所なので、それこそ24時間365日動いているのです。
 

取引所にはそれぞれ特徴がある

仮想通貨ユーザー同士、スムーズに売買させる。

取引所の役割はどこでも同じです。

しかし取引所によって、サービス内容に違いがあります

これから始める人は、まず代表的な取引所をピックアップして、どんな違いがあるのかを把握するのが大切です。

扱っている銘柄に違いがある

第一に抑えておくべきポイントは、取引所によって扱っている銘柄が違うことです。

国内の取引所で売買できる仮想通貨は、およそ20種類あります。

しかしひとつの取引所ですべての仮想通貨を扱っているわけではありません。

平均して5~10種類、少ないところで1~5種類、多いところでは10種類以上あります。

世界一の仮想通貨であるビットコインだと、どこでも取り扱いされていますが、中にはここでしか取引できないという銘柄もあるのです。

仮想通貨なら何でもいいという場合は別ですが、どの銘柄が欲しいのかあらかじめ決めている人は、それを扱っている取引所を選ぶことが先決になります。

手数料が違う

ユーザー同士の取引をはじめ、仮想通貨の口座間の移動、日本円の入出金など、取引所の利用にあたっては、いろいろと手数料がかかります。

これら手数料も、取引所によって違いが出てきます

同じ仮想通貨でも、すべての取引所で取引手数料や送金手数料が同じというわけではありません。

ですので自分の目的とする仮想通貨が、なるべく安くなる取引所を選ぶというのが基本になります。

日本円の入出金手数料については、特定の銀行口座を持っていると安くなるというケースがあります。

中には完全無料という取引所もあります。

利益が出たらすぐに日本円に変えて銀行口座に移したい人は、そうしたところを選ぶのがよさそうです。

また、取引すると逆に得する「マイナス手数料」を設定している取引所もあります。

それが適用されるのはきわめて限られた条件ですが、こういうサービスを狙ってみるのもよいでしょう。

スマホの対応状況をチェック

日中の外出が多い人は、家の外でも手軽に取引したり、相場をチェックしたいですよね。

その場合、取引所がスマホ対応しているかは重要な問題です。

  • ブラウザで使える
  • アプリで使える

両方とも対応している、ブラウザだけ対応している、アプリだけ対応している、どちらも対応していない、この4パターンがあります。

スマホの対応状況については、各取引所のウェブサイトに情報が載っていますから、口座開設の前に確認しておきましょう。
 

取引所とはちょっと違う販売所

仮想通貨の売買をできるところは、取引所の他に「販売所」があります。

便宜上、取引所と一緒に紹介されることも多いのですが、取引所と販売所は細かな部分で違いがあるのです。

仮想通貨の投資をするなら、この違いを把握することはとても重要なので、しっかり覚えておきましょう!

手数料がかかるけど簡単に購入できる

販売所はその名のとおり、仮想通貨が販売されています。

要するに普通のネットショップのような感覚で、仮想通貨を購入できるのです。

他のユーザーとのやりとりは一切ありません。

このため手続きがとてもシンプルで、欲しいと思ったときに購入できますし、日本円に換えたいときもすぐに売却できます。

取引所では取引成立までに時間がかかることがありますが、販売所ではそのような心配は皆無です。

ただしデメリットもあって、売買時に取引所よりも割高な手数料がかかります

手続きがシンプルになる代わりに、コストを払っているわけですね。

利益を取るか手間の少なさを取るか、どちらがいいとは一概には言えませんが、扱っている銘柄や手数料なども合わせて考えるのがよいでしょう。

取引所と販売所が併設しているところも

取引所にも販売所にも、それぞれにメリットがあります。

となれば、どちらも利用できれば便利そうですよね。

  • 取引所だけがある
  • 販売所だけがある
  • 取引所と販売所が併設している

この3つのタイプがあります。

3つめはそれだけ扱っている仮想通貨が多い傾向にありますので、幅広い投資を行いたいなら有力な選択肢になります。
 

海外にも取引所がある

国内だけで売買をしたいなら、ここまでで十分な判断材料になると思います。

しかし当然、取引所は海外にもあります。

そして海外の取引所は、もっと大きな可能性が広がっているのです!

日本では売買できない銘柄がたくさん

日本は今や仮想通貨大国と言える国ですが、海外でも仮想通貨の投資が盛んに行われています。

たとえば中国には世界最大級の取引所があります。

そして海外の取引所の特徴は、日本の取引所では扱われていない銘柄であふれているということです。

日本の取引所で売買できる仮想通貨は、すべて金融庁に認められたものです。

認められるには低くないハードルがあるため、それほど種類がありません。

しかし海外の取引所には、メジャーからマイナーまで数え切れないくらいの銘柄があります

今はたいした値がついていないけれど、いつか爆発的に価値が上がるかもしれない…そんな仮想通貨もあるかもしれません。

利用するにはちょっとハードルが高い

一攫千金、そんな夢が海外の取引所にはあるわけですが、実際に利用しようと思ったらちょっと大変です。

まず、日本語に対応しているところはごく少数です。これだけで、なかなかのハードルですよね。

そして何より日本円が使えません。

それどころか、海外の取引所は法定通貨(円やドルといった国家が発行するお金)に対応していないところも少なくありません。

ではどうやって売買するのかというと、別の取引所で購入しておいた仮想通貨を送付して、それを元手に取引するのです。

つまり海外の取引所を利用するには、事前に国内の取引所に口座を開設して、ある程度の仮想通貨を用意しておく必要があります。

なお、口座開設自体は国内の取引所よりも簡単なところが多く、必要なものはメールアドレスとパスワードだけというのも珍しくありません。

これは大きなメリットです。

ただしセキュリティをしっかりするためには、パスポートのコピーをアップして本人確認することになります。

パスポートを持っていない人は、まず作成するところから始めないといけません。
 

まずは国内の取引所で慣れよう

取引所を選ぶポイントは、いくつもあることを見てきました。

どれも大切なことなので、これを一番重要視するべし、というのはありません。

投資スタイルは人それぞれですから、それに合わせて選ぶのが大事です。

ただし、いきなり海外の取引所をメインに使うのはおすすめできません。

まずは国内の取引所で、十分に経験を積んでからにしましょう。

↓仮想通貨についてもっと詳しく知りたい方は下記のページもチェックしてみてください!

関連記事 2018
03.28

仮想通貨で稼ぎたい!初心者のために始め方やおすすめの通貨を紹介!

「仮想通貨を始めたいけど、何から始めればいいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。 そんな人のために、今回は仮想通貨の…

稼ぐ

191

続きを見る

PICKUP

稼ぐ

2018
05.01

稼ぐ

89

2018
04.25

稼ぐ

95

2018
04.23

稼ぐ

118

2018
04.22

稼ぐ

173

2018
04.20

稼ぐ

114

2018
04.19

稼ぐ

257

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース