2018.09.122018.09.14

50

【超裏技】2年縛り契約よりも安い!?モバイルWi-Fiルーターをレンタルで使う節約術

【超裏技】2年縛り契約よりも安い!?モバイルWi-Fiルーターをレンタルで使う節約術

外出先でも自宅でも、動画を見たり、音楽きいたり、ゲームをしたり、いつでもどこでもインターネットができる便利なモバイルWi-Fiルーター。いろいろな回線事業者がWiMAXや4G回線を利用した様々なサービスを提供していますが、大手回線事業者のサービス内容は

  • 2~3年縛りの契約
  • 月額料金は3,000円~4,000円くらい
  • 月間で7GB以内、3日間で1GB以内等の通信制限あり

と、だいたい同じような感じです。
そのため、気がつけば契約している通信量を超えて「パケ死」、「ギガが尽きる」(契約している容量を超えて通信したため通信速度が低下する状態)になってしまい、追加しようと思っても手続きも面倒で1GB追加するだけでも1,000円程度と意外と高くなってしまいます。

今回はモバイルルーターを既に持ってる人も持っていない人も、好きなときに必要な分だけ、さらに安くお得に使える裏技的な節約術を紹介します!

モバイルWi-Fiルーターってもっとこうだといいのに



モバイルルーターを既に使っていて、もしくは契約を検討していて、このように感じたことはありませんか??

  • モバイルルーターは確かに便利そうだけど、新しく契約して2年間も使い続けるかはわからない。途中で解約して違約金取られるのは嫌だ!
  • モバイルルーターはすでに持ってるけど、契約している通信量だけだと毎月20日くらいでパケ死してしまう。月末までもう少しだけ追加で使えるといいのに。
  • 引っ越し先で光ファイバーを契約したけど、開通工事が終わるまではインターネットなしの生活になりそう。そんなときに少しだけモバイルWi-Fiルーターを使いたい。
  • 出張、旅行、イベント会場でそのときだけインターネット環境がほしい。短い期間で契約できるモバイルWi-Fiルーターがあればいいのにな。

そんな悩みを解決する裏技、見つけました!

そんなときに「Wi-Fiレンタル」



そんな悩みを解決する裏技が、モバイルWi-FIルーターを好きなときに好きなだけ借りられる「Wi-Fiレンタル」というサービス。最短1日から使えるWi-Fiレンタル、もちろん1週間や1ヶ月とまとまった期間でもレンタルすることができます。

レンタルって大丈夫なの?

でも、「レンタルできるとしても結局割高になるんじゃない?」「どんな端末が届くかわからないし、ちゃんとしたものを選ぶってどうすればいいの?」という不安はありますよね?

そんな方におすすめなのが、価格.comの「Wi-Fiレンタル比較」。最安値を探せる価格.comならではの使いやすい比較コンテンツで、さらに限定キャンペーンもやっているのでとてもお得に使うことができます。

「Wi-Fiレンタル」どうやって選ぶ?


ちゃんとおすすめできるサービスなのか、実際に価格.comの「Wi-Fiレンタル比較」を使って最安プランを探して申し込んでみました。

選び方



まず、価格.comの「Wi-Fiレンタル比較」コンテンツを開き、希望の条件入れて検索します。例えば、1週間(7泊8日)だけ借りたいなら、ページの右上にある「プランを探す」の部分を以下のように選択します。

  • 利用期間:7泊8日
  • 回線:すべての回線(エリア等こだわりがある場合はここで選択)
  • 受取、返却:宅配(旅行先だけで使いたいというときには「空港カウンター」、店舗が近くにある人は「店舗」で受け取ることもできます)

「上記の条件でプランを探す」のボタンを押すと、このページが表示されました。


2018年8月15日時点では、この画面で一番上に表示されている「WiFiレンタルどっとこむ」という事業者の「docomo E5383」という端末が最安値のようです。4G回線で5GB/月を超えると送受信時最大128kbpsに制限されるようですが、今回は1週間だけの利用なので問題なさそうです。

※注意※
定期的にランキングや金額は変わっているようなので、この記事を読まれた方が実際に申し込む時点で今回紹介するプランがこの金額で一番安いとは限りません。必ずご自身で「Wi-Fiレンタル比較」で確認してから申し込みをしてください。

「Wi-Fiレンタル」実際に申し込んでみた


最安プランがわかったので、実際にこの事業者の端末を申し込んでみます。

事業者のページへ


価格.comの「Wi-Fiレンタル比較」で1位プランの「詳細・お申し込み」ボタンを押すと、事業社のサイトへ移動して以下のようなページが表示されます。

端末と料金の確認


レンタル申し込みの画面で、まず使いたい条件での料金を確認します。価格.comで見つけた端末はページの下の方にあるので、上の方にある料金が高い端末を間違えて選択しないように要注意。
端末が間違いないことを確認して「お申し込み」ボタンを押し、次のページで受取返却方法やオプション有無を選択します。

いざ申し込み


価格.com「Wi-Fiレンタル比較」で表示されていた端末や金額とバッチリ一致してることを確認して、「お客様情報」を入力していきます。

ちなみに、今回調べた「WiFiレンタルどっとこむ」という事業者では1週間でも2週間でも料金が変わらなかったので2週間にして申し込みました(最長1ヶ月まで同じ料金のようです)。入力フォームはいろいろアシストがあり直感的にわかりやすかったです。申し込みが終わると申込完了メールも届きました。あとは届くのを待つのみ。

「Wi-Fiレンタル」実際に使ってみた


モバイルルーター
指定した利用開始日に端末が届きました。届いた一式はこんな感じ。早速、普通のモバイルルーターと同じようにSSIDとPASSで設定して利用開始。

レンタルでも普通のモバイルルーターと変わらずに使えます。通信速度についても、docomo回線で「めちゃくちゃ速くで快適!」というわけではないですが、とくに遅すぎるとも感じませんでした。移動中に繋がりにくくなるときもありましたが、それもレンタルではない普通のモバイルルーターでもあることなので特別気になることはなかったです。

その後も約1週間、とくに不満や困ったこともなく問題なく使えて、最後は同梱されていた返送用伝票を使って端末一式をコンビニから返却したら手続きはすべて完了。
端末返却後はクレジットカードから申し込んだとおりの金額が請求されただけで、もちろん追加の請求も一切なしでした。

まとめ



「Wi-Fiレンタル」というサービスを使ってみてですが、ズバリ1ヶ月以内の期間限定ならWi-Fiレンタルという選択肢はアリ!ですね。

申し込むときは価格.comの「Wi-Fiレンタル比較」から申し込むのが絶対お得! 逆に「Wi-Fiレンタル比較」から申し込まないとキャンペーンや特別料金が適用されずに金額が高くなることもあるから注意が必要です。

ちなみに、価格.comの「Wi-Fiレンタル比較」ランキングは、定期的に更新されるようなので、利用したい時に利用したい条件でご自身で検索して最安プランに申し込んでください(この記事で紹介したプランは2018年8月15日時点の最安プランです)。最新ランキングはこちら

使うシーンによっては、もっと上手にお得に使うこともできそう。インターネット環境の節約術の1つとして「Wi-Fiレンタル」はおすすめです!また、今回は国内で使えるWi-Fiレンタルを紹介しましたが、海外で使える海外Wi-FIレンタルというサービスもあるようですので、また次の機会に紹介したいと思います。

※注意※

  • 利用する条件によっては通常の2年縛り、3年縛りのWi-Fiルーターの契約がお得になる場合もありますので、最新の情報は価格.comの「Wi-Fiレンタル比較」やサービス提供元のサイトで金額や条件を必ず確認してください。
  • 定期的にキャンペーン内容や金額は変更されていますので、ご利用前に必ず価格.comの「Wi-Fiレンタル比較」で金額や特典を確認してください。
  • Wi-Fiレンタルで届く端末もモバイルルーターのため、通常のモバイルルーターと同じく、電波が届かないエリアでは利用できません。利用する予定のエリアの電波状況も事前によく確認してください。

PICKUP

その他

お探しの記事は見つかりませんでした。

FACEBOOK

お得に節約お金ニュース