2018.11.062018.11.02

58

旅行費用を徹底的に安く!マイルなどを活用して損せずに旅行を楽しむ5つのポイント

旅行費用を徹底的に安く!マイルなどを活用して損せずに旅行を楽しむ5つのポイント

旅行の計画を立てるとき、航空券やホテル代で悩んだことはないでしょうか?

「観光地で美味しいものを食べたいし、アクティビティも体験したい」

「ショッピングやエステも楽しみたい!」

そんなわがままプランは、旅行費用を徹底的に安くすることで叶えることができます。

ここでは、旅行費用を徹底的に安くする5つのポイントをご紹介します!

節約して旅行するための知識をまとめてチェックして、一円でも安く旅行に行けるよう、チェックしておきましょう。

海外旅行を安く抑える5つのポイント

海外旅行にいきたいけれど、お金のことを考えると…

そう思っている人は、もったいないです。

海外旅行は、ちょっとしたポイントを抑えるだけで、費用をとことん安く抑えることができますよ。

海外旅行の費用を安く抑えるポイントは、主に次の5つ。

  1. 安い時期と日数を選ぶ
  2. 航空券を安くする
  3. 宿泊先を安くする
  4. 海外旅行保険を安くする
  5. 海外Wi-Fiを安くする

どれも聞いたことがある内容かも知れませんが、この5つを徹底的に抑えることが旅行費用を安くする重要ポイントとなっています。

自分で全部調べて手続きをするのは大変な作業ですが、この記事を読むだけで全てわかります!

ポイント1. 安い時期と日数を選ぶ

海外旅行費用を安く抑えるポイント1つ目は、安い時期と日数を選ぶこと

当然ながら大型連休である春休みにGWや夏休み、さらに年末年始は旅行客が集中するので価格が高騰します。

このように、旅行客が急激に多くなる時期は「オンシーズン」、それ以外のシーズンは「オフシーズン」と呼ばれています。

ではオフシーズンならいつでもいいのかというと、そういうわけではありません。

実は、オフシーズンの中でもさらに費用が安くなる時期があるので、本当に安く海外旅行をしたいのなら、安く旅行にいける時期をしっておく必要があるんです。

では、オフシーズンの中でも特に安い時期はいつなのか。

ここからは具体的に解説していきます。

行く時期

旅行費用が安くなる時期はオフシーズンですが、中でも最も安い時期は、年末年始前後である12月上旬から中旬までと1月中旬ごろから月末までです。

  • 11月12月(年末を除く):日本からの海外旅行者数が最も少ない
  • 1月(お正月後):社会人や学生が忙しくなるので比較的お得
  • 4月(GWを除く):この時期も安くなりやすい

ただし、1月から2月にアジア圏へ行く場合は旧正月というイベントにあたりやすくなるので注意が必要です。

旧正月とは、旧暦の正月で暦によって毎年日にちがかわりますが、だいたい1月末から2月の初旬あたりです。

旧正月になると、アジア圏では1週間ほど休日になり、お店が休みになったりタクシーも割り高になります。

ですから、この時期は避けた方が良いでしょう。

旅行日数

安い旅行日数は何日か?という疑問については、行き先や国によっても違いますが、おすすめはプレミアムフライデーを利用した、金曜発〜日曜着の2泊3日のプチ旅行です。

海外旅行費用を安く抑えたい場合は、機内泊をするとホテル代が浮きます。

週末を利用してハワイ旅行へ行きたい場合、金曜日の夜に出発をして土曜日の朝にハワイへ到着。

その晩はホテルに1泊をし、日曜日に帰路へ旅立つという感じです。

また、さらに安くしたい場合は平日出発→平日到着をすることがポイント。

週末プチ海外旅行をより安くする裏ワザとしては、金曜夜出発→月曜朝到着、その後会社へ直行するという手段もあります。

この場合は2泊4日という旅行日数になりますが、ホテルに宿泊するのは土曜日の夜だけ。

現地時間を最大限に長く活用することができる上、旅行費用が安くなります。

少し慌ただしいかもしれませんが、その分充実した、中身の濃い旅行を楽しめますよ。
 

ポイント2. 航空券を安くする

海外旅行費用を安くをするポイント2つ目は、航空券をいかに安く購入するかにあります

旅行費用の大部分を閉めるものなので、ここは少しでも安く抑えておきたいですよね。

航空券も、ちょっとしたコツさえ掴めば数万円安くなることもあるので、確認しておくようにしてください。

航空券の種類

航空券の種類は大きく分けてこの3つ。

  • 正規航空券(ノーマル航空券):航空会社が販売、1年の有効期限あり
  • ペックス(PEX)航空券:航空会社で買える正規割引運賃の航空券
  • 格安航空券:旅行会社から購入する航空券

料金だけで見れば、格安航空券を使うのが一番安いですが、場合によっては他の航空券のほうが安く買えることがあります。

ですので、格安航空券以外の航空券の特徴も確認し、一番お得な航空券を使うようにしましょう。

では、まずは3つの航空券の特徴について、簡単に紹介します。

◆ 正規航空券(ノーマル航空券)

「正規航空券(ノーマル航空券)」は、いわゆる基本的な航空券です。

空港で買い求めるのはこの券となり、個人手配をする人は正規航空券を買います。

ほかの航空券と大きく異なるのは、予約変更や払い戻しが可能である自由な点と、搭乗クラスを上げることができるのは正規航空券のみです。

◆ ペックス(PEX)航空券

「ペックス(PEX)航空券」には3種類あり、IATAPEX(国際線の割引)、APEX(早期航空券)、ZONEPEX(正規割引航空券)があります。

搭乗クラスはエコノミーのみ、有効期限は1~3ヶ月ほどとなっています

格安航空券では貯まらないマイルが付くメリットがあります。

◆ 格安航空券

「格安航空券」は、3つの中で最も安く購入できる航空券です。

安い分、座席指定ができない・日程の変更ができないなどのデメリットはありますが、その分お土産代やアクティビティを楽しみたい方にはメリットがあります。

格安航空会社で比較的短距離が多く、航空券は安いですが片道ベースでありキャンセル料100%というデメリットも持ち合わせているので、比較検討することが大切です。

航空券比較サイトで探す


より安い航空券を自分で探し出すのはとても難しいもの。

たくさんの航空会社があり、中には日本語じゃないサイトもあります。

これを解決させるには、航空券比較サイトを使うのが1番。

中でも、skyticketという航空券比較サイトは、検索から予約まで行えて便利です。

もちろん日本語にも対応していますので、航空券を比較する際は活用していてください。

マイルを利用して航空券を安くする

マイルとはいわゆるポイントと同じもので、航空会社のマイレージクラブに登録することで貯めることができます。

このマイルを貯めることで航空券を安く購入することができることはご存知ですよね。

頻繁に飛行機を利用する人ではなくても、マイルは日ごろのショッピングでも貯めることが可能。

より効果的にマイルを貯める方法は後半で詳しくお伝えしています。

 

ポイント3. 宿泊先を安くする

海外旅行費用を安く抑えるポイント3つ目は、宿泊先を安くするということ

どんなホテルを見つけるかによって、海外旅行費用が大幅に変わるものです。

また、ホテル以外の宿泊先を選ぶことで驚くほど安く、そしてこれまでにない体験もできます。

こんな時も航空券と同じく比較サイトの活用が便利です。

海外で 安く泊まれる宿泊施設

日本国内でもホテル以外の宿泊先(ペンションや民宿など)があるように、海外旅行でもさまざまな宿泊施設が利用できます。

青少年向けの宿泊施設であるホステル、車旅行をする人のためのモーテル、長期滞在向けのコンドなどたくさんの宿泊施設があるということを知りましょう

中には現地住人の家へ無料で宿泊するというプランもありますが、安全面についてよく考慮した上での利用を推奨します。

1人旅、グループ旅、家族旅によって使い分けをするとホテルよりも安く宿泊できます。

お得な宿泊施設を探す

たくさんの宿泊施設の中から格安のものを探すことができる比較検索サイトを2つご紹介します。

  1. HostelsClub
  2. Airbnb

順番に確認していきましょう。

◆ 宿泊施設比較1.HostelsClub

まず1つ目はHostelsClubというサイト。

日本語検索可能で3万以上の中から格安ホテルとホステルが見つかります。

宿泊した人のレビュー数も膨大で、部屋の中はスライド写真でチェックができるのも嬉しいサービス。

実際に「タイ-バンコク」で検索すると1人日本円で500円程度という格安な内容のホステルが見つかります。

料金は安くても、広いリビングルームやキッチンまで備えつけてあるホステルもあるので、グループ旅行などにも使えますよ。

◆ 宿泊施設比較2.Airbnb

2つ目はAirbnbという、「現地の人から借りる家」をコンセプトにした検索サイトです。

空き家や空き部屋に宿泊できるだけでなく現地の体験を楽しむことも可能なので、これまでにない海外旅行のプランが立てられます。

実際に検索をすると、「宿泊先」「体験」の2つから選択をし、「宿泊」であればコンドやアパート・マンションホテルなどが多数見ることができます。

例をあげると、1泊2,000円/人で豪華なプールつきコンドに宿泊できる上、キャンセル料無料と書かれているものが多く、安くて自由度が高いことがわかります。

また、現地の料理教室やサイクリングをしたり、アートを楽しんだりする体験もAirbnbを通して楽しめます。


 

ポイント4. 海外旅行保険を安くする

海外旅行費用を安く抑えるポイント4つ目は、海外旅行保険を安くするということ。

国外へ行く場合は万が一の事態に備えることが、心身的にも金銭的にも大切です。

海外では当然ながら健康保険適用外となり、さらに現地通貨で全額支払うことになってしまいます。

備えがないまま海外旅行へ行ってしまうのは大変危険なので、しっかりポイントを抑えましょう。

海外旅行保険とは

そもそも海外旅行保険とは、現地での体調不良やケガや事故が起きた際に高額な医療費をサポートするものです。

病気だけではなく、盗難や賠償事故が起きた際にも24時間日本語で電話相談できるサービスも兼ね備えています。

内容によっては、高額医療費が発生した場合でもキャッシュレスで対応できるだけではなく、宿泊先から病院までのタクシーなども手配してもらえます。

つまり、海外旅行保険選びは慎重に行うことが肝心なんです。

お得な海外保険はクレカ付帯

海外旅行保険に加入する方法は次の2つ。

  1. 保険会社から加入
  2. クレジットカードの付帯サービスを利用する

保険会社が提供する海外旅行保険の内容はそれぞれ違いがあり、長期的な海外滞在をする人であれば、きちんと保険会社のサービスを利用した方が頼りになります。

対して、一般的な数日間程度の海外旅行であれば、クレジットカード付帯サービスの海外旅行保険でも手厚いサービスが受けられます。

年会費無料のクレジットカードでも、充実した付帯サービスが受けられるものがお得です。

そのため、まずは今お持ちのクレジットカード付帯を見直して、どのような保証内容かを確認しておくようにしましょう。

場合によっては、わざわざ保険会社のサービスに入る必要がないかもしれませんよ。

ただし、内容が不十分だった場合は保険会社から加入をして足りない分を補充するようにしましょう。

当日の空港での加入は損

海外旅行保険は空港でも加入ができますが、こちらはおすすめできません。

出発当日でも対応できるので便利なサービスでもありますが、加入費用が高いので大きなデメリットになります。

事前に加入するよりも最大5倍の金額にもなるので、出発当日まで忘れていた!ということがないよう必ず事前に加入しておきましょう。
 

ポイント5. 海外Wi-Fiを安くする

海外旅行費用を安く抑えるポイント5つ目は、海外Wi-Fiを安くするということ。

わざわざWi-Fiをレンタルしなくても、大手国内キャリアが提供する海外定額プランを利用することもできます。

しかし1日980円~3,000円前後となり、たくさん使った場合はかなり高額になります。

ですので、国内キャリアではなく、海外Wi-Fiレンタルを使うのが鉄則といえます。

海外Wi-Fiレンタルを利用する

よくある海外定額プランでは安くても1,000円前後ですが、海外Wi-Fiレンタルを利用することで最大半額程度安くすることができます。

現地で撮った写真をSNSにアップしたい人、LINEやメールをしたい人、海外でも仕事をしたいビジネスマンにおすすめします。

おすすめの海外Wi-Fiレンタル

おすすめの海外Wi-FiレンタルはグローバルWi-Fiです。

低価格なのはもちろんですが、WEBから簡単申込みが可能。

さらに、自宅以外の国内空港や現地でも受取りができるので大変便利です。

料金プランは3つのデータ通信料から選べます。

  • 通常プラン:250MB/日
  • 大容量プラン:500MB/日
  • 超大容量プラン:1GB/日

料金は国によって変わり、たとえば「東南アジア ベトナム」ならこのような感じです。

  • ベトナム3G:351円/日
  • ベトナム3G大容量:541円/日
  • ベトナム4GLTE:731円/日
  • ベトナム4GLTE大容量:921円/日
  • ベトナム4GLTE超大容量:1,111円/日

メールとLINE程度しか使わない場合は3Gプランがかなり安くてお得です。

しかし、観光地ではネット検索が強い味方になるので、余裕を持ったプランがおすすめです。

また、アジア圏内ではキャリアの海外定額プランと比べて安いですが、ヨーロッパは少し高めです。

手持ちのキャリアのプランと比較をして安い方を選びましょう。

また、海外先での破損やトラブルへのサポートも任意で加入ができます。

紛失や盗難など、万が一の事態に備えたいという方は200円/日から補償プランに加入可能です。

24時間電話対応も行っているので安心して利用ができます。

お得なパッケージツアーを選ぼう

安くお得に海外旅行へ行くには旅行会社のパッケージツアーがおすすめ。

個人手配は慣れることが難しく、長距離になればなるほどパッケージツアーの方がお得度が上がります。

とくに、初めて海外旅行へ行く人や手配に不慣れな人でも、面倒な手続きから現地での案内まで頼りになるのでおすすめ。

ただ、今現在国内には無数の旅行会社があります。

その中から安くて信頼できる上、内容が充実したパッケージツアーを厳選するのはなかなか大変です。

ここでは、おすすめのパッケージツアーの選び方をお伝えしていきます。

ポイント1.航空会社は指定しない

海外へ行くときの航空会社はJALかANAを指定するという人も多いかと思います。

パッケージツアーを検索したり、旅行代理店で「指定の航空会社はありますか?」と問われるもの。

ここで「航空会社は指定なし」と設定をすると、より安いプランを探すことができます。

この場合はJALとANA以外の航空会社になる確率が上がりますが、どこまで妥協できるかによって大幅な費用削減が可能になります。

ただし、どうしても航空会社は妥協したくないという人でも、時期や時間帯を選択することで安く抑えることができます。

ポイント2.宿泊するホテルは指定しない

よりお得なパッケージツアーを選ぶポイントとして、先ほどの航空会社と同じように宿泊先のホテルも「指定なし」にした方が、安いプランを選ぶことができます。

指定しないからといっても劣悪なホテルに泊まらされるというわけではありません。

もともといくつかホテルが決められており、その中から人数や日程によって旅行会社がホテルを決めるという形です。

もし不安な人は、事前にどのようなホテルがあるのかチェックしておくと安心ですね。

すでにホテルが決まっている人の場合は、「往復航空券+ホテル1泊ツアー」などのパッケージツアーがおすすめ。

航空券とホテルのどちらも予約できるパッケージツアーを選び、より安く泊まれる日程を探してみましょう。

一括検索サイトで探すのがおすすめ

ここまでお伝えした内容を自分で検索して探し出すのは至難の業。

よりお得で便利なのが、パッケージツアーを比較検討できる一括検索サイトが大変便利です。

有名なサイトにはトラベルコちゃんLINEトラベルjpフォートラベルなどがあります。

海外旅行の手続きは航空券と宿泊先の予約だけではなく、現地での観光プランも立てなくてはなりません。

ホテルから観光地までの交通手段やアクティビティの手配まで全て自分で行うには、ある程度の経験を積まないと難しいです。

これらを全て含めたものがパッケージツアーなので、やはり個人手配よりも便利でお得。
 

海外旅行をもっとお得に!マイルを貯める3つの方法

「海外旅行費用を徹底的に安くしたい!」

そんな希望を持つ人に強くおすすめしたいのが、マイルを貯めて旅行へ行くという方法です。

先ほどもお伝えしましたが、マイルが貯まるクレジットカードを使うことで航空券が安く手に入ります。

1年貯めたご褒美に海外旅行へ行く人も存在しているほど、マイルは便利でお得。

貯めたマイルで家族旅行へ行ったり、ビジネスクラスに乗ってみたり、頑張って貯めればファーストクラスも夢ではありません。

ここからは、より効率的にマイルを貯める3つの方法を教えます。ぜひ参考にしてくださいね。

方法1. 飛行機に乗る

まず、マイルにはANAマイルとJALマイルの2種類があることお伝えします。

AMA・JALマイル共に、マイレージクラブへの会員登録を済ませて飛行機に乗ることでマイルを貯めることができます。

マイルの還元率は会員のグレードや搭乗クラスによっても変わります。

たとえば、東京(羽田)⇔沖縄(那覇空港)であれば984マイルが貯まります。

これを年間10往復繰り返すことができれば、約1万マイルを貯めることができます。

1万マイルがあれば、東京から宮古島や石垣島へ行くことができます(ローシーズンでの利用で)。

出張で飛行機を頻繁に利用するビジネスマンであれば早くマイルが貯まるでしょう。

しかし、普段から飛行機に乗らない人にとっては、飛行機に乗ってマイルを貯めることはできません。

そんな方でも、飛行機に乗らずにマイルを貯める方法を、続いては解説します。

方法2. クレジットカードを利用する

JALやANAのマイルを貯めるには、入会金・年会費無料でマイレージ会員になります。

会員になるとマイレージカードが発行され、そのカードにマイルを貯めていくという形になります。

しかし、マイルを効率よく貯めるならマイレージカードをクレジットカードに変更するのが大事です。

JALやANAのクレジットカードにすれば、フライト時にボーナスマイルが加算されたり、クレジットカードの決算でマイルを貯めることができ、とてもお得!

特に、以下のような日々の出費をマイルが貯まるクレジットカードを使うとよいでしょう。

  • 日常的な買い物
  • 光熱費の支払い
  • 家賃の支払い

そして、クレジットカードにも色々な種類があるので、マイルが高還元率で貯まる1枚を選びましょう。

また、家族カードを作ることでさらに早く貯まるようになります。

夫婦や子供が家族カードを使うとマイルが主カードに合算されるのです。

家族みんなでマイルを貯める工夫をすることで、家族旅行へお得に行くチャンスができますね。

関連記事 2018
02.10

マイルはどうやって貯めて、どうやって使う?おすすめのクレジットカードは…

飛行機に乗ると溜まっていくポイントであるマイル。 よく飛行機を利用する人にとってはお馴染みの言葉ですが、飛行機に乗らない人にとっては聞…

ライフ

75

方法3. ポイントサイトを使う

マイルを効率的に貯める方法の中でも裏ワザ的な内容なのが、ポイントサイトを使うという手段です。

マイルがよく貯まるポイントサイトで有名なのが、モッピーハピタスです。

この2つのサイトを経由してショッピングをしたり、アプリをダウンロードしたり、無料ゲームをするだけでそれぞれポイントが貯まります。

ショッピングするならポイントが貯まるクレジットカードをぜひ使いましょう。

この方法を使うだけで、3つのポイントをうけとることが可能になります。

  1. ポイントサイトのポイント
  2. ショッピングサイト(楽天市場など)のポイント
  3. クレジットカードのポイント

そして、貯まったポイントをANAかJALマイルに交換するだけなのでとても簡単。

ポイントサイトのポイントだけではなく、楽天市場のポイントもマイルに交換ができます。

PontaやWAONやドコモの利用などでもマイルは貯まるので、今貯まっているポイントがマイルに交換できないか調べてみましょう。

全てのポイントをマイルに集中的に貯めるようにすることで、貯めるスピードを加速できます。
関連記事 2018
08.02

コツコツ稼ぐ!ポイントサイト『ECナビ』と『PeX』のお得な使い方とは…

どうせ買い物をするなら、たくさんポイントが稼げるところで買い物したいと考えますよね? そして、ポイントが貯めやすくサービスが充実してい…

ライフ

141

まとめ

旅行費用を徹底的に安くする5つのポイントをご紹介しましたがいかがでしょうか。

便利な比較サイトを使うことで、これまでにない格安プランを簡単に検索することができます。

また、マイルを効率的に貯める方法の中には、思わず二度見してしまう内容があったかと思います。

クレジットカードの海外旅行保険付帯とマイルの還元率の見直しをこの機会に行ってみましょう。

これからはぜひ損せずに旅行を楽しみましょう!

PICKUP

ライフ

2018
11.08

ライフ

163

2018
10.29

ライフ

19

2018
10.28

ライフ

150

2018
10.25

ライフ

31

2018
10.24

ライフ

6448

2018
10.23

ライフ

1976

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース