2018.10.312018.10.30

32

和服の買取りはどこに頼む?着物専門買取り業者がおすすめ!

和服の買取りはどこに頼む?着物専門買取り業者がおすすめ!

「成人式にきた晴れ着の着物」
「祖母や母が大切にしていた着物」

そんな着物がタンスに眠っていませんか?
日本の伝統衣装として和服とも呼ばれる着物は、現代ではなかなか着る機会がなく、タンスにしまいっぱなしだという人も多いでしょう。
でも手入れを怠ると、シワやシミが付いたり、虫に食われてしまったりすることがあります。

高価な着物だったのに、気づいた時には手遅れだった!
そんなことにならないよう価値あるうちに買い取ってもらう方法を紹介します。

和服の買取り相場│どんな値段で買い取ってもらえる?

大切な和服をゴミとして処分するのは気が引けますし、もらい手がいれば譲ることもできます。
ただこれも、身近に和服を着る人がいなければ譲ることはできません。

そこでおすすめしたいのが「着物買取り」です。

着なくなった着物を買い取ってもらえれば、処分代もかかりませんし、何より必要としている誰かにまた着てもらうことができます。

そこで気になるのが、着物の買取り相場です。

どの位の値段で買い取ってもらえるのか、どのような和服が高額買取りしてもらえるのか、しっかりチェックしておきましょう。

関連記事 2018
10.20

着物を売るなら少しでも高く早く売りたい!おすすめの方法

日本の民族服ともいわれる着物は、成人式や結婚式など人生の節目となるイベント時にはかかせないものです。 しかしそれ以外では、不要となった…

売る

102


高額買取りしてもらえる着物もある

和服は洋服に比べて高価なものが多いものの、買取りとなると高額買取りどころか、値が付かない、買い取ってもらえないという場合があります。

和服を高額買取りしてもらうには、次のようなポイントがあります。

  • 未使用又は状態の良い着物
  • 正絹でできた、格式の高い着物
  • 利用率の高い訪問着など
  • 人気の色や柄の着物
  • 有名作家やブランドの着物
  • 伝統工芸品の着物
  • 大手デパートや老舗呉服店の着物

これらの条件にあてはまるほど、高額買取りしてもらえる可能性が高くなります。

関連記事 2018
03.16

宅配買取で着物を売るメリットデメリットとおすすめ買取業者3選

宅配買取で着物を売るメリットデメリットとおすすめ買取業者3選を紹介しています。宅配買取でお家に眠っている着物や帯、和装小物をまとめて売りまし…

売る

227

京友禅(京都)名古屋友禅(愛知)銚子縮など伝統工芸品の着物

着物伝統工芸
日本各地には、伝統工芸品としての着物がたくさんあり、そういった着物は高額買取りしてもらえる可能性が高くなります。
中でも、希少価値の高いものほど高額買取りが期待できます。

伝統工芸品の着物には、次のものがあります。

都道府県

伝統工芸品

山形県 置賜紬(おいたまつむぎ)、米沢紬
東京都 本場黄八丈、村山大島紬、多摩織
群馬県 伊勢崎絣(がすり)、桐生絣
埼玉県 秩父銘仙
茨城県 結城紬
石川県 牛首紬、加賀友禅
新潟県 塩沢紬、小千谷(おぢや)縮、小千谷紬、十日町絣、十日町明石ちぢみ、羽越しな布
福井県 羽二重
長野県 信州紬
愛知県 名古屋友禅
滋賀県 近江上布
京都県 京友禅、丹波縮緬(ちりめん)、西陣織
鳥取県 弓浜絣
徳島県 阿波正藍しじら織
福岡県 博多織、久留米絣、小倉織
宮崎県 本場大島紬
鹿児島県 本場大島紬
沖縄県 琉球紅型(びんがた)、琉球絣、芭蕉布、八重山上布、久米島紬、宮古上布
読谷花織、読谷山ミンサー、首里織、与那国織、喜如嘉の芭蕉布、八重山ミンサー、知花花織

浦野理一(神奈川)など有名作家・ブランド着物

有名作家による着物やブランド着物は高額買取りの可能性が高いです。

木村雨山、羽田登喜男、由水十久、小宮康孝、志村ふくみ、山下め由、久保田一竹などの有名作家の着物は高い評価を得ています。

中でも、昭和を代表する染織研究家である「浦野理一」は、長年歴史的な染織品の研究を続け、紬織・紅型・友禅など様々な技法で多くのすばらしい作品を生み出し、他の染織作家にその技術を伝えた着物作家です。

そのため浦野理一の作品は今もたくさんの人から注目されており、高く評価されていることから、高額買取りが期待できます。

ただし、有名作家の着物でも「落款」や「証紙」がなければ、高額買取りは難しくなります。
「落款」や「証紙」は「確かに本人の作である」という証明なので、高価な着物であれば必ず一緒にたとう紙に包んで保管しておきましょう。

正絹や綿などの素材の着物

正絹や綿などの素材でできた着物は、高額買取りしてもらえる可能性があります。

正絹とは、絹100%でできた着物のことを言い、和服の生地の中で一番格式が高いと言われています。

通気性に優れさわり心地が良いため着やすく、独特な光沢が高級感を醸し出しています。

また、最近はポリエステルでできた生地の和服も販売されており、遠目には正絹や綿の着物と見分けが付きにくくなっていますが、着物買取りでは買い取ってもらえないことがあるので注意が必要です。

大きめのサイズの着物

着物のサイズが大きめにできているというのも高額買取りのポイントになります。

丈が長ければ、着る人の大きさに合わせてお直しをすることができ、その分買手が見つかりやすくなります。
また、大きめサイズの着物は、単純に丈の短い着物よりも多くの生地が使われているので、その分買取り価格が高くなる可能性があります。

逆に小さいサイズの着物は、買手が限定されてしまいなかなか買手が見つからない可能性があります。そのため、買取り金額が安くなってしまうのです。


高額買取りを目指すなら「落款・証紙」は重要

古着物高価買取
有名作家の着物や伝統工芸品の着物には、その品質を証明するものとして「落款」や「証紙」が付いています。

落款や証紙の価値を知らず、捨ててしまう人も中にはいますが、なくても着物を買い取ってもらうことはできます。
しかしいくら着物が良いものだと分かっていても、落款や証紙がなければ証明することができません。和服によっては落款や証紙の有無によって、買取り価格が2倍ほど違ってくることもあります。

そこで、買取りに出す前に着物に「落款」や「証紙」があるかあらかじめ確認しておくと良いでしょう。
なお作家ものの落款は、着物に縫い付けられている場合もあります。


博多織の帯など和装小物も買取り可能

和服の買取り業者は着物だけではなく、帯や和装小物も買取りに対応してもらえます。

帯は木本(きのもと)と同じで、有名作家によるものや有名ブランドのものは、たとえ中古であっても高額買取りが期待できます。

特に帯の種類では、袋帯、名古屋帯、半幅帯が、産地では芭蕉布、博多織、西陣織、佐波理(さはり)綴などが人気です。

また、帯揚げや帯締め、草履や着物用バッグ、羽織紐(ひも)、帯留、ショールやストール、くしやかんざしなどの髪飾りなどの和装小物も、着物と一緒に買い取ってもらえます。

和装小物は専用ケースがあるとより高値が付く可能性があり、さらに、鑑定書・保証書などがあると買手が付きやすく買い取り価格も高くなります。

逆に、着物同様、保存状態が悪いものやデザインによっては買取り額が大きく下がることがあります。


高く売れない着物はどんな着物?

高く売れない着物とは?
着物はもともと高価なもので、また思い入れも強く残るものです。

大切に保管していたものを決心して買取りに出したのに、ほとんど値が付かなかったり、あるいは買い取ってもらえなかったりしたらとても悲しい気持ちになります。

そこで、着物の買取りに出す前に、高く売れない着物はどのような着物なのか、手持ちの着物をチェックしながら確認していきましょう。

保管状態が悪いもの

着物の買取りでは、生地が傷んでいたり汚れていたりといった保存状態の悪いものは買い取ってもらえない可能性があります。

特に、長期間保存してあった着物はどうしてもたたみシワやシミ、虫食いなどが起こりやすく、保存状態が良いとは言えません。

基本的に、買い取った着物は次の買手に売ることを目的としているので、状態の悪い着物は嫌煙されます。

しかし、傷みや汚れが軽度でクリーニングなどお手入れすれば売り物になると判断されれば買い取り可能になります。
まずは、自己判断せずに買い取り業者に相談してみることをおすすめします。

なお、裏地が汚れている場合や、着用すれば見えなくなる汚れなどの場合は、問題ないこともあるようです。


買手が付かない種類の着物

着物の買取りに応じてもらいにくいのが、喪服です。

喪服には家紋が入っているため、買手が非常に限定されることもあり、着物のリサイクル市場でほとんど需要がありません

買取りに出しても買値が付かないことも多く、場合によっては買取りに応じてもらえないことも少なくありません。

しかし中には喪服も買取りに応じてくれる業者もありますので、どうしても喪服を売りたい場合は、喪服も買取り対象か買取り業者に問い合わせてみると良いでしょう。


買い取り業者の選ぶポイントは3つ

着物を売るときの3つのポイント
大切な着物を売ろうと決心しても、「どうやって売ればいいのか分からない」という人は少なくありません。

リサイクルショップやネットオークションなどで売る方法もありますが、おすすめは着物を専門に買い取ってくれる「着物専門買取り業者」に依頼する方法です。

ただ、最近は着物専門をうたう買取り業者が増えてきています。
そうなると、どこの業者を選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、失敗しない着物買取り業者の、選び方のポイントを説明していきます。

関連記事 2018
03.16

宅配買取で着物を売るメリットデメリットとおすすめ買取業者3選

宅配買取で着物を売るメリットデメリットとおすすめ買取業者3選を紹介しています。宅配買取でお家に眠っている着物や帯、和装小物をまとめて売りまし…

売る

227


買い取り方法をチェック

着物の買取りを依頼する場合は、主な買取り方法が3つあります。

  • 自分で店舗まで着物を持ち込む
  • 宅配で送る(ネット買取り)
  • 自宅への出張買取り

自分の好きな方法を選んで業者選びをすることができますが、おすすめは自宅へ出張買取りに来てもらう方法です。

買取り店へ自分で運ぶ方法は、自宅近くに買取り店があると簡単なように思えますが、しかしシワ1つでも買取り価格に影響してしまう着物は洋服のように、無造作に持ち運ぶことができません。そのため1枚でも、あるいは大量に買い取ってもらうにしても、店舗へ運ぶだけで一苦労です。

また、宅配買取り(ネット買取り)では、業者から送られてきた段ボールに着物を詰めて返送します。
もちろんシワなどが寄らないよう注意して箱詰めする必要があり、簡単なようでこれも意外に手間がかかるものです。

また業者へ送るための費用がかかってしまう場合もあり、その分で余計な出費となりますし、買取り金額は後日口座への振り込みとなるため、手続きがやや煩雑になります。

その点、自宅への出張買取りは着物を運ぶ必要もなく、自分の目の前で着物を査定してもらうことができ、買取り金額に納得できればその場で現金で支払ってもらえます。

関連記事 2018
10.20

着物を売るなら少しでも高く早く売りたい!おすすめの方法

日本の民族服ともいわれる着物は、成人式や結婚式など人生の節目となるイベント時にはかかせないものです。 しかしそれ以外では、不要となった…

売る

102


無料査定をしてくれる業者を選ぶ

和服の買取りには査定がつきものですが、多くの着物買取り業者は無料査定を行っています。

しかも、大手の着物買取り業者であれば、出張買取りも無料査定に対応していますので、是非利用したいところです。

さらに、査定額に納得がいかない場合は買取りをキャンセルすることもできますので、自分の着物がどの位の価値があるのか、まずは査定してみてもらうのもいいでしょう。

「査定してもらった買取り金額が安いから断りたいけど、わざわざ出張してもらってるから断りづらい」ということがあるかも知れません。
しかし業者側でもそれは想定していることなので、売りたくない場合はそのことをはっきり伝えましょう。

関連記事 2018
02.28

宅配買取のおすすめランキング!服や本などジャンル別に徹底解説

宅配買取は選び方1つで買取金額が大きく変わってくるので、自分が売りたい商品を高く買い取ってくれるところを使いたいですよね。 でも、宅配…

売る

35058


買い取り業者のホームページで買い取り手順もチェック

着物買取り業者の中にはホームページを開設しているところも多くありますので、利用する前に一度アクセスして店舗情報を確認してみましょう。

特に、初めて着物の買取りを依頼する人は、どのような流れで買取りが行われるのか不安だと思いますので、ホームページ内に「買取り手順」があれば一通り目を通して流れをつかんでおきましょう。

もし、買取り手順がない、又は公式ホームページがない場合には、店舗に直接問い合わせて買取りの流れについて確認しておくと安心です。

そのほかにチェックしておきたいポイント

和服買取り業者選びでほかにもチェックしておきたいポイントとして、これまでの取引実績があります。

どれくらいの業歴があるのか、また買取り価格の目安などを、公式ホームページで公開しているかどうかを確認してみましょう。

比較サイトでの口コミもチェックしておくと参考になります。

ほかにも、買取り代金の支払い方法やアフターフォロー制度の有無などについても確認しておくと、より安心して買取りを依頼することができます。

大切な着物を買い取ってもらうのですから、着物の知識が豊富で、その価値を正しく査定してくれる査定員や担当者がいるかどうかも、必ずチェックしておきましょう。

バイセルは全国対応!東京・大阪なら最短30分出張も!

バイセル
着物買取り業者と言えば、テレビCMでもおなじみのバイセルがあります。

バイセルは相談手数料が無料で、しかも全国対応となっているので、近くに着物買取り業者がなく困っている人でも利用できます。

「他店より買い取り金額が1円でも安ければ全品返却」とうたわれていることから、買取り価格に自信があることが伺えます。

買取り方法は、持込み買取り・出張買取り・宅配買取りに対応しており、送料・査定料がすべて無料なので、好きな買取り方法を選ぶことができます。

バイセルは着物買取り専門なので、着物についての豊富な知識や経験をもとに大切な着物を査定・買取りしてくれるため、安心して依頼できます。

出張スピードも速く、東京や大阪といった主要都市であれば最短30分で出張可能な場合もあります。住んでいる地域が対応地区かどうか、公式ホームページで確認することができます。

利用者の目線にたって「少しでも気持ちよく利用してもらいたい」という思いから、充実したサポート体制も整備されています。


まとめ

和服の買取りは、着物についての経験や知識が豊富な「着物専門買取り業者」に依頼するのがおすすめです。

有名作家ものや伝統工芸品など、着物によっては高額買取りしてもらえるものがありますので、少しでも高値になるポイントを押さえて買い取り相談をしてみましょう。

PICKUP

売る

2018
11.01

売る

31

2018
10.30

売る

18

2018
10.26

売る

19

2018
10.20

売る

102

2018
10.19

売る

41

2018
10.09

売る

42

もっと見る

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース