【節水】少しの工夫で節約できる!水道代の節約法まとめ

2019.05.242019.05.24

218

【節水】少しの工夫で節約できる!水道代の節約法まとめ

生活を送るうえで欠かせない水は、毎日利用するものであるからこそ、少しの工夫で節水することが可能です。

そこで、水道代を節約するための具体的な方法として、水を使う場所や場面ごとの節約術を紹介します。

また、おすすめ節約アイテムについてもチェックしておきましょう。

トイレの水道代を節約する方法

トイレを流す際には、「大」と「小」を使い分けていない人も多いのではないでしょうか。

トイレを「大」で流すだけで10リットル以上の水を使用するトイレ製品もあります。

最新のトイレであれば節水タイプの製品も増えていますが、「大」でトイレを流す習慣がついている場合は、使い分けるだけでも節約効果が期待できるでしょう。

節水のためにトイレを流さないといった方法を実践している人もいますが、汚れがこびりつき、掃除の際に洗剤や消臭剤、水を使用することになります。

不衛生であるうえに、結果として十分な節水効果は得られないため注意が必要です。
 

お風呂の水道代を節約する方法

お風呂で使用する水道代の節約方法は主に2つあります。

1つはお風呂で使用する水を節約すること、もう1つはお風呂で使用した水を再利用することです。

夏場はシャワーだけで済ませるという人も多いかもしれませんが、使用しているシャワーヘッドの種類や水の量によって、シャワーだけでも1分間でおよそ12リットルもの水を使用するといわれています。

シャンプー中や体を洗っている最中にシャワーを出しっぱなしにしているだけで大量の水を無駄に使用していることになるのです。

シャワーを使っていない時には止める習慣をつけることはもちろん、節水効果のあるシャワーヘッドに交換するという方法もあります。

また、お風呂で使用した湯船の残り湯などは洗濯に使用するなど、再利用すると節約効果が期待できます。

⇒節水シャワー一覧はこちら

台所で使用する水道代を節約する方法

キッチンでは食器洗い乾燥機を使用すると、水道代だけではなく電気代の節約にもつながります。
 
水道の水を使用して手洗いで食器を洗浄するのではなく食器洗い乾燥機を使用した方が、使用する洗剤の量や水の量を抑えることが可能です。

食器洗い機は、使用する水の量が手洗いの1/10にも抑えられるうえに、通常通り手で洗う方法は手間もかかります。

水道は出す水の量を調整できるため、節約できるのではと考える人も多いでしょう。

しかし、食器洗い乾燥機のほうが少ない水でも十分に汚れを落とせるため、結果的に水道代の節約につながります。

家族の人数や使用頻度によって異なるものの、食器洗い乾燥機の利用によって年間およそ8,000円もの水道代を節約になるのです。

食器洗い乾燥機は高温のお湯を使用して一気に洗浄をするため、少ない水では落ちにくい頑固な油汚れなども短時間で綺麗に洗い流せます。

そのため、何度も洗剤を使ったり水で流しながら落ちにくい汚れをこすり落としたりする手間もかからず、片付けもスムーズに済ませられることもメリットです。

電気代がかかるのではと不安を抱く人も多いかもしれませんが、乾燥機能は利用しなければ節電効果を得られます。

食器洗い乾燥機は高温のお湯で洗うため洗浄後の庫内は高温の状態です。

洗浄後は食器洗い乾燥機の蓋を開けた状態で放置するだけで、食器が乾きます。

乾燥機能を使用しなければ電気代も節約でき、使用しなかったとしても十分に食器を綺麗にすることは可能です。

食器洗い乾燥機だけではなく、キッチン周りの節約グッズとして洗い桶や圧力鍋コメ、キッチンペーパーなどが挙げられます。

100円ショップなどで販売されている洗い桶で洗い物を行うだけでも、片付けにかかる水の量を約1/3~1/2ほどに抑えることが可能です。

圧力鍋は調理の時間を短縮できるため節約効果だけではなく時間を有効的に使うことにもつながります。

油汚れがこびりついている食器はキッチンペーパーでふき取ってから洗うことによって、手洗いであっても洗剤と水の量を抑えるられるでしょう。
 

洗濯機に使う水道代の節約方法

家庭で使用する電化製品の中で、水だけではなく電気代もかかる家電製品の1つが洗濯機です。

近年、多くの便利な機能を搭載した洗濯機が販売されており、なかには節水や節電効果のある製品も存在します。

古い洗濯機を使用している場合は、高機能なものに買い替えてみてはいかがでしょうか。

少ない水の量で洗濯できるタイプや洗剤の量を自動で調整してくれるタイプにするだけで、水道代や洗剤、柔軟剤の購入費についても節約できるでしょう。
 

家電製品は使い方ひとつで十分に節約できる

水道代の節約には様々な方法が存在します。

特にトイレの水道代を節約する方法については、重視していない人も多いのではないでしょうか。

大と小では使う水の量は異なるため、意識せずに使っている場合には使い分ける習慣をつけるだけでも十分な節約効果が期待できます。

料理、洗濯など生活や家事をするなかで、少しの工夫をして水道代の節約につなげましょう。

PICKUP

PR2019
02.08

ライフ

1649

PR2019
02.01

その他

13532

PR2018
12.12

売る

47687

PR2018
12.05

売る

48615

PR2018
02.27

保険

27289

ライフ

2019
08.19

ライフ

24

2019
08.16

ライフ

38

2019
08.14

ライフ

53

2019
08.07

ライフ

66

2019
08.05

ライフ

72

2019
08.02

ライフ

85

もっと見る

お得に節約お金ニュース