2018.04.232018.04.24

106

仮想通貨の取引所の種類やそれぞれの手数料は?

仮想通貨の取引所の種類やそれぞれの手数料は?

「仮想通貨の取引所や販売所は数が多くて、どれを選んだらいいの?」

そんな風にお悩みの方は多いですが、利益を上げるのが一番の目的というのは共通しているはずです。

そこでコストをできるだけ減らすため、手数料という観点で比較してみましょう!

↓仮想通貨についてもっと詳しく知りたい方は下記のページもチェックしてみてください!

関連記事 2018
03.28

仮想通貨で稼ぎたい!初心者のために始め方やおすすめの通貨を紹介!

「仮想通貨を始めたいけど、何から始めればいいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。 そんな人のために、今回は仮想通貨の…

稼ぐ

177

続きを見る

手数料の種類は?

仮想通貨取引所(販売所)を利用するにあたって必要な手数料は、主に次の3つです。

【売買手数料】
仮想通貨の売買時にかかる手数料

【送付手数料】
仮想通貨を他所に移すときにかかる手数料

【日本円出金手数料】
登録した銀行口座に日本円を出金するときの手数料

これらが取引所によって、かなり違いがあるのです。
 

bitFlyer

運営:株式会社bitFlyer

bitFlyerビットコイン取引量が日本一で、最大手取引所のひとつです。

強固なセキュリティが特徴で、世界トップレベルという評価を受けています。

取引所を狙ったネット犯罪も最近増えているので、その点は安心できそうですね。

売買の選択肢も豊富で、通常のビットコイン取引所の他、Lightningという専門的な取引所とアルトコイン販売所があります。

売買手数料

ビットコイン取引の手数料は、取引量によって異なります。

販売所はビットコイン、アルトコインともに無料です。

【ビットコイン】

  • 取引所&Lightning : 0.01%~0.15%
  • 販売所 : 無料

【アルトコイン】

  • Lightning : 0.20%
  • 販売所 : 無料

送付手数料

ビットコイン、各種アルトコインともに固定の手数料です。

そんな中、国産仮想通貨のモナコインが無料となっています。

  • ビットコイン : 0.0004BTC
  • イーサリアム : 0.005ETH
  • イーサリアム・クラシック : 0.005ETC
  • ライトコイン : 0.001LTC
  • ビットコインキャッシュ : 0.0002BCH
  • モナコイン : 無料
  • リスク : 0.1LSK

日本円出金手数料

銀行口座が三井住友銀行の場合とそうでない場合で、金額が異なります。

【三井住友銀行】

  • 出金額が3万円未満 : 216円
  • 出金額が3万円以上 : 432円

【三井住友銀行以外】

  • 出金額が3万円未満 : 540円
  • 出金額が3万円以上 : 756円

Zaif

運営:テックビューロ株式会社

Zaifも国内最大手の取引所のひとつです。

最大の特徴は取り扱っている仮想通貨の種類の多さで、10種類以上あります。

このことから、特に口座を開設しておくべき取引所と言われています。

売買手数料

  • maker手数料 : 板に注文を並べる際の手数料
  • taker手数料 : 並んだ注文を消費する際の手数料

Zaifではこのような定義があります。

前者は売却、後者は購入の手数料ですね。

また他の取引所にはない特徴として、ビットコインの取引をすると、マイナス手数料があります

つまり取引すると得をするのです!

主要な仮想通貨の手数料は以下のとおりです。

ビットコイン

  • maker手数料 : -0.05%
  • taker手数料 : -0.01%

リップル

  • maker手数料 : 0%
  • taker手数料 : 0.1%

モナコイン

  • maker手数料 : 0%
  • taker手数料 : 0.1%

ビットコインキャッシュ

  • maker手数料 : 0%
  • taker手数料 : 0.3%

イーサリアム

  • maker手数料 : 0%
  • taker手数料 : 0.1%

送付手数料

主要な仮想通貨の手数料は以下のとおりです。

bitFlyerと比較すると、わずかながら高めになっています。

  • ビットコイン : 0.0001BTC以上を選択可能(0.0010BTC以上推奨)
  • リップル : 2XEM
  • モナコイン : 0.001MONA
  • ビットコインキャッシュ : 0.001BCH
  • イーサリアム : 0.01ETH~

日本円出金手数料

銀行による違いはなく、50万円を超えるかどうかで金額が変わってきます。

  • 50万円未満の場合:350円
  • 50万円以上の場合:756円

 

BitTrade

運営:ビットトレード株式会社

FX会社として長年の実績がある企業が運営しています。

それだけにセキュリティ面では信頼感があります。

ツールも最先端のもので、使用しやすいです。

売買手数料

Zaifと同じ、maker手数料とtaker手数料があります。

ビットコイン

  • maker手数料 : 0.2%
  • taker手数料 : 0.2%

リップル

  • maker手数料 : 0.25%
  • taker手数料 : 0.45%

ライトコイン

  • maker手数料 : 0.30%
  • taker手数料 : 0.70%

イーサリアム

  • maker手数料 : 0.20%
  • taker手数料 : 0.25%

モナコイン

  • maker手数料 : 0.30%
  • taker手数料 : 0.70%

ビットコインキャッシュ

  • maker手数料 : 0.30%
  • taker手数料 : 0.70%

送付手数料

こちらはリップルの手数料が比較的低いといえそうです。

  • ビットコイン : 0.001BTC
  • リップル : 0.15XRP
  • ライトコイン : 0.001LTC
  • イーサリアム : 0.005ETH
  • モナコイン : 0.001MONA
  • ビットコインキャッシュ : 0.001BCC

日本円出金手数料

どの銀行口座に出金するにも、一律648円の手数料となっています。
 

BITPoint

運営:株式会社ビットポイントジャパン

比較的新参の取引所ですが、それだけに手数料の面で利用しやすくしているようです。

なんと売買&送付手数料が一切無料! 

日本円出金手数料も特別高くはありません。

コストを抑えられる取引所なら、ここが第一候補です。

売買手数料

無料です。

送付手数料

無料です。

日本円出金手数料

どの銀行口座に出金するにも、一律324円の手数料となっています。

フィスコ仮想通貨取引所

運営:株式会社フィスコ仮想通貨取引所

Zaifと提携している取引所で、そのため取引方法やツールなどが一部Zaifのものと同じになっています。

売買手数料

こちらでもmaker手数料とtaker手数料が決められています。

ビットコイン

  • maker手数料 : 0%
  • taker手数料 : 0%

モナコイン

  • maker手数料 : 0%
  • taker手数料 : 0%

ビットコインキャッシュ

  • maker手数料 : 0%
  • taker手数料 : 0.3%

送付手数料

以下は通常値で、状況によって上下する場合があります。

  • ビットコイン : 0.0005BTC
  • モナコイン : 0.001MONA
  • ビットコインキャッシュ : 0.001BCH

日本円出金手数料

銀行による違いはなく、50万円を超えるかどうかで金額が変わってきます。

  • 50万円未満の場合 : 350円
  • 50万円以上の場合 : 756円

 

QUOINEX

運営:QUOINE株式会社

QUOINEX(コインエクスチェンジ)世界3カ所を拠点にグローバル展開している取引所です。

安心・安全な取引システムをアピールしており、bitFlyerと同じく強固なセキュリティがポイントです。

売買手数料

どの仮想通貨でも、約定金額の0.25%となっています。

たとえば1万円分の取引であれば、25円の手数料になります。

送付手数料

無料です。

日本円出金手数料

どの銀行口座に出金するにも、一律500円の手数料となっています。
 

GMOコイン

運営:GMOコイン株式会社

GMOコインは取引所がなく、ビットコイン、アルトコインともに販売所のみで運営されています。

仮想通貨の購入時は、取引よりも割高になりますが、その代わり各種手数料が無料となっている形で、初心者の方には利用しやすいでしょう。

売買手数料

無料です。

送付手数料

無料です。

日本円出金手数料

無料です。
 

DMM Bitcoin

運営:株式会社DMM.com

こちらも販売所しかありませんが、各種手数料が無料というのがアピールポイントです。

また、取引に役立つ豊富なツールが用意されています。

売買手数料

無料です。

送付手数料

無料です。

日本円出金手数料

無料です。
 

投資スタイルに合わせて取引所を選ぼう

取引所だと若干の取引手数料がかかり、販売所だと購入時に割高になる代わりに各種手数料が無料という傾向にあります。

たとえばしょっちゅう銀行に日本円を出金したい人は、手数料が無料のほうが良いでしょう。

一方でガンガン取引したい人は、取引手数料の安いところが最適です。

いずれにせよ、取引所は自身の投資スタイルに合わせて選ぶのが大切です。

PICKUP

稼ぐ

2018
05.01

稼ぐ

68

2018
04.25

稼ぐ

76

2018
04.22

稼ぐ

145

2018
04.20

稼ぐ

96

2018
04.19

稼ぐ

234

2018
04.15

稼ぐ

98

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース